回路ブレーカ

保護する電気スイッチ

回路ブレーカは自動的に動作して過電流から電気回路を保護するように設計された電気スイッチです。回路ブレーカの主な機能は、障害が検出されたときに電流を遮断することです。さまざまなサイズのある回路ブレーカは、家電のような小型の製品を保護することできますし、都市全体の高電圧回路を保護する開閉装置にもなります。

当社の回路ブレーカは、熱過電流トリップフリーと磁気/液圧トリップフリーの両方を実現します。 回路ブレーカは手動または自動的なリセットによって正常な動作を再開させることができます。熱防護回路ブレーカは、温度感受性、単極および双極、固定時間遅延、プッシュツーリセットまたはスイッチ機能を備えており、コンパクトな設計になっています。磁気および液圧動作回路ブレーカ リレーに温度感受性はありません。当社は、さまざまな時間遅延およびスイッチ機能を備えた単極および多極 (1、2、3、4 極バージョンを提供) を提供しています。これらは横並びスタックが可能です。当社の回路ブレーカは、インダストリアル コントロール、航空および海洋システム、HVAC システム、プール/スパ制御、ライティング、検査・計測機器、商用アプライアンス、医療デバイス、サージ保護などのさまざまな用途で使用できるように設計されています。