このタイプのデバイスは、2 枚のプリント基板 (PCB) 間に信号接続を確立するために設計されています。 当社のボードレベル相互接続は、過酷な用途において高い性能を発揮するように設計されています。当社の汎用端子は、単一のフットプリントに取り付けられるため、設計の変更が必要になった場合には新しいサイズに簡単に交換できます。

基板対基板コネクタ

高速鉄道や産業用制御装置、データ センタ ストレージやスイッチング システムでは、当社の基板対基板コネクタによって、確かな高速データ伝送が実現します。優れた信号鮮明度と難燃性を備え、極性ハウジングによって過酷な環境の接続を保護します。高速コンピューティングでは、当社のバックプレーン コネクタは、データ センタ アーキテクチャおよび埋め込み型コンピュータ システムのバックボーンを構成します。モバイルおよびウェアラブル デバイスの基板上、さらに患者監視技術やセキュリティ システムにおいても、当社のスプリング フィンガはさまざまな機能を発揮します。単一接点のサーフェス マウント可能な内部コネクタとして設計されたシンプルな C タイプは、アンテナ給電および低電圧の電気接続用途で使用されます。複数の事前装着済みスプリング フィンガは、基板上で使用して EMI ノイズや静電気を防止するシールド機能を提供します。