Terrence Curtin (CEO) および Tom Lynch (Executive Chairman)

コネクティビティに革新をもたらす

お客様がコネクティビティ ニーズを満たす場合に最初の選択肢として考える。当社のリーダーシップ チームは、戦略的なビジョンと実践哲学を示すことで、TE をそのような地位にまで引き上げています。

エグゼクティブとしての見解:

TE の CEO Terrence Curtin との Q&A

"「名前を聞いたこともない世界最大級の企業は、日々の生活に密着しています」"

当社の CEO がForbes Magazineのインタビューの中で、世界を変革するテクノロジーの設計・構築を手がけるイノベーションのリーダーや革新的な起業家を支援する TE について語ります。

 

Terrence R. Curtin、Chief Executive Officer (CEO) 兼取締役会メンバー

Terrence R. Curtin

Chief Executive Officer (CEO) 兼取締役会メンバー

Terrence R. Curtin は、より安全な、持続可能性と生産性に優れた密接につながる未来の実現に貢献し、コネクティビティおよびセンサ ソリューションにおいて年間売上 140 億米ドルを誇る産業技術のグローバル リーダー、TE Connectivity の CEO を務めています。TE では日々、世界中の 8,000 名を超えるエンジニアがお客様と協力し合い、極めて困難な問題の解決に取り組んでいます。また、自律車両、次世代型航空機、スマート ファクトリから最先端の医療機器やスマート ホームに至るまで、お客様のアイデアを、世界を前進させる革新的技術へと変えています。

カスタマー エクスペリエンスの向上、オペレーションの最適化と取り組み、TE 従業員の持てる可能性を解き放つ上で障害となるものを取り除いて、全社的なコラボレーションとイノベーションを育む多様性に富んだ職場環境の育成に重点を置いています。こうしたアプローチによって、TE は今後も、最も過酷な環境におけるクリティカルな問題に取り組むお客様のパートナーであり続けます。

世界的視野を持つリーダーとして、自由貿易とテクノロジーを支持し、多彩なアイデアや文化を受け入れようとするその姿勢は、TE や Arthur Andersen で培った経験の賜物です。

2017 年 3 月に Chief Executive Officer (CEO) に任命される以前は、TE の President として、コネクティビティおよびセンサ ビジネスと合併吸収活動の全責任を負っていました。2016 年 3 月には取締役会にも選出されています。

また、Energy、Industrial、Aerospace、Defense and Marine、Medical 事業部門で構成される、TE の Industrial Solutions 部門の責任者を務めた経験もあります。

Industrial Solutions 部門のリーダーとしての役割を担う前は、TE の Chief Financial Officer (CFO) 兼監査役を務めました。TE Connectivity に入社する以前には、Arthur Andersen LLP 社に勤務していました。

現在、中国との商取引関係を構築するための主要組織である、米中経済協議会 (USCBC) の取締役会役員を務めています。

また、DuPont de Nemours, Inc. の Director でもあります。オルブライト大学で会計学の学士号を取得しています。

LinkedIn で Terrence をフォロー.

Heath Mitts

Heath Mitts

Executive Vice President 兼 Chief Financial Officer (CFO)

Heath Mitts は、TE Connectivity の Executive Vice President 兼 Chief Financial Officer (CFO) です。当社の財務戦略立案および遂行を担当しています。CFO としては、当社の財務目標やビジョン、コンプライアンスに関する活動を促進するために必要な財務的基盤を築いています。

Heath は、2016 年 9 月に TE Connectivity に入社しました。2011 年 3 月から IDEX Corporation の Vice President および Chief Financial Officer を務め、2005 年 9 月から 2011 年 2 月まで企業財務の Vice President を務めていました。IDEX に入社するまでは PerkinElmer Asia の Chief Financial Officer として 2001 年から 2005 年まで PerkinElmer に勤務していました。

その前は、1996 年から 2001 年まで Honeywell International (前 Allied Signal) で働き、Honeywell の航空宇宙電子機器ビジネスの財務リーダーなどのさまざまな財政分野の要職を務めました。2015 年 5 月から、Columbus McKinnon Corporation の Director も務めています。

サザン メソジスト大学で財務および政治学の学士号を取得し、ペンシルバニア州立大学で経営学修士 (MBA) の学位を取得しています。

John S. Jenkins Jr.

John S. Jenkins Jr.

Executive Vice President 兼 General Counsel

John S. Jenkins Jr. は、TE Connectivity の法務担当 Executive Vice President です。当社のグローバルな法務、コンプライアンス、コーポレート ガバナンス、政務、知的財産、セキュリティ、リスク管理、企業の社会的責任に関わる分野を担当しています。また、インド・中国・南米を中心とした新興成長市場において、業界をリードする TE のコネクティビティ ソリューション、エンジニアリング、およびオペレーションに関する知識を展開する責任もあります。TE Connectivity への入社は、2012 年 10 月です。

TE Connectivity 入社以前は、Tyco International に 10 年間在職し、Vice President、Corporate Secretary、International General Counsel を歴任しました。この間、取締役会の活動、証券・資本市場の取引および報告、合併・買収、役員報酬、グローバルな調達、不動産、税務対策を担当しました。

