このタイプのデバイスは、電線をプリント基板 (PCB) に接続することで、回路間の接続を可能にします。 柔軟性と信頼性を念頭に置いて製造されている当社の電線対基板コネクタは、フリクション ロック機構または完全ロック機構を備えた製品で低背の嵌合高さと確実な結線を実現するよう設計されています。LCEDI コネクタは、LVDS (低電圧差動信号) と eDP (embedded DisplayPort) のどちらの用途にも使用できます。Economy Power (EP) コネクタは最大 12 のポジション数を持つため、スペースが限られた製品でも回路基板に確実に電源を供給できます。マルチ接続またはシングル接続タイプの PCB タブには、スタッド マウント、プリント回路マウント、ワイヤ クリンプ、テスト、溶接などのタイプがあり、クイック ディスコネクト用のアダプタもあります。

さまざまな電線対基板相互接続

クックトップやオーブンなどの家電製品において、TE の PCB 端子ははんだなしで電線を基板に固定するため、迅速な交換や修理が可能になります。2.5 mm ピッチの Grace Inertia コネクタは、TE 製のヘッダやリセプタクルと確実に嵌合するよう設計されており、シングル ポジションのストレート ヘッダから複数列 150 ポジションのライト アングル ヘッダまで、さまざまな構成で使用できます。TE の電線対基板コネクタを使用すれば、目的の用途の要件に応じた接続を実現できます。