新しいシステム設計、または既存システムの改良

用途

インダストリアル コントロール キャビネットの「コントロール」

コントロール キャビネットのさまざまな接続と配線の問題を解決する TE 製品についてご覧ください。

お客様のワンストップ ショップ

当社では、インダストリアル コントロール キャビネット特有の要件に対応する広範な製品ラインナップを取り揃えています。サード パーティのコントロール キャビネット設計やアセンブリを専門とするお客様、あるいは広範なシステム統合サービスの一環としてインダストリアル コントロール ソリューションを提供するお客様、大型産業用機器の一部としてコントロール パネルを社内で組み立てるお客様にも、当社は、コントロール キャビネットのワンストップ ソリューションを提供できます。

当社の製品ラインナップには、端子およびスプライス、ケーブル識別用ワイヤ タイ、熱収縮チューブ、パネル ラベルが含まれます。また、プッシュ ボタンおよびスイッチ、パネル プラグイン リレー、単相および三相 EMI フィルタ、コンタクタ、Ethernet 接続製品、インダストリアル スイッチのほか、CPC 電力・信号コネクタおよび DIN レール端子ブロックも取り揃えています。

コントロール キャビネットを覗き込み、「誰がこんな配線をしたのだろう」と思わずつぶやいた経験はありませんか。 キャビネットの中に過剰なワイヤが押し込まれ、ワイヤとコンポーネントには明確な認識ラベルがなく、不適切な端子圧着によりワイヤ結線が不良だったりと、このような配線は、専門技師によって配線されたコントロール キャビネットやパネルとはほど遠く、配電盤の中はまるでワイヤでできた鳥の巣のようです。

 

TE では、お客様のコントロール キャビネットを「コントロール」するためのワイヤ管理製品を豊富に取り揃えています。当社の識別用製品は、ほぼすべての工場作業場環境に対応するワイヤ管理ソリューションおよびラベル付け・タグ付けのオプションを提供します。また、当社の幅広い端子およびスプライス製品を当社の適用工具製品と組み合わせて使用することにより、最適なサイズのワイヤに合った適切な端子による高品質の圧着が実現します。 

TE Connectivity

Dirty Power (不安定電源) とは、システムに供給される電源品質に見られる何らかの異常のことです。 その異常により電圧変動、サージ、あるいは低力率などが生じ、いずれにしても電気システムに対するマイナスの影響を及ぼします。電気システムはすべて、一定の電圧と周波数で供給される電源に基づいています。工場の作業場では、オートメーション システムに関連する生産設備と電子機器は、この予想される電力供給に基づいて選択されます。 

 

システムの構成部品が予想している電力とは異なる電力がシステムに供給されると、生産設備は誤動作を起こし、早期故障や完全な機能停止につながることもあります。電磁障害 (EMI) または無線周波数干渉 (RFI) が原因で "Dirty Power" が発生する状況では、当社の広範なフィルタ製品群をご利用いただけます。これらのフィルタ製品は、EMI または RFI 信号問題を解決して、お客様の生産設備の正常な機能を維持します。当社の配電ブロック製品シリーズは、一次電源回路をさまざまな分岐回路に分割することによって電力を管理します。

 

DIN レール端子ブロックの設計・仕様に対応する効率的な手段をお探しのお客様には、当社のセルフサービス式 DIN レール端子ブロック構成ツールをご利用いただけます。このツールにより、お客様に必要とされる型番の部品表 (BOM) をすばやく作成することができます。必要な DIN レール ソリューションを電子的に組み立てると、ツールにより独自の新しい型番が作成され、工場に直接発注することができます。このシステムは、特に予測不可能な需要を繰り返し注文する場合に便利です。購入担当者は、1 つの型番と引き換えに、ビジネスに対応するために必要とされる BOM 部品の在庫量を削減できるようになります。

TE Connectivity

産業用途に取り付けられているほぼすべてのコントロール パネルは、リレーを必要とします。 過去数十年の間に、メーカは、DIN レール マウント機能を備えたリレー製品を設計し、すばやく簡単にリレーを設計の中に統合できるようになりました。業界で最も包括的なリレーとコンタクタを幅広い性能と価格で提供できるサプライヤは、TE をおいて他にはありません。当社は、リレーの開発・生産・試験・認定における 200 年以上の豊かな経験と用途に関する専門知識を携えています。

 

当社の製品ラインナップには、SCHRACK、Potter & Brumfield、OEG などの世界一流ブランドの製品が含まれており、ドライ接点から 30 A 用途まで、幅広いパネル プラグイン リレーを取り揃えています。世界各地に 12 棟以上の工場を擁する製造能力と世界規模の流通インフラにより、いつどこで需要が生じても、製品をお客様にお届けできます。標準製品の枠を超える特殊な用途のニーズがある場合は、世界各地の熟練した設計および試作品製作担当チームがお客様固有のニーズを満たすカスタム製品で対応いたします。より便利な手段で短期市場投入をお求めの南北アメリカのお客様は、ノースカロライナ州ウィンストン セーラムにある UL 認定を受けた TE 電気機械試験ラボをご利用いただけます。

TE Connectivity

電流や電圧の流れを中断することなく、手軽で安全な方法で回路を試験・測定・監視できたらと思ったことはありませんか。 当社の ENTRELEC「ソリューション シリーズ」DIN レール端子ブロックなら、それも夢ではありません。ENTRELEC「スライド リンク」端子ブロックを選択して取り付けると、テスト ソケットの両側にメータを挿入して、リンクをスライドさせ、メータに電流を流すことができます。AJS9 シリーズは絶縁処理されており、回路の識別に便利な 6 色が用意されています。また、テスト ソケットは直径 4 mm (0.157 インチ) のテスト プローブに適合します。 

TE Connectivity

現場配線は、最も難しい作業のひとつです。 生産現場の条件は、ブループリントの読み取りや配線概略図、配線引き込み、あるいは完璧な結線に最適とは言えません。余裕のないスペース、不十分な照明、アクセスしにくいコントロール キャビネットへのアクセス ポイントなどは、回路の誤配線、質の悪い被覆除去・圧着・Poke-In 結線、さらにずさんなワイヤ管理につながります。当社では、作業台のコントロール キャビネットやパネルへの配線を可能にする接続製品を取り揃えています。この段階で、パネルから出ている電力・信号・通信配線の結線は、パネル マウント リセプタクルに接続されます。

 

事前配線済みコントロール パネルが出荷され、生産現場に取り付けられると、現場の電気技師や取り付け担当者は、クイック ディスコネクト嵌合用パネル コネクタを経由して、簡単かつ効率的に最終的なパネル接続を確立することができます。オートメーション システムの設置は所要時間も短く、丸型プラスチック コネクタ (CPC)、ヘビー デューティ コネクタ (HDC)、M8/M12 コネクタ、コントロール パネル用 RJ45 コネクタなどのコネクタ ソリューションの採用によって、工場受入試験 (FAT) および現地受入試験 (SAT) にも問題なく合格します。