2003 年以前は、McGuireWoods, LLP 社の訴訟担当者を務めました。同氏の職歴は、米国海軍の士官となった 1987 年に始まります。その後、軍事検察官および上級弁護士として法務官としての勤務を続け、最終的には海軍長官の法律顧問を務めました。

ジョージ ワシントン大学で優秀な成績を収めて法学位を取得、また、バージニア大学の学士号も取得しています。

Shad Kroeger

Shad Kroeger

Communications Solutions 部門 President

Shad Kroeger は、TE Connectivity の Communications Solutions 部門 President です。同事業部は、Data and Devices 部門、Appliances 部門、SubCom 部門、チャネル部門で構成されています。同氏は、事業部の世界的な戦略、販売、開発および運営のあらゆる側面を担当しています。

1995 年に TE 入社後、事業管理、戦略、プロダクト マネジメント、販売およびエンジニアリングにおいて要職を務めてきました。その役割は、自動車、インダストリアルおよび民生市場にまで及びます。

2013 年から 2017 年までは、Appliances 事業部で Senior Vice President 兼 General Manager を務めました。

ノースカロライナ州デューク大学の Fuqua School of Business において経営学修士を取得、また、アイオワ州立大学で機械工学の学士号を取得しています。

Steven Merkt

Steven Merkt

Transportation Solutions 部門 President

Steven Merkt は、TE Connectivity の Transportation Solutions 部門 President です。

自動車市場および商用車市場に接続とセンサのソリューションを供給する世界最大級のサプライヤである、当社 Transportation Solutions 部門のリーダーとして、世界中の販売・開発・運用分野のあらゆる側面を担当しています。 

1989 年に TE 入社後、事業管理、経営、エンジニアリング、マーケティング、サプライ チェーンおよび新製品の投入において、要職を務めてきました。TE の Automotive 事業部における President としての実績が認められ、2012 年 8 月に現在の役職に任命されました。

TE への入社以前は、FAA (米連邦航空局) のフライト エンジニア、およびラトガース大学のコンピュータ コンサルタントを務めました。Steven Merkt 氏は現在 Isonoma Foundation の取締役会メンバーでもあります。

米国ペンシルバニア州のペンシルバニア州立大学 Smeal School of Business で経営学修士 (MBA) の学位を取得、また、米国ニュージャージー州のラトガース大学で機械/航空宇宙工学の学士号を取得しています。 

TE Connectivity Industrial Solutions 部門 President、Kevin Rock

Kevin Rock

Industrial Solutions 部門 President

Kevin Rock は、航空宇宙・防衛・石油ガス・産業機器・医療・電力などの事業から構成される、TE の Industrial Solutions 部門 President を務めています。Kevin は、これらの事業の戦略、成長、運営、成果を含め、あらゆる側面を担当しています。

Kevin は TE に 20 年以上在籍しており、数多くの成果をあげています。現在の役職に就く前、Kevin は TE の Aerospace, Defense and Marine (AD&M) 部門の President でした。AD&M を事業部門として確立し、事業部門の規模を 5 億ドル未満から 10 億ドル超に倍増させ、事業の収益性を向上させました。TE が、過酷な環境用途の牽引役として、また、石油ガス産業向けのコネクティビティ ソリューションのリーディング プロバイダとしての地位を確立するための企業買収において、Kevin は重要な役割を果たしました。

Kevin は、米国ペンシルバニア州のクツターウン大学で経営学の学士号を取得し、
米国ワシントン D.C. のストレイヤー大学で経営学修士 (MBA) の学位を取得しています。

Mario Calastri

Mario Calastri

Senior Vice President 兼財務部長

Mario Calastri は、TE Connectivity の財務部長です。Mario は当社の財務戦略の立案と遂行を担当しています。

財務部長としては、現金管理、銀行取引、資本構成改善と資金調達、外国為替、偶発債務、投資、リスク管理、資金計画、分析活動を監督しています。

Mario が TE Connectivity に入社したのは 2007 年 6 月、Senior Vice President 兼財務部長としてでした。それまでは Tyco International の Vice President 兼財務副部長を務めていました。

また Mario は IBM 社でさまざまな管理職を務め、同社の欧州 IGF 部門の財務副部長、Global Risk Manager 兼財務担当 Vice President を経験しています。

イタリアのボッコーニ大学で経済学の学士号を取得し、米国ニューヨーク州のペース大学で財政学の修士号を取得しました。

Joel Dubs

Joel Dubs

Operations 部 Senior Vice President

Joel Dubs は、TE Connectivity の Operations 部門 Senior Vice President であり、Transportation Solutions 事業部の Operations 部門も統括しています。

Operations 部門の Senior Vice President として、その責任は、調達、物流、製造技術およびイノベーション、環境、健康および安全、施設サービス、そして全社的なリーン活動など、当社のグローバル オペレーション全般にわたります。また、デジタル オペレーション活動の導入を率先しており、2013 年から会社のオペレーション委員会を指揮しています。
現職以前には、Global Automotive 事業部 Operations 部門の Vice President を務めました。

1983 年に入社後、工場責任者を 10 年近く務め、その後 20 年以上にわたり地域およびグローバルの要職を歴任しながら、エンジニアリング、製造、営業などのさまざまな分野に貢献してきました。

ニューヨーク州トロイにあるレンセラー工科大学において、化学工学の学位を取得しています。

Joseph F. Eckroth, Jr.

