Cardiovascular

Cardiovascular

TE は、世界的な医療機器メーカに選ばれるパートナーとして、カテーテルの挿入から処置まで、心臓血管疾患の診断と治療に役立つ低侵襲向け技術を提供しています。年間で 700 万本を超える冠動脈ステントが埋め込まれていますが、そのような心疾患治療を受ける患者さんのほとんどにおいて、TE の技術が重要な役割を果たします。

1977 年、Andreas Gruntzig 博士が世界初の冠動脈形成術を行いました。 これにより、Cardiovascular治療の未来が変わったのです。この革新的で低侵襲のアプローチは冠動脈疾患のゴールド スタンダードとなりましたが、それに伴って高品質で信頼性の高いアクセスおよびデリバリ デバイスの大規模な生産が求められるようになりました。

そこで TE Connectivity と Creganna Medical は当初からパートナーとして活動し、高品質なアクセスおよびデリバリ デバイスを大規模に生産するメーカとして世界をリードする存在となりました。 

TE は毎年数百万本の近位シャフトおよびカテーテル シャフトを生産しており、ハイポチューブ ベースのカテーテル シャフトを設計および製造する業界の権威として認識されています。独自のスマートフォーム バルーン技術と卓越した一連の設計機能により、TE は優れたキンク耐性や移行領域の柔軟性、最適な追従性を備えたカテーテルを提供できます。

コア コンピテンシー

  • PTCA バルーン カテーテル – RX および OTW
  • ステント デリバリ システム – BMS、DES、吸収性
  • 薬剤溶出バルーン カテーテル
  • CTO カテーテル
  • サポート カテーテル
  • アテローム切除術用デリバリ システム
  • 血栓摘出術用カテーテル
  • 血管内イメージングおよび診断用カテーテル
  • 脆弱性プラーク検知カテーテル
  • 血管閉塞デバイス
  • ECG 診断 
  • 除細動