TE 新製品: SOLARLOK 2.0 コネクタ

SOLARLOK コネクタ

簡単かつ確実な現場結線

SOLARLOK 2.0 コネクタを適用することにより、太陽光発電システムの施工において、信頼性の高い接続をすばやく簡単に確立して、コスト効率を高めることができます。

April 25, 2019

SOLARLOK 2.0 は、現場結線可能です。圧接 (IDC) 技術を採用し、特殊な工具を使わずにパネルとケーブル間を接続できます。SOLARLOK 2.0 は、現場結線可能です。圧接 (IDC) 技術を採用し、特殊な工具を使わずにパネルとケーブル間を接続できます。コネクタに組み込まれたクローズ式スプリングケージは、一定の結線力を維持します。接続する前にケーブルをワイヤストリップする必要はありません。これにより、複数部品および圧着端子付きの標準 PV DC コネクタと比較して、取り付け時間を 80% 短縮することができます。特殊工具不要の速結結線により、トータル システム コストの大幅な削減に寄与します。

Frank Rosenkranz

TE の Product Manager

「ソーラー パネル業界には、「UL/IEC 規格による承認」、「発電コスト」という 2 つの大きな影響力があります。TE では、お客様を対象とした製品、つまり、使いやすく、コストを削減し、そして何よりも、産業システムなどの過酷な環境において信頼できる製品の開発を常に目標としています。SOLARLOK 2.0 コネクタは、最新の認証基準を上回る性能を備え、応用システムのコストを大幅に削減します。」

主な特長

新しい SOLARLOK 2.0 コネクタ:

  • TE の 1,500 V 対応 PV4-S ソーラー インタフェースの採用により、最新のソーラー用 PV の認証基準を達成
  • IEC 62852 規格および UL6703 規格に定められた安全要件に適合
  • ポッティング充填型、完全防水 (ソーラー市場独自の機能性)。IEC 60529 規格の保護等級 IPx8 (水深 1 m で水没 24 時間) を達成 (一定水深における通常より長い時間の浸水に対する防水性)
  • オス (負極) およびメス (正極) バージョンをご用意
  • EN50618 規格および IEC2630 (ZKLA) 規格に適合した、電線サイズ AWG 14 ~ 10 の広範な二重絶縁ソーラー ワイヤに対応

 

 

 

TE について

TE Connectivity社は、最先端の技術と製造において世界をリードする年間売上140億米ドルのグローバル企業です。より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、75年以上に渡り過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。8,000名を超える設計エンジニアを含む約80,000名の従業員を擁するTE Connectivity社は、世界約140カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。詳細はwww.te.com や各種SNS (LinkedIn, Facebook, Twitter)をご覧ください。

詳細を表示