Joseph F. Eckroth, Jr.

Senior Vice President 兼 Chief Information Officer (CIO)

Joe Eckroth は 2013 年に TE Connectivity に入社し、Senior Vice President 兼 Chief Information Officer を務めています。TE Information Systems (TEIS) チームを統率して、当社全体の情報システム戦略の方向性を決定し、TE の目標達成を支援する情報システムに関する重要な活動を TEIS が実行できるようにしています。

TE に入社する前は、2007 年から Hertz Holdings and Hertz 社に在籍しており、同社を退社する時点では Global Customer Care 担当 Executive Vice President 兼 Chief Information Officer を務めていました。この役職においては、企業プロジェクト マネジメント、収益管理部門、ナビゲーション ソリューション事業部門 (Hertz Neverlost 事業部門および関連サービスの独占的プロバイダ) の監督を担当しました。

Hertz Holdings and Hertz 社の前は、New Century Financial Corporation の Executive Vice President 兼 Chief Operating Officer を務めていました。さらにその前は、Mattel, Inc.、General Electric 社の 2 つの事業部門、GE Medical Systems 社ならびに GE Industrial Systems 社で Chief Information Officer を務めた経験があります。

2003 年から 2006 年までは、ラボ用機器の供給および流通を手がける世界的な企業、VWR International 社取締役会メンバーを務め、報酬および財務委員会にも参加しています。2000 年から 2006 年までは、オレンジウッド子ども財団の取締役会メンバーを務めていました。カリフォルニア州オレンジ郡にある同財団は、虐待やネグレクトを受けた子どもや青少年を救うための防止・介入プログラムを実施する非営利団体です。

Joe はペパーダイン大学の School of Business and Management で MBA を取得し、カリフォルニア州ラバーンのラバーン大学で学士号を取得しています。

Arvind Kaushal、Senior Vice President 兼 Chief Strategy Officer

Arvind Kaushal

Senior Vice President 兼 Chief Strategy Officer

Arvind Kaushal は、2018 年 11 月から Senior Vice President 兼 Chief Strategy Officer に就任しました。Arvind は、企業戦略チームを統括する立場にあり、市場の変化を活用して株主に優れた価値を生み出すために TE の戦略を立案します。戦略的立案プロセスを統括し、組織と密接に協力しながら TE の戦略的優先事項を徹底させ、重視します。

2014 年から 2018 年までは、Johnson Controls 社の Power Solutions 部門において Vice President 兼 Global Head of Strategy を務めました。この役割においては、専門家チームを率先して重要な戦略的機会に取り組み、収益増加とマージンの向上を図る戦略の実践を支援しました。

Johnson Controls 社以前には、Strategy& (旧 Booz & Company) と提携し、同社の北米製造チームを主導しました。15 年間の在職中は、積極的に上級管理職を務めました。上級エグゼクティブには、「成長を促し、競争力を養うために必要な能力を構築すること」をアドバイスしました。また、産業機器分野と自動車産業分野において、北米、ヨーロッパ、中国およびインドに焦点を当てた数々の成長戦略とビジネス変革プロセスを統括した経験もあります。

インドのインド経営大学院 (IIM) カルカッタ校で MBA (PGDCM) を取得。また、IIM カルカッタ校では金メダルを受賞し、その優秀な学業によって優等生名簿に名前が記載されました。インドのインド工科大学ルーキー校 (旧 UoR) で電気技術の学士号を取得しています。

Karen Leggio、Senior Vice President 兼 Channel 担当 General Manager (GM)

Karen Leggio

Senior Vice President 兼 Channel 担当 General Manager (GM)

Karen Leggio は TE Connectivity の Senior Vice President と、TE の売上全体の約 15 パーセントを占める Channel 事業部門の General Manager を兼任しています。現在の役職において、Karen は 世界各国に広がる約 300 社の代理店との関係強化を通じて、TE の代理店収益および市場シェアの拡大、顧客への影響力拡大のために尽力しています。

2010 年に TE 初の Chief Procurement Officer として入社し、グローバル規模での TE の支出統合を牽引し、生産性の大幅な向上や会社規模拡大に貢献しました。その後は、TE の North American Automotive 事業担当 Senior Vice President/General Manager に就任しました。在職中は、製品ラインナップ拡大、顧客基盤の拡張を実現したほか、新たな施設の設立により、初年度で数十億ドルを超える収益を実現したほか、トップクラスの人材を育成して TE 社内全体に送り出しています。

TE に入社する以前は、Ingersoll Rand 社で Global Supply Chain の Vice President を務めました。Ingersoll Rand 社以前は General Motors 社に 23 年間勤務してさまざまなリーダーシップ職を歴任し、業務運営、調達、物流、サプライヤ品質、プログラム マネジメントといった領域に携わり、担当範囲もヨーロッパ、南米、北米全域へと拡大しました。2005 年には米国の自動車専門誌『Automotive News』より、自動車産業において活躍著しい女性を称える「Top 100 Women」ランキングに入選しています。

