コネクテッド電気自動車の電磁適合性

コネクテッド電気自動車の電磁適合性

重要な自動車アプリケーションによる高速データへの依存の増加は、車両内の物理的相互接続ネットワークの設計における電磁両立性の重要性を高めています。詳細については、最新のホワイトペーパーを今すぐダウンロードしてください

ホワイトペーパーのダウンロード
オプションを選択しない場合、項目をすべてご入力ください

次世代モビリティ

次世代モビリティは、より安全で持続可能な、より移動しやすいものと定義できます。車体内部と外部との間で、多量のデータを効率的かつ高度の信頼性をもって高速で通信する能力は、次世代モビリティを実現するために欠かせません。

ここ何年にもわたって自動車に搭載されるエレクトロニックコントロールユニット (ECU) の数は増加の一途をたどっており、車両のクラスにもよりますが、一台当たり70~100に及んでいます。

そのため、安全に関わる新しいデバイス、センサー、そして高位の対応する制御層とそれらの間をつなぐ物理的な相互接続ネットワークは、極めて複雑なものとなってきています。

さらに車両のパワートレーンの電動化を進めながら、高電圧のエレクトロニクスと高速データリンクを、機能の信頼性を落とさずに共存させる必要があります。

全電動化された環境での信頼性のあるデータ接続

本書は2つのパートからなるシリーズのパート1になります。TE Connectivity がコンポーネントの開発過程で、EMCにどのように対処し信頼性を確保してきたかについて、車載イーサネット用に設計された相互接続システムを例にして示しています。主に、イーサネットのネットワークを介したセンサーのデータ融合とデータ伝送のポイントツーポイント接続に絞って説明しています。パート2では、同軸ケーブルの技術に基づいたデータ接続のリンクにおけるEMCへの対応に絞って説明しています。

 

 

 

70-100 現在自動車1台に用いられているECUの数

全電気環境での信頼できるデータ接続

このペーパー(2019年9月に更新)は、TEがコンポーネント開発中にEMCにどのように対処し、保証するかを示しています。論文の最初のバージョンでは、自動車のイーサネット用に設計された相互接続システムの例を使用し、主にイーサネットネットワークを介したセンサーデータの融合とデータ送信のためのポイントツーポイント接続に焦点を当てました。このペーパーの最新バージョンは、同軸技術に基づいたデータ接続リンクでのEMCの管理にも焦点を当てています。

このシリーズのレポートはこちらから

関連のトピックス