人とくるまのテクノロジー展2019

業界展示会

Engineering the Next Generation of Mobility

人とくるまのテクノロジー展2019 に出展いたします。

2019/05/22 - 2019/05/24

10:00 AM - 06:00 PM Japan

※最終日は10AM-5PM

展示の見どころ

タイコエレクトロニクスジャパンは、自動運転に必要とされる車内外の接続性をサポートする、コネクタ、センサー、アンテナ技術の開発を行っています。 本年は「次世代モビリティーを実現する接続技術」をテーマに、車両から環境へまた車両間の、未来の通信を支えるTE製品をHoloLensを通じてご紹介致します。この機会にぜひTEブース(小間番号332)にお越しください。

また、ワークショップ(講演第2会場)は、5月22日13時より「電動化における高電圧コネクタの提案」をテーマに開催し、電気自動車やプラグインハイブリッド車を代表する次世代車両に対応するコネクタ製品について紹介します。

  1. HoloLens:自動運転に必要とされる車内外の接続サポート

未来の自動車社会に貢献するTE製品をHoloLensで紹介します。

展示製品のご案内

電気自動車・ハイブリッド車用コネクタ関連製品、車載用高速通信コネクタ、車載用ポジションセンサ、湿度センサ、車載搭載ECU用0.5シリーズコネクタ と幅広い製品ラインナップを各種デモ機を通じてご紹介いたします。

電気自動車・ハイブリッド車用コネクタ関連製品

TE製品は、北米自動車規格(USCAR)などの自動車規格に準拠しており、国内外のEV/HEVにおいて数多くの 採用実績を積み上げてきました。
お客様の搭載条件に応じて、安全性、効率性、信頼性に優れた接続システムを提案しています。本展示会では、高電圧ユニット同士を接続するコネクタ等、インバータ、DC/DCコンバータ、エアコンに、採用されている製品をご紹介いたします。

車載用高速通信コネクタ

自動運転の高度化に伴い、カメラ、LiDAR, RADARといったセンサーが高性能化することに加え、5GによるV2X通信等、一台の車が処理するデータ量が膨大になることが予測されています。
自動運転の時代に、人とくるまの安全を確実なものとするためには、これらのデータをユニット間で途切れることなく確実に、かつリアルタイムで伝送することが必要です。
TEの車載用高速通信コネクタは、上記のような高速データ通信を可能としながら、高速通信で問題となる耐ノイズ性を考慮した製品となっています。
本展示会では、最大9GHzの伝送が可能な同軸コネクタMATE-AXの他、100BASE-T1/1000BASE-T1に準拠したEthernet用コネクタMATEnetを展示いたします。

車載用ポジションセンサ、湿度センサ

TEではシート側のバックルスイッチや各種センサ機能と車両側の電源、信号をワイヤレスでコミュニケーションできるシステムを開発中です。このワイヤレスシステムにより、跳ね上げ式、脱着式等のより自由にレイアウトできるシートのベルト状態をモニターすることが可能となります。
デモ機では50mmまでのワイヤレス通信が可能で、3つのバックルスイッチ/センサからの信号をLINで出力しています。
本技術はシートベルト用途以外のワイヤレス給電/通信にも転用でき、安全性向上や自由度の高い快適空間を実現するためのキーテクノロジーのひとつと考えています。 その他、位置センサ、温度・湿度センサ、圧力センサ等も展示しております。

車載搭載ECU用0.5シリーズコネクタ

近年の更なるクルマの高機能化と共に、セキュリティや安全性の向上、デジタル化、自動化の流れがより顕著になってきています。この流れと同時にクルマ1台当たりのECUの数が増加しています。当社では業界最小クラスの0.5シリーズコネクタにより、ECUの車載搭載方式の多様化へ最適なソリューションをご提案します。

0.5 コネクタ シリーズページ

 

 

  1. 0.5 コネクタ シリーズ

タイコエレクトロニクス(TE) の「0.5 コネクタ シリーズ」は、これまでの実績で培った革新的な技術力で、コネクタの小型化・軽量化を実現しました。

人とくるまのテクノロジー展2019

業界展示会

Engineering the Next Generation of Mobility

人とくるまのテクノロジー展2019 に出展いたします。

2019/05/22 - 2019/05/24

10:00 AM - 06:00 PM Japan

※最終日は10AM-5PM

展示の見どころ

タイコエレクトロニクスジャパンは、自動運転に必要とされる車内外の接続性をサポートする、コネクタ、センサー、アンテナ技術の開発を行っています。 本年は「次世代モビリティーを実現する接続技術」をテーマに、車両から環境へまた車両間の、未来の通信を支えるTE製品をHoloLensを通じてご紹介致します。この機会にぜひTEブース(小間番号332)にお越しください。

また、ワークショップ(講演第2会場)は、5月22日13時より「電動化における高電圧コネクタの提案」をテーマに開催し、電気自動車やプラグインハイブリッド車を代表する次世代車両に対応するコネクタ製品について紹介します。

  1. HoloLens:自動運転に必要とされる車内外の接続サポート

未来の自動車社会に貢献するTE製品をHoloLensで紹介します。

展示製品のご案内

電気自動車・ハイブリッド車用コネクタ関連製品、車載用高速通信コネクタ、車載用ポジションセンサ、湿度センサ、車載搭載ECU用0.5シリーズコネクタ と幅広い製品ラインナップを各種デモ機を通じてご紹介いたします。

電気自動車・ハイブリッド車用コネクタ関連製品

TE製品は、北米自動車規格(USCAR)などの自動車規格に準拠しており、国内外のEV/HEVにおいて数多くの 採用実績を積み上げてきました。
お客様の搭載条件に応じて、安全性、効率性、信頼性に優れた接続システムを提案しています。本展示会では、高電圧ユニット同士を接続するコネクタ等、インバータ、DC/DCコンバータ、エアコンに、採用されている製品をご紹介いたします。

車載用高速通信コネクタ

自動運転の高度化に伴い、カメラ、LiDAR, RADARといったセンサーが高性能化することに加え、5GによるV2X通信等、一台の車が処理するデータ量が膨大になることが予測されています。
自動運転の時代に、人とくるまの安全を確実なものとするためには、これらのデータをユニット間で途切れることなく確実に、かつリアルタイムで伝送することが必要です。
TEの車載用高速通信コネクタは、上記のような高速データ通信を可能としながら、高速通信で問題となる耐ノイズ性を考慮した製品となっています。
本展示会では、最大9GHzの伝送が可能な同軸コネクタMATE-AXの他、100BASE-T1/1000BASE-T1に準拠したEthernet用コネクタMATEnetを展示いたします。

車載用ポジションセンサ、湿度センサ

TEではシート側のバックルスイッチや各種センサ機能と車両側の電源、信号をワイヤレスでコミュニケーションできるシステムを開発中です。このワイヤレスシステムにより、跳ね上げ式、脱着式等のより自由にレイアウトできるシートのベルト状態をモニターすることが可能となります。
デモ機では50mmまでのワイヤレス通信が可能で、3つのバックルスイッチ/センサからの信号をLINで出力しています。
本技術はシートベルト用途以外のワイヤレス給電/通信にも転用でき、安全性向上や自由度の高い快適空間を実現するためのキーテクノロジーのひとつと考えています。 その他、位置センサ、温度・湿度センサ、圧力センサ等も展示しております。

車載搭載ECU用0.5シリーズコネクタ

近年の更なるクルマの高機能化と共に、セキュリティや安全性の向上、デジタル化、自動化の流れがより顕著になってきています。この流れと同時にクルマ1台当たりのECUの数が増加しています。当社では業界最小クラスの0.5シリーズコネクタにより、ECUの車載搭載方式の多様化へ最適なソリューションをご提案します。

0.5 コネクタ シリーズページ

 

 

  1. 0.5 コネクタ シリーズ

タイコエレクトロニクス(TE) の「0.5 コネクタ シリーズ」は、これまでの実績で培った革新的な技術力で、コネクタの小型化・軽量化を実現しました。