Karen は現在 TE Connectivity 財団の代表として、特に女性層と十分なサービスを受けていない層に重点を置き、あらゆる人が技術と工学に触れることができるようにすることを通じて、グローバルなコミュニティをつなぎ、強化することに取り組んでいます。2015 年からは、ノースカロライナ州商工会議所のメンバーも務めています。

ミシガン州立大学のサプライ チェーン マネジメント プログラムで学士号を、また、General Motors 社から特別奨学金を得て、インディアナ州ウェスト ラファイエットのパデュー大学で経営学の修士号を取得しています。

Jane Leipold

Tim Murphy

Senior Vice President 兼 Chief Human Resources Officer (CHO)

Tim Murphy は、TE Connectivity の Senior Vice President 兼 Chief Human Resources Officer です。人事戦略の立案および実践を担当し、業務目標の達成に必要な能力・文化・組織を TE が確保できるよう尽力しています。Tim は Global Talent Management 部門 Vice President として 2011 年 11 月に、TE Connectivity に入社しました。

1993 年から 2011 年までは、Merck 社の HR Business Partner およびセンタ オブ エクセレンス (CoE: Center of Excellence) でさまざまな要職を歴任しています。同社の Talent Management 担当 Executive Director として、90,000 人の従業員を支援するセンタ オブ エクセレンスを主導し、また、グローバル規模でのパフォーマンス管理・後継者育成・キャリア開発・人員配置計画を担当しました。

ペンシルバニア州のウェスト チェスター大学で産業/組織心理学の学位を取得し、シャーロットにあるノースカロライナ大学で学士号を取得しています。

Jeanne Quirk、M&A 部門 Senior Vice President

Jeanne Quirk

Mergers and Acquisitions 部門 Senior Vice President

Jeanne Quirk は、TE Connectivity の M&A 部門 Senior Vice President です。この役割において、Jeanne は組織外部における成長戦略の策定および実行に関する推進役を担当しています。

2013 年以降、Jeanne は Industrial Solutions (IS) 部門の Strategy Business Development 部門 Vice President を務めており、リーダーシップ チームと連携して組織内部および組織外部における成長に関する活動を明確にして実行する責任を負っています。2000 年に TE に入社して以来、 Jeanne 氏は 2007 ~ 2013 年に行われた TE の M&A および売却活動の統率を始め、M&A および統合に関するさまざまな指導的役職を歴任してきました。

TE に入社する前は、PriceWaterhouseCoopers 社に 10 年間勤務し、戦略的企業および資本グループの企業買収を幅広く支援してきました。

Jeanne は米国ペンシルバニア州立大学で会計学の学士号を取得しており、公認会計士でもあります。

Alan Amici

Alan Amici

Transportation Solutions 部門 Vice President 兼 Chief Technology Officer

Alan Amici は、TE Connectivity の輸送ソリューション部門担当副社長兼最高技術責任者を務めています。

輸送ソリューション部門の技術リーダーであり、自動車、センサ、アプリケーション ツーリングおよび産業・商業輸送の事業部門におけるグローバル エンジニアリング・技術・先進開発・イノベーションの戦略的方向性を担当しています。

TE 入社以前は、Chrysler 社に 30 年間勤務し、米国ミシガン州にある Chrysler 社の Electrical and Electronics 部門責任者、イタリアのトリノにある Fiat の Electrical and Electronics 部門責任者、ドイツのシュトゥットガルトにある Global Uconnect and Global Service & Parts の責任者など、エンジニアリング、製造およびサービス部門においてさまざまな国際的管理職を歴任しました。

2 件の製品意匠特許を持ち、Walter P. Chrysler Technology Award も受賞しています。SAE (米自動車技術者協会) の Convergence Technical Council (コンバージェンス技術評議会) のメンバーでもあり、コンバージェンスに関する技術プログラムの議長を務めています。

ミシガン大学で経営学修士号、電気工学修士号、電気工学理学士号を取得しています。また、Chrysler Institute of Engineering の卒業生でもあります。

Claudia Anderson

Claudia Anderson

Vice President 兼 Chief Continuous Improvement Officer (CCIO)

Claudia Anderson は、TE Connectivity の Vice President 兼 Chief Continuous Improvement Officer です。この役割において、彼女は、顧客満足度を最大限に高めるための全社的取り組み TEOA (TE Operatign Advantage) および品質向上活動、さらには業務戦略を担当し、TE が常に顧客の期待を上回るよう、システム工程の改善を進める業務を遂行しています。

現在の役職に就く前は、南北アメリカ地域で TE の Automotive 事業の運用組織を率いるとともに、TE の Transportation Solutions セグメントで品質部門の Vice President を務めていました。TE に入社する前は、Ford Motor Company と Visteon Corporation で製品エンジニアリング、製造、品質の分野でさまざまな役職を歴任してきました。

同氏は、科学、エンジニアリング、技術、数学に対する若者の情熱をサポートする非営利組織、North Carolina FIRST Robotics の理事を務めています。

