サーモスタット

トレンド

温度センサに関する見解と温度センサの種類

気付かれないかもしれませんが、温度センサは私たちの日常生活のいたるところに使われています。温度のモニタと調節が人々の生活にとってどれほど重要であるかをご覧ください。

はじめに

今日のことを思い出してみてください。お湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、冷蔵庫から牛乳を取り出したりしませんでしたか?通勤電車に乗ったり、携帯電話のバッテリーを充電したりしませんでしたか?このようなことにはすべて温度センサが使用されています。今お使いになっているコンピューターでさえ、温度センサを利用しているのです。明らかに、温度の監視と管理は人間の生活の基本であり、それを実現する技術は多くの偉大な科学者によって生み出されてきました。記録に残る最初の温度計は 1592 年にガリレオによって発明されたものです。ガラス球を使った簡単な空気温度計でした。18 世紀になって初めて、ガブリエル・ダニエル・ファーレンハイトがより正確な水銀温度計を発明し、アンデルス・セルシウスが現在よく知られている 0 ~ 100 度の温度目盛りを導入しました。今日では、さまざまな技術と設計の多種多様で高度な温度センサがあります。サーミスタ センサ、サーモカップル センサ、熱電対列センサ、デジタル センサ、プラチナ センサなどの新しい製品は、いずれも多くの状況や環境でさまざまな便益をもたらしています。これらは、人間生活の多くの局面で役立つ、非常に洗練されたデバイスになりました。工場、病院、学校、家庭など、多くの場所で役立っています。

暖房、換気および空調システム
アプライアンスの温度

今日の温度センサ市場は巨大です。2016 年時点では 51 億 3000 万米ドルの市場であり、2022 年までに 4.8% の成長を見せて温度センサ市場全体で 67 億 9000 万米ドルに達すると見込まれています。この誘因となっているのは、消費者と業界のトレンドの変化、および温度センサに新しい需要をもたらしてイノベーションを牽引する技術的変化です。ハイテク自動車業界や半導体業界などのメーカーの多くはエネルギ効率や自動化プロセス制御を実現して生産設備を改善するための先進的な温度センサを求めています。そのためには、正確な通信と自己診断機能を備えた、よりスマートな温度センサが必要です。一方で、電子デバイスの小型化やポータブル化に対応する温度センサの設計がエンジニアにとっての課題となっています。TE Connectivity は、世界最大のセンサ技術企業の 1 つとして、このダイナミックな業界の真っただ中にあります。幅広い製品ポートフォリオと経験豊かなエンジニア チームを適材適所に配置し、市場の需要に対応しています。TE Connectivity のセンサ技術は間違いなく優れたものですが、最も誇らしいことは、この技術が複数の業界全体で応用されて人々の毎日の生活や仕事の役に立っていることです。TE Connectivity の製品ポートフォリオを見れば、あらゆるシナリオに対応できる製品が揃っていることがわかるでしょう。 

オレンジ色罫線
ディスクリート NTC サーミスタ
NTC プローブ
オレンジ色罫線
ブランク
サーモカップル
オレンジ色罫線
プラチナ温度センサ
プラチナ温度センサ
オレンジ色罫線
熱電対列
デジタル熱電対列センサ
オレンジ色罫線
デジタル温度センサ
デジタル温度センサ
温度センサの種類の比較

要約

温度センサは世界で最も広く利用されている技術デバイスの 1 つであり、さまざまなかたちで役立っています。自宅でコーヒーをすすりながら新聞を読んでいるにしても、自動車で出勤しているにしても、「快適な」温度でオフィスのパソコンに向かっているにしても、みなさんはセンサの存在をいつも意識しているわけではないでしょう。それは、知らないうちにセンサが周囲の温度を監視してくれているからです。その結果、あらゆるものが最適な温度で適切に機能しているのです。しかし、センサが急に無くなったとしたら必ず気付くことになるはずです。TE Connectivity は、この状況に関与していること、また温度センサ製品をニーズに合わせて幅広く提供していることを誇らしく思っています。