TE 新製品: LUMAWISE Z45 LED ホルダ

LUMAWISE LED Z45

再設計を必要としないシンプルで容易な LED タイプの変更

新しい LED ホルダは、ほぼすべての COB-LED 照明器具コンポーネントに適合します。Poke-In 端子と接着結合を使用した COB-LED アレイへの迅速で容易なはんだフリーの接続により、LED タイプを簡単に変更できます。

May 17, 2018

TE Connectivity (TE) は、チップオンボード (COB) LED 用ホルダの製品群に LUMAWISE Z45 LED ホルダを追加しました。TE の新しい第二世代 LED ホルダは、高強度、高反射性を備えたハロゲンフリー難燃性熱可塑性樹脂 (PBT) 製です。Z45 LED ホルダは、TE の Z50 ホルダに比べて直径が 5 mm 小さく、接着剤の使用により照明器具内の COB LED アセンブリが迅速かつ容易にできます。

LUMAWISE Z45 LED ホルダでは、Poke-In 端子と接着結合を使用して、COB-LED アレイへの迅速で容易なはんだフリーの接続ができます。LED モジュールについて定めた Zhaga 規格に適合しており、他の LED 照明器具コンポーネントに適合します。35 mm の標準ネジ ピッチにより、標準のヒートシンク切削加工および取り付け手順を適用できます。120 度の光学的角度を備えた LED ホルダは、光損失を最小限に抑えます。また、LED アセンブリに接着剤を使用するため、クランピング システムを使わずに COB ボード サイズの許容範囲を高めることができます。ホルダは、ヒートシンクを通じて LED からの圧力を均一に散布するように設計されています。新しい LUMAWISE Z45 LED ホルダは低背型であるため、リフレクタとレンズを発光面近くに配置できます。

新しい LUMAWISE Z45 LED ホルダは低背型であるため、リフレクタとレンズを発光面近くに配置できます。「TE では、エンジニアの設計プロセスを容易にする製品の開発を目標のひとつに掲げています。この製品は、発光面からの距離が常に同じであることを保証するプラットフォーム設計により、再設計することなくシンプルかつ容易に LED の実装サイズを変更することができます。」-TE Connectivity、Product Manager、Jeroen Iedem。

 

 

TE について

TE Connectivity社は、最先端の技術と製造において世界をリードする年間売上140億米ドルのグローバル企業です。より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、75年以上に渡り過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。8,000名を超える設計エンジニアを含む約80,000名の従業員を擁するTE Connectivity社は、世界約140カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。詳細はwww.te.com や各種SNS (LinkedIn, Facebook, Twitter)をご覧ください。

詳細を表示