パデュー大学で機械工学の学士号、ミシガン大学から機械工学の修士号、デトロイト・マーシー大学からエンジニアリング管理の修士号を取得しています。

Kari Janavitz

Kari Janavitz

Vice President 兼 Chief Marketing Officer (CMO)

Kari Janavitz は、2018 年 1 月から TE Connectivity の Vice President 兼 Chief Marketing Officer (CMO) を務めています。この役職においては、TE のエグローバル マーケティング、ブランド、コミュニケーションを率いています。

2013 年に Marketing 担当 Vice President として TE Connectivity に入社し、TE ブランドをコネクティビティおよびセンサ ソリューションのトップ ブランドに構築する責任を負いました。Kari の主導のもとに、TE は、AdAge 誌 2016 年 BtoB 最優秀賞や、優れた統合型マーケティング コミュニケーション ブランド戦略に対する ANA の 2019 B2 受賞を始め、さまざまなマーケティング賞およびブランド賞を獲得してきました。また、TEでは Industrial and Commercial Transportation (ICT) 事業部門のマーケティング責任者を務めました。

中小企業の顧客の拡大と営業利益率をサポートするマーケティング プログラムについても責任者を務めています。そのプログラムは、市場に投入できる新しいデジタル モデルと革新的なマーケティング戦術を活用し、目標を上回る結果を出し続けています。Kari は、ICT の業務中に当社の eCommerce パイロットの導入にも貢献してきました。これは、現在では複数の企業や市場に広がっています。

これまで 20 年以上にわたり、テクノロジー ブランドの成長を促進して価値を高めることに取り組んできました。TE に入社する以前は、RedPrairie (JDA) および Sapient 社において、ブランド、コミュニケーション、マーケティング チームを統括しました。また、IT 企業のブランド構築とコミュニケーション プログラムを専門とする、マーケティングおよびコミュニケーションのコンサルティング会社を経営した経験もあります。

米国イリノイ州のノースウェスタン大学で「ことばの科学 (Science in Speech)」の学士号を取得しています。

Nitin Mathur

Nitin Mathur

Vice President 兼 Chief Digital and eBusiness Officer

Nitin Mathur は、2018 年 1 月に TE のグローバルなデジタル戦略を担当する Chief Digital & eBusiness Officer に就任します。その役割には、デジタル カストマー エクスペリエンスの指導、TE のデジタル プラットフォームおよびパートナーシップの監督、さらに TE の eコマース機能の拡充による顧客と収益の拡大などが含まれます。また、カスタマーデータ・インサイト・グロース マーケティング チームも率いています。

以前は、TE Connectivity のデジタル カストマー エクスペリエンス部門の Vice President でした。2016 年に、シンガポールを拠点とする TE Connectivity アジア太平洋事業部の Senior Director 兼 Marketing 部門責任者として TE に入社しました。

TE Connectivity に入社する以前は、シンガポールを拠点とする Yahoo APAC 事業部 Marketing 部門の Senior Director を務めました。2007 年から 2016 年までは、地域全体に及ぶ編集戦略、コンテンツ、ソーシャル メディア チャネルの指揮を執りながら、ブランド、製品、モバイル、B2B マーケティング活動の監督に責任を負う、さまざまな要職を務めました。

2003 年から 2007 年までは、グローバル デジタル コンサルティングとマーケティング サービスのプロバイダである Sapient 社において、Director of Marketing を務めました。その役割において、CRM および世界的なマーケティング分析機能の指導とともに、地域におけるブランド認識の育成を担当しました。Sapient 社以前の 2000 年から 2003年までは、Times of India Group の子会社である Times Internet Limited において、マーケティング・製品管理・事業開発を担当しました。

Sahara Group の会長室のメンバーとしてキャリアを開始し、同グループ航空事業のマーケティングおよびコミュニケーションを担当しました。

インドのラクナウ大学で経済統計学の学士号を取得、ニューデリの EMPI ビジネス スクールでマーケティングを専門職とする MBA のポスト グラデュエート ディプロマを取得しています。

Jimmy McDonald

Jimmy McDonald

Vice President 兼 Chief Supply Chain Officer

Jimmy McDonald は、2013 年以降、TE Connectivity の Vice President 兼 Chief Supply Chain Officer を務めています。この役割において、事業部門の目的を達成するグローバルな調達および物流戦略を立案・遂行する立場にあります。この役割は、TE がサプライヤとの適切なパートナーシップを確認すること、そしてサプライヤの能力を調達した製品とサービス全体にわたって確実に活用することが必要不可欠となります。

TE 入社前は、Honeywell Aerospace で Strategic Sourcing において Vice President を務めていました。Honeywell の前は General Motors と Delphi で各種の多様なグローバル サプライ チェーンの役割に就き、米国とアジアで、調達、サプライヤ開発、物流、計画、労使関係、製造などのさまざまな役職を経験しています。

Jimmy はミシガン州ロチェスターのオークランド大学で経営学の学士号を取得し、ノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院で経営人材育成プログラムを修了しています。

Tom Lynch

Tom Lynch

Chairman

Tom Lynch 氏は TE Connectivity 取締役会が発足した 2007 年 6 月からメンバーであり、2013 年 1 月からは Chairman を務め、2017 年 3 月から 2018 年 3 月まで Executive Chairman、2006 年 1 月から 2017 年 3 月まで Chief Executive Officer を務めました。

