製品
CAT-D487-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ コンポーネント対ワイヤ
  • 防水性 いいえ
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 オーバーモールド
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 バス バー
  • 列間スペーシング 4.45
  • ストレイン リリーフ アクセサリで追加
  • 極数 2
  • 列数 1
  • ブランク キャビティ位置 0
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 動作電圧 250
  • グレー
  • コネクタ コード 2
  • ケーブル出口角度 180°
  • ボディの材質 PA GF
  • 嵌合ピンの直径 1
  • 端子の定格電流 (最大) 7.5
  • コネクタ取り付けのタイプ Bulkhead
  • 取り付けの特徴 なし
  • 有極 はい
  • 端子位置保証 はい
  • ピッチ 4.19
  • 高さ 40.56
  • 20.83
  • 長さ 32.21
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 Signal
  • 保護等級 IP 68
  • UL 難燃性グレード UL-94 標準による 20 mm 燃焼試験
  • 認証/規格 SAE J2030
  • 実装方法
  • パッケージ数量 450
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
  • サービス可能 はい
CAT-D48-ST273 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用端子  1
  • 防水性 いいえ
  • ワイヤ タイプ
  • シールのタイプ ファミリ シール
  • 圧着タイプ O クリンプ
  • 通常の定格電流 7.5
  • 端子およびスプライスのタイプ Pin
  • 嵌合ピンの直径 1
  • 界面めっき スズ (Sn)
  • 端子結線面のめっき材質 ニッケル (Ni)
  • 結線方法 はんだ
  • Wire Size 4
  • Wire Size .5
  • ワイヤ サイズ検索 4
  • ワイヤ サイズ検索 .5
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • パッケージ数量 1
  • 実装方法 パッケージ
  • 端子伝導性 0 ~ 24 A (低出力)
  • 顧客の指定問い合わせ先 いいえ
CAT-D799-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ 電線対電線
  • 防水性 はい
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 ハウジング内に統合
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 ワイヤ&ケーブル
  • 列間スペーシング 5.49
  • ストレイン リリーフ アクセサリで追加
  • 極数 24
  • 列数 4
  • ブランク キャビティ位置 0
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 動作電圧 250
  • コネクタ コード A
  • ケーブル出口角度 180°
  • ボディの材質 PPS GF
  • 嵌合ピンの直径 1
  • 端子の定格電流 (最大) 13
  • コネクタ取り付けのタイプ Bulkhead
  • 取り付けの特徴 なし
  • 有極 はい
  • 端子位置保証 いいえ
  • ピッチ 4