医療グレード熱収縮チューブ

医療機器の保護、絶縁、製造補助材

医療グレード熱収縮チューブは、医療機器の摩耗保護、腹腔鏡電気デバイスの絶縁、高柔軟性ジョイントの機械的保護および絶縁といったさまざまな機能を実現し、インターベンショナル用途向けの補助材としても役立ちます。当社は、60 年以上に及ぶポリマ設計の経験を活かし、フッ素系樹脂、ポリオレフィン、Pebax、カスタムコンパウンドを使用した幅広い医療グレード チューブ ソリューションを提供しています。

材料

  • フッ素系樹脂

           o PVDF (ポリフッ化ビニリデン)

           o FEP (フッ素化エチレン プロピレン)

  • ポリオレフィン

           o   HDPE (高密度ポリエチレン)

           o   LDPE (低密度ポリエチレン)

  • PEBAX
  • 樹脂コンパウンドからのカスタム対応

 

無料サンプル

·         フッ素系樹脂

  •  
    • PVDF (ポリフッ化ビニリデン)
    • FEP (フッ素化エチレン プロピレン)

·         ポリオレフィン

  •  
    • HDPE (高密度ポリエチレン)
    • LDPE (低密度ポリエチレン)

·         PEBAX

·         樹脂コンパウンドからのカスタム対応

·         フッ素系樹脂

  •  
    • PVDF (ポリフッ化ビニリデン)
    • FEP (フッ素化エチレン プロピレン)

·         ポリオレフィン

  •  
    • HDPE (高密度ポリエチレン)
    • LDPE (低密度ポリエチレン)

·         PEBAX

·         樹脂コンパウンドからのカスタム対応

絶えず最適化される実証された技術

設計、選択、最適化

原材料 製品設計 材料特性 仕上げ 付加価値

樹脂コンパウンドからのカスタム対応

一層および二層構造

スプール巻き

パッド印刷

幅広い材料範囲

接着剤内部層

放射線不透過性

適切な長さに切断

 
 

膨張率 ≤ 4:1

引裂き性

切断およびスリット

 
 

カスタマイズ可能な圧縮強度

 

二重袋詰

 

60+

高分子科学に取り組んできた年数

329,000

熱収縮チューブ専用の製造スペース (平方フィート)

11

ポリマ専任の科学者およびエンジニアの人数

アプリケーション ガイド

用途 オプション 1 オプション 2

インターベンショナル用途向けの製造補助材

MT-FEP (FEP)

MT-LWA (LDPE)

インターベンショナル用シャフト保護

MT-PBX (PEBAX)

 

電気外科デバイス用摩耗保護

MT-2000 (HDPE)

MT-1000 (PVDF)

腹腔鏡器具や生体内機器の確実な摩耗保護

MT-1000 (PVDF)

MT-2000 (HDPE)

電気外科デバイスの絶縁

MT-2000 (HDPE)

MT-3000 (PVDF)

ストレイン リリーフ

MT-5000 (LDPE)

MT-3000 (PVDF)

MT-LWA (LDPE)

MT-LWA (LDPE)