2004 年 9 月から 2006 年 1 月まで Tyco International (Tyco) に在籍し、産業用バルブと制御機器の世界的な製造業者である Tyco Engineered Products & Services の President を務めました。その後、2006 年 1 月に Tyco Electronics (現 TE Connectivity) の Chief Executive Officer へ昇格し、TE を 120 億米ドルの世界的トップ企業へと成長させました。

Tyco 入社以前には Motorola 社において Executive Vice President を務め、携帯電話端末サプライヤの最大手である同社個人向け通信機器部門の President 兼 Chief Executive Officer も務めました。同役職以前は、自動車産業を最大の市場とする Integrated Electronics Systems 部門の責任者でした。

Motorola 社以前には、General Instrument Corporation の衛星・ブロードキャスト ネットワーク システム部門で Senior Vice President 兼 General Manager を務めました。

現在、Thermo Fisher Scientific Inc.、Cummins Inc.、Automatic Data Processing Inc. の取締役会役員を務め、また、フランクリン財団 (ペンシルバニア州フィラデルフィア) およびライダー大学 (ニュージャージー州ローレンスビル) の運営委員会の委員でもあります。

米国ニュージャージー州のライダー大学で、商学士の学位を取得しています。

Pierre R. Brondeau

Pierre R. Brondeau

Lead Independent Director

Pierre R. Brondeau 博士は、TE 取締役会の Lead Independent Director です。TE Connectivity 取締役会が発足した 2007 年 6 月からメンバーを務めています。

2010 年 1 月から FMC Corporation の President 兼 Chief Executive Officer (CEO) を務めており、同社取締役会の Chairman でもあります。FMC Corporation は多角的な経営を行う世界的な化学企業であり、農業、工業、コンシューマの各市場で活動しています。

FMC Corporation に入社する以前は、2009 年 4 月の Rohm & Haas Company および Dow Chemical Company の合併から 2009 年 9 月まで、特殊材料の製造を手がける Dow Chemical Company の完全子会社である Dow Advanced Materials 社の President 兼 Chief Executive Officer を務めていました。2008 年から 2009 年までは、Rohm & Haas Company の President 兼 Chief Operating Officer (COO)、2006 年から 2008 年までは Rohm & Haas Company の電子材料および特殊材料事業部の Executive Vice President を歴任しました。1989 年に Rohm & Haas に入社し、当時はパリに拠点を置くプラスチック添加剤事業部門のヨーロッパ地区担当 Marketing Manager を務めました。1991 年にフランスのヴァルボンヌに転勤となり、技術サービスおよび開発研究所の所長に就任しました。

その後 1993 年に Plastics Additives Research 部門の Director に昇格し、1995 年には Shipley Company (後に Rohm & Haas Electronic Materials に社名変更) に移籍して、研究、販売およびマーケティング担当 Director に就任しました。また Shipley Company では、1997 年以降 Operations and Technology 部門 Vice President、President、Chief Operating Officer、Chief Executive Officer などの要職を歴任しています。

2003 年以降は、電子材料および特殊素材事業において複数の取締役を務めました。2008 年 5 月には、Rohm & Haas Company の President & Chief Operating Officer に選任されています。職歴当初には、フランスの Air Liquide 社に勤務した経験もあります。

現在 Livent Corporation の Director であり、米国化学工業協会およびフランクリン財団の取締役会役員も務めています。

INSA France で生物化学工学の学士号を取得、フランスのモンペリエ大学で生物化学工学の修士号を取得しています。また、INSA France で生物化学工学の博士号を取得しています。

Terrence R. Curtin

Terrence R. Curtin

取締役会メンバー兼 Chief Executive Officer (CEO)

Terrence R. Curtin は、より安全な、持続可能性と生産性に優れた密接につながる未来の実現に貢献し、コネクティビティおよびセンサ ソリューションにおいて年間売上 140 億米ドルを誇る産業技術のグローバル リーダー、TE Connectivity の CEO を務めています。TE では日々、世界中の 8,000 名を超えるエンジニアがお客様と協力し合い、極めて困難な問題の解決に取り組んでいます。また、自律車両、次世代型航空機、スマート ファクトリから最先端の医療機器やスマート ホームに至るまで、お客様のアイデアを、世界を前進させる革新的技術へと変えています。

カスタマー エクスペリエンスの向上、オペレーションの最適化と取り組み、TE 従業員の持てる可能性を解き放つ上で障害となるものを取り除いて、全社的なコラボレーションとイノベーションを育む多様性に富んだ職場環境の育成に重点を置いています。こうしたアプローチによって、TE は今後も、最も過酷な環境におけるクリティカルな問題に取り組むお客様のパートナーであり続けます。

世界的視野を持つリーダーとして、自由貿易とテクノロジーを支持し、多彩なアイデアや文化を受け入れようとするその姿勢は、TE や Arthur Andersen で培った経験の賜物です。

2017 年 3 月に Chief Executive Officer (CEO) に任命される以前は、TE の President として、コネクティビティおよびセンサ ビジネスと合併吸収活動の全責任を負っていました。2016 年 3 月には取締役会にも選出されています。

