水中嵌合対応光ファイバ コネクタ

高レベルの信頼性が不可欠の状況で、完全水中嵌合を実現

水中嵌合/嵌合解除を可能にする、光ファイバ用途に対応したソリューション。信頼性に優れた高性能コネクタが、遠隔操作無人探査機 (ROV) による嵌合用、ダイバーによる嵌合用、スタブ プレート用の構成を取り揃えており、最も重要な場面において確実な接続をサポートします。

HydraLight コネクタ

SEACON HydraLight 水中嵌合対応光ケーブル コネクタは、最も過酷な海中環境においても、優れた性能と高い信頼性を実現します。標準タイプでは、UPC (ウルトラ フィジカル コンタクト) 研磨を施した接点による、8 極構成をお選びいただけます。APC (アングルド フィジカル コンタクト) 接点は、8/12/24 極の接点構成からお選びいただけます。水中嵌合対応光ファイバ コネクタ規格に準拠した設計 (Statoil TR2390 V2Total GSEPSPS021 Rev. 07SEAFOM TSD-02/ API 17F)

HydraLight コネクタ

    特長

  • UPC は標準で 8 チャネルに対応

  • 「結合チャンバ」内で光ファイバを結合

  • シングルモード/マルチモード光ファイバ

  • シングルモードでの平均挿入損失 0.2 dB 未満 (最大 0. 5dB)

  • 嵌合サイクル寿命全体にわたって、シングルモードでの平均後方反射が -50 dB 未満 (最小 -30 dB) 

 

 

  • 均圧オイル充填



  • APC は標準で 12 チャネルおよび 24 チャネルに対応

  • 7,000 m (23,000 ft) で認定済み

  • 圧力補償に合成鉱物油を使用

  • 実績あるシール機構

  • 海水に対応した内部機構・エラストマを採用

  • 遠隔操作無人探査機 (ROV) 対応インタフェース

  • 光ファイバ ジャンパ/海中アンビリカル結線用途に、SEACON MKII 均圧オイル充填 (PBOF) ホースを使用
SEACON HydraLight コネクタ
SEACON HydraLight コネクタ

G3 コネクタ

第 3 世代の G3 コネクタは、既存の HydraLight 技術を活用しており、シングルモード/マルチモード光ファイバのいずれかで、6 つのチャネルをご利用いただけます。G3 コネクタは、ロー プロファイル型光ファイバ接続と操作のシンプルさを兼ね備えており、低損失の光学性能が求められる気密接続インタフェースに最適です。このコネクタは、フラットな接点または傾斜を付けて研磨した接点を選択でき、信号通信システムや、チュービング ハンガ接続、ツリー接続、ライザ監視システム、石油ガス田維持用地震探知システム (LoFS) などの光学測定/センシング システムに最適です。

G3 コネクタ

特長
 
  • HydraLight 技術を採用した、第 3 世代コネク
  • スタブに適しており、ダイバー向け、ROV 動作向けの構成が可能
  • 6 チャネル光ファイバ (シングルモード/マルチモード)
  • 最大圧力: 15,000 psig (約 35,600 ft / 10,550 m)
  • 内部圧力を補償
  • 動作温度: 107°C ~ 150°C 


  • 極めて小型の形状で、低損失の光ファイバ性能を実現
  • 内部の可動部品点数を削減
  • シンプルな動作
  • ステンレス鋼・チタンを使用
  • 代表的な用途: 油井センシング・通信、油井完成ツール、締め固め監視、貯留層監視、振動プロファイリング・光ファイバ センシング、スペース上の制約がある用途、DTS (分散型温度センシング)、DAS (分散型音響センシング) システム 
SEACON G3 コネクタ
SEACON G3 コネクタ