同軸コネクタは、RF (無線周波数) 信号の損失を最小限に抑えながらアナログ信号を伝送し、複数のメガヘルツ高周波数帯で動作するように設計されています。 TEは豊富な種類の同軸コネクタを数多く取り揃えております。これらのコネクタは、複数のメガヘルツ高周波数帯で動作するように設計されています。同軸ケーブルはシールドを備えているため、一般的に無線周波数 (RF) コネクタは同軸ケーブルと併用されています。同軸ケーブルコネクタでは、内部導体が同心の導体スリーブで被覆されており、導体とシールドは絶縁材で絶縁されています。

 

TEの同軸コネクタは、電気的特性の公差範囲が厳格で、堅牢かつ軽量な材質により小型に作成されており、また過酷な環境での酷使にも耐えられるように製造されています。これらの同軸コネクタは、設置しやすいように、クリンプ、はんだ、クランプの結線方式で製造されています。

 

同軸コネクタの当社製品ラインナップには、M39012、M55339、M83517 の認定を受けた MIL規格コネクタも含まれます。同軸コネクタの種類は、BNCコネクタ、N型コネクタ、OSMMコネクタ、SMAコネクタ、SMPコネクタ、TNCコネクタ等、それ以外にもお客様の用途に応じ、様々な同軸コネクタを取り揃えています。これらのコネクタは、テレビ受信機、通信、Wi-Fi デバイス、電子機器、発射用車両、レーダ アレイ、衛星通信、および RF を使用する様々な産業または科学測定機器に使用されています。