スマートシティおよびネットワーク接続型コミュニティ

技術トレンドに関する TE の見解

人々の可能性を広げる
イノベーション

人とクラウド コンピューティングをつなぎ、人同士をつなぐ。 全世界で、人口が都市部へと集中しています。これに応じて、自治体、インターネットプロバイダ、ハイパースケールデータ センタでは、高度なコネクティビティを使い、サービスの運用に必要な技術を効率的に管理しています。

 

この進化は、データの収集・電力供給・信号伝送に対応する革新的なコネクティビティソリューションによって推し進められており、新たな用途に対し、高いレベルの制御を可能にしています。カスタムアンテナ、気密型コネクタ、軽量配線、複数の特性を備えたセンサなどのソリューションが、従来型インフラストラクチャをスマート インフラストラクチャに変えています。これらは、公共駐車場、生活用品、個人用デバイスに利用されている、インテリジェントな街路照明やビルディング、オンデマンド輸送システム、リアルタイムのスマート メータなどのことを言います。

急速に発展している用途の 1 つに、ネットワークに接続された街灯があります。以前は照明の機能しかなかった街灯も、今ではエネルギー効率に優れ、ANSI 対応調光リセプタクルが装備された LED 駆動のデバイスとなり、交通状況や環境条件に応じて自動的に照明が調整されているのです。自治体ネットワーク全体で、交通・歩行者・治安に関する高分解能のデータを検知・収集・接続する目的で設計されています。このイノベーションを可能にしているのは、過酷な環境下に対応するよう設計された、堅牢なセンサ、コネクタとコンポーネントです。

 

TE では、公私の団体が都市や地域全域にわたり、通信システムとエネルギー システムのデータ・電力・信号の流れを接続・加速・保護できるようするコネクティビティ ソリューションを開発しています。

注目のホワイト ペーパー:

アナログおよびデジタル トランスデューサ

すべてのセンシングは、アナログの世界で生まれました。過去 20 年間にわたり、センサとトランスデューサは、単なるアナログ式からデジタル式のプロトコル、信号処理、そしてインタフェースへと移行してきました。その結果、アナログ トランスデューサとデジタル トランスデューサは、その技術、インタフェース、出力信号においてまったく異なり、その操作を説明・指定するために使われる用語も異なります。

 

今日では、多くの用途や分野でデジタル式が使われています。それでも、高 EMI/RFI 環境などにおいて、アナログ トランスデューサが、デジタル式アプローチに勝る用途を、まだたくさん残しています。詳細については、ホワイトペーパーでご確認いただけます。重要な優位点を実現するために設計された、M3200 産業用圧力トランスデューサ の情報はきっとお客様のお役に立ちます。こちらの製品はアナログおよびデジタル、どちらの構成のご用意もございます。

 

ホワイトペーパーのダウンロード (英語)

   

  1. オンライン セミナー: 街路照明機器の信頼性を確保する

街路照明に起きている変化と、これらの技術を活用した既存システムの最適化方法について、LED 照明や、新しい障害原因に対する保護措置について交えながら、詳しくご説明します。