また、Energy、Industrial、Aerospace、Defense and Marine、Medical 事業部門で構成される、TE の Industrial Solutions 部門の責任者を務めた経験もあります。

Industrial Solutions 部門のリーダーとしての役割を担う前は、TE の Chief Financial Officer (CFO) 兼監査役を務めました。TE Connectivity に入社する以前には、Arthur Andersen LLP 社に勤務していました。

現在、中国との商取引関係を構築するための主要組織である、米中経済協議会 (USCBC) の取締役会役員を務めています。

また、DuPont de Nemours, Inc. の Director でもあります。オルブライト大学で会計学の学士号を取得しています。

Carol A. (“John”) Davidson

Carol A. (“John”) Davidson

取締役会メンバー

Carol A. (“John”) Davidson 氏は、2016 年 3 月から TE Connectivity 取締役会のメンバーを務めています。

公認会計士として、30 年以上にわたりさまざまな業界で指導的立場を経験してきました。会計・財務に関する複雑な課題を公的報告書の要件と処理に関する知識に結び付けてきた経験をもとに、会計と財務管理の見識を取締役会に投じています。

Tyco International Ltd. および Dell Inc. においてさまざまな要職を務め、Eastman Kodak Company では財務の要職を務めました。

現在、Legg Mason, Inc. および Allergan plc の Director でもあります。

セントジョン フィッシャー大学で会計学の理学士号を取得、また、ロチェスター大学で財務学修士号 (MBA) を取得しています。

William A. Jeffrey

William A. Jeffrey

取締役会メンバー

William A. Jeffrey 氏は、2012 年 3 月から TE Connectivity 取締役会のメンバーを務めています。

同氏は 2014 年以降、政府機関および各種業界にサービスを提供する研究開発機関である SRI International で Chief Executive Officer (CEO) 兼 President を務めています。それ以前は、2008 年 9 月から、HRL Laboratories, LLC の Chief Executive Officer (CEO) 兼 President を務めていました。この組織は、自動車、航空宇宙、防衛に関する研究開発を行う研究所です。また、2007 年から 2008 年までは Institute for Defense Analyses の科学技術部門で責任者を務めており、それ以前は 2005 年から米国連邦標準・技術局 (NIST) の局長を務めています。2002 年から 2005 年までは、Homeland & National Security のシニア ディレクタ、さらには大統領府・科学技術局の航空宇宙局で次官を務めました。同氏の職歴は、1988 年に Institute for Defense Analyses で勤務するところから始まります。

同氏はマサチューセッツ工科大学で物理学の学士号を取得し、ハーバード大学で天文学の博士号および修士号を取得しています (両校とも米国マサチューセッツ州)。

David M. Kerko 氏

David M. Kerko 氏

取締役会メンバー

David M. Kerko 氏は、2019 年 3 月に TE Connectivity の取締役に就任しています。

現在、同氏は、株式非公開半導体製造企業 GlobalFoundries、株式公開特殊目的買収企業 Nebula Acquisition、株式公開政府役務企業 SAIC、株式非公開ホーム オートメーション企業 Savant、株式非公開 GaN 半導体製造企業 Transphorm の各社を取締役を務めています。

1998 年から 2017 年にわたり、Kerko 氏は、KKR & Co., L.P. で Technology Group の顧問、メンバー、共同代表などさまざまな役割を果たしてきました。KKR 時代の同氏は、同社の技術プラットフォームの構築で積極的な役割をこなし、技術面で広範囲な投資に関与していました。その投資対象には、Broadcom、Magic Leap、Marvell Technology Group、NXP Semiconductors、Sonos などが名を連ねています。

KKR 以前の同氏は Gleacher NatWest Inc. に勤務し、M&A 取引や財務業務に携わっています。

Kerko 氏は、ペンシルバニア大学ワトソン校で理学士の学位を取得し、同大学の School of Engineering and Applied Science で B.S.E. を最優秀成績で取得しています。

Yong Nam

Yong Nam

取締役会メンバー

Yong Nam は、2012 年 3 月から TE Connectivity 取締役会のメンバーを務めています。

2013 年 4 月以降は、韓国の Daelim Group 傘下のエンジニアリング、建設、石油化学事業部門である Daelim Industrial Co. Ltd. において Chief Executive Officer (CEO) 顧問を務めました。

2011 年 4 月以降は、民生機器、モバイル通信および家電製品の世界的なプロバイダである LG Electronics, Inc. の顧問を務めました。

2007 年から 2011 年 3 月までは、LG Electronics 社の Vice Chairman 兼 Chief Executive Officer (CEO) を務めています。さらにそれ以前の 2006 年から 2007 年までは、世界的財閥企業である LG Corp. の President、1998 年から 2006 年までは LG Telecom 社の Chief Executive Officer を務めました。LG 社での職歴は 1976 年にさかのぼります。

韓国のソウル国立大学で経済学の学士号を取得しています。

Daniel J. Phelan

Daniel J. Phelan

取締役会メンバー

Daniel J. Phelan は、TE Connectivity 取締役会が発足した 2007 年 6 月からメンバーを務めています。

Phelan は、医薬品、ワクチン、消費者向け医療関連製品を製造する GlaxoSmithKline plc.(GSK) で主事を務めた経験があります。この役職を 2008 年から引退する 2012 年 12 月まで務め、その後 2013 年末まで GSK 社で顧問として活動しました。1981 年に GSK 社に入社して以来、人事部門の Senior Vice President、運用管理部門および研究開発部門の Senior Vice President など、次第に重要性が高まる役職を歴任しています。

GSK 社以前は、ペンシルバニア州フィラデルフィアの Obermayer Rebmann Maxwell & Hippel 社で労務部の法定代理人を務め、またオハイオ州立大学では学生サービス ディレクタとして勤務しました。また、米国陸軍医療業務部隊の士官も務めた経験もあります。

Phelan は、Indivior PLC の Director です。

米国ニュージャージー州のラトガース大学で修士号と法学位を取得、またオハイオ州のオハイオ州立大学で高等教育管理の修士号を取得しています。

Abhijit Y. Talwalkar

Abhijit Y. Talwalkar

取締役会メンバー

Abhijit Y. Talwalkar 氏は、2017 年 3 月より TE Connectivity 取締役会のメンバーとなっています。

同氏は、2005 年 5 月から、2014 年 5 月に行われた LSI 社と Avago Technologies 社との合併完了まで、LSI Corporation の President 兼 Chief Executive Officer を務めました。

1993 年から 2005 年までの間は、Corporate Vice President、Digital Enterprise Group (ビジネス・クライアント、サーバ、ストレージおよびコミュニケーションズ・ビジネス) の Co-General Manager、Intel Enterprise Platform Group の Vice President および General Manager など、Intel Corporation の上級管理職を歴任し、エンタープライズ コンピューティングの開発やマーケティング、Intel のビジネス戦略推進に注力してきました。

Intel 入社前は、マルチプロセッシング コンピュータ システムの設計・製造を手がける Sequent Computer Systems 社 (のちに IBM 傘下) で、エンジニアリングおよびマーケティング担当役員を務めています。また、超大規模集積回路 (VLSI) バイポーラ半導体を手がける Bipolar Integrated Technology, Inc. や、電子システム上で広く使用されている、プログラム可能な設計ソリューションの開発を、サービス重視の観点に立って提供する Lattice Semiconductor Inc. にも在籍していました。

同氏は、iRhythm Technologies の Chairman です。Lam Research Corporation では、以前は Compensation Committee (報酬委員会) の委員長を務め、現在は Lead Independent Director および Nominating and Governance 委員会の委員長を務めながら Director 職に就いています。また、Advanced Micro Devices の Director を務めています。

同氏は、オレゴン州立大学で電気工学の理学士号を取得しています。

 

Mark Trudeau

Mark Trudeau

取締役会メンバー

Mark Trudeau は、2016 年 3 月から TE Connectivity 取締役会のメンバーを務めています。

Trudeau は Mallinckrodt plc の President 兼 Chief Executive Officer 兼 Director です。Mallinckrodt plc は、特殊医薬品と造影剤を開発・製造・流通・販売するグローバルな特殊バイオ医薬品・造影剤企業です。

Trudeau は Covidien plc、Bayer HealthCare Pharmaceuticals LLC USA、Bayer HealthCare Pharmaceuticals、Bristol-Myers Squibb、および Abbott Laboratories で要職を務めていました。

また民間企業で経営責任者やディレクタとして働いた経験や、戦略、運営、経営などのさまざまな分野で経営幹部やグローバル ビジネスの専門家を務めていた経歴も持っています。

ミシガン大学で化学工学の理学士号と MBA を取得しています。

Laura H. Wright

Laura H. Wright

取締役会メンバー

Laura H. Wright は、2014 年 3 月から TE Connectivity 取締役会のメンバーを務めています。

同氏は、Southwest Airlines 社の Chief Financial Officer (CFO) を 2012 年に引退した後、GSB Advisors 社を設立しています。同社は、成長企業および非営利企業に対して戦略的および財務的なコンサルティングを提供する企業です。Southwest Airlines 社での 25 年間にわたるキャリアの中で、同氏は Chief Financial Officer (CFO)、財務担当 Senior Vice President、財務部長および副部長など、財務関連のさまざまな役職を歴任してきました。

Wright 氏の職歴は、1982 年に Arthur Young & Co. で税務スタッフとして勤務するところから始まり、1986 年から 1988 年までは納税管理人を務めています。

現在は Spirit AeroSystems Holdings, Inc.、CMS Energy、およびその子会社である Consumers Energy の Director を務めています。

同氏は、ノーステキサス大学で会計学の理学学士号および修士号を取得しています。

TE Connectivity Ltd. 取締役会

下記の取締役の電子メール アドレス宛に送信された通信は、オンブズマン委員会が処理し、適切に取り扱います。

オンブズマンは、取締役会の監査委員会に定期報告書を提出します。この報告書には、提起された懸念に応じて確認中または調査中の重要事項の概要に加え、頻度および主題別の通信の概要が含まれます。このアプローチにより、懸念事項が取締役に対し効果的な形で提起され、懸念事項の性質および頻度が正確に伝えられています。

電子メール: directors@te.com