Mike Tryson、電気エンジニア
Mike Tryson、電気エンジニア
障害を乗り越える方法を理解し、チャレンジに直面する覚悟があるチームメートであってほしいと思います。

インターネットや Wikipedia がまだなかったころ、好奇心旺盛な Mike Tryson は、両親のデジタル式目覚まし時計の中身を集積回路の “クールな黒魔術” に変えてしまいました。 その競争心、高校時代の優秀な科学の成績、頑張り屋の性格は、電気工学の分野で成功を収めるための基盤となりました。分析を得意とするかたわら、仮定を “慎重に検証” してお客様のニーズの本質を探るように彼を駆り立てているのは、お客様との交流です。巧みな協調スキルを持ち、面と向かってのやり取りを好み、他のエンジニアには徒歩で会って体を鍛える、直接交流のエキスパートでもあります。「最も効果的なコミュニケーションは 12 メートル以内でするものと確信しています。」 

1

エンジニアリングのほかに、コミュニケーションやコラボレーションのスキルはいかがですか。

人との交流は、私をはじめ多くのエンジニアが学び取らなければならないスキルですが、お客様の期待や新興技術、変化し続ける要件に遅れないようにする上で必要不可欠です。アイデアやコンセプトを効果的に伝えることができると、ちょっとしたアイデアが優れたアイデアになります。今日の製品開発環境では、同僚のノウハウと独創性からメリットを得ることができれば、それが勝者のスキルとなります。 

2

目まぐるしく変化するアクティブ オプティクスの領域で、どのようにして時流に乗り遅れないようにしていますか。

現場でもテレビ会議でもお客様と交流を図り、アクティブ オプティクス分野の他のエンジニアや専門家とのネットワークを広げ、資料を読みます。私は、仮定を慎重に検討して、X か Y かという異なる説の根拠を探るために、フォローアップの質問をすることを強く提唱しています。そうすれば、お客様が必要としていること、市場が支援することを達成できます。

3

データ センタにとって低温であることがなぜ重要なのですか。

エネルギ消費とコスト節減の問題です。データ センタの最も高額なコストの中に、システムの動作に必要な電力によって発生する熱の処理があります。ですから、データ転送が低温であればあるほど、エンドユーザーのお客様にとっては有利であり、データ センタの運用コストが削減されます。

4

TE の基本的価値観の中で特に重要なことはなんですか。

チームワークです。ビジネスの世界で勝ち抜くためにはチームワークが必要です。TE では成功も失敗も一人ではなしえません。優れたお客様との交流によって高性能ソリューションの道が開くのです。

5

お客様と話し合う場合、TE によって与えられる自信はどのようなものですか。

TE から最適なソリューションを入手できるという確信や、そのようなソリューションを作り出すために TE が最善を尽くしてくれるという確信です。お客様が解決しようとしている問題がわかれば、すべての TE 製品ラインと専門知識を活用できます。

6

TE におけるエンジニアの次世代をどのように考えますか。

設計チームはより少ない限界の中で作業を行い、さらにグローバルな展開になるでしょう。グローバルであることで、仕事と家庭のバランスを取ることは難しくなりますが、テクノロジがその負担を緩和してくれるでしょう。データの利用を損ねるコストが障害となり、家庭では 10 Gbps のデータ転送レートは無理、超高精細テレビで仮想の作業場を作り出すことは不可能とは、一体誰が決めたのでしょう。このようなシナリオは、作業員の生産性を高めるだけでなく、より少ないリソースの利用につながります。

優れたお客様との交流によって高性能ソリューションの道が開かれます。
Mike Tryson,
製品エンジニア、Data and Devices 部門
Mike Tryson、電気エンジニア
Mike Tryson、電気エンジニア
障害を乗り越える方法を理解し、チャレンジに直面する覚悟があるチームメートであってほしいと思います。

インターネットや Wikipedia がまだなかったころ、好奇心旺盛な Mike Tryson は、両親のデジタル式目覚まし時計の中身を集積回路の “クールな黒魔術” に変えてしまいました。 その競争心、高校時代の優秀な科学の成績、頑張り屋の性格は、電気工学の分野で成功を収めるための基盤となりました。分析を得意とするかたわら、仮定を “慎重に検証” してお客様のニーズの本質を探るように彼を駆り立てているのは、お客様との交流です。巧みな協調スキルを持ち、面と向かってのやり取りを好み、他のエンジニアには徒歩で会って体を鍛える、直接交流のエキスパートでもあります。「最も効果的なコミュニケーションは 12 メートル以内でするものと確信しています。」 

1

エンジニアリングのほかに、コミュニケーションやコラボレーションのスキルはいかがですか。

人との交流は、私をはじめ多くのエンジニアが学び取らなければならないスキルですが、お客様の期待や新興技術、変化し続ける要件に遅れないようにする上で必要不可欠です。アイデアやコンセプトを効果的に伝えることができると、ちょっとしたアイデアが優れたアイデアになります。今日の製品開発環境では、同僚のノウハウと独創性からメリットを得ることができれば、それが勝者のスキルとなります。 

2

目まぐるしく変化するアクティブ オプティクスの領域で、どのようにして時流に乗り遅れないようにしていますか。

現場でもテレビ会議でもお客様と交流を図り、アクティブ オプティクス分野の他のエンジニアや専門家とのネットワークを広げ、資料を読みます。私は、仮定を慎重に検討して、X か Y かという異なる説の根拠を探るために、フォローアップの質問をすることを強く提唱しています。そうすれば、お客様が必要としていること、市場が支援することを達成できます。

3

データ センタにとって低温であることがなぜ重要なのですか。

エネルギ消費とコスト節減の問題です。データ センタの最も高額なコストの中に、システムの動作に必要な電力によって発生する熱の処理があります。ですから、データ転送が低温であればあるほど、エンドユーザーのお客様にとっては有利であり、データ センタの運用コストが削減されます。

4

TE の基本的価値観の中で特に重要なことはなんですか。

チームワークです。ビジネスの世界で勝ち抜くためにはチームワークが必要です。TE では成功も失敗も一人ではなしえません。優れたお客様との交流によって高性能ソリューションの道が開くのです。

5

お客様と話し合う場合、TE によって与えられる自信はどのようなものですか。

TE から最適なソリューションを入手できるという確信や、そのようなソリューションを作り出すために TE が最善を尽くしてくれるという確信です。お客様が解決しようとしている問題がわかれば、すべての TE 製品ラインと専門知識を活用できます。

6

TE におけるエンジニアの次世代をどのように考えますか。

設計チームはより少ない限界の中で作業を行い、さらにグローバルな展開になるでしょう。グローバルであることで、仕事と家庭のバランスを取ることは難しくなりますが、テクノロジがその負担を緩和してくれるでしょう。データの利用を損ねるコストが障害となり、家庭では 10 Gbps のデータ転送レートは無理、超高精細テレビで仮想の作業場を作り出すことは不可能とは、一体誰が決めたのでしょう。このようなシナリオは、作業員の生産性を高めるだけでなく、より少ないリソースの利用につながります。

優れたお客様との交流によって高性能ソリューションの道が開かれます。
Mike Tryson,
製品エンジニア、Data and Devices 部門