保護リレー

監視リレーと過電流リレー: 障害のある回路ブレーカをトリップ

保護リレーはコンパクトで自己完結型の型開閉装置です。過電流、過電圧、超過周波数や不足周波数、逆潮流などによって障害が検出されたときに回路ブレーカをトリップします。保護リレーは監視リレーと呼ばれることもあり、2 つの機能があります。スイッチング (トリップ) と測定 (トリップにつながる実測値) です。ほとんどの保護リレーは電気機械式です。電磁吸引力と電磁誘導によって動作します。保護リレーが最もよく使用されるのは電力システムです。過電流リレーは保護リレーのサブカテゴリになります。保護リレーの当社のラインナップは Wilmar 製品群として製造されています。

保護リレーは、障害の存在、種類、位置を提供します。 たとえば、障害が検出されると、リレーはブレーカのトリップ回路を閉じ、ブレーカは開状態になって障害のある回路が切断されます。これによって機器に対する損傷が最小限に抑えられ、残りのシステムの運用中断を減少できます。短絡が発生すると、伝送路の電流は極めて大きくなります。それによってリレー コイルの中に大きな電流が発生し、リレーは接点を閉にします。次いで、ブレーカのトリップ回路が閉になり、回路ブレーカが開状態になって、障害のあるセクションがオペレーティングシステムの他の部分から隔離されます。この隔離によって回路機器が損傷から保護され、残りのシステムが正常に動作し続けます。

注目の過電流リレー

KILOVAC AC 電流センシング リレー

WD5051 AC センシング リレーは、50 ~ 400 Hz の AC システムで電流監視と保護を提供します。公称検知電流、 瞬時過電流セットポイント、電流セットポイント、
時間過電流時間遅延についてはユーザ定義です。当社の KILOVAC WD5051 電流リレーは、外部調整可能なトリップ ポイントに達したときに動作します。外部時間過電流時間遅延制御は 0.5 ~ 20 秒の調整が可能です。この時間遅延は、検知された電流がわずかに変化したときの誤動作を防ぐために使用することができます。制御電源を適用すると、入力信号が IOC トリップ セットポイントを超過したときに瞬時過電流 (IOC) 端子がピックアップされます。同様に、制御電源を適用すると、センス電流が TOC トリップ セットポイントを超えたときにあらかじめ設定した時間遅延が経過した後で時間過電流 (TOC) 端子がピックアップされます。IOC 端子は不足電流リレーとして機能するように構成することもできます。緑の LED はリレーへの電力を示します。赤い LED ライトは、IOC および TOC トリップの状態を示します。

 

KILOVAC WD 過電流リレーの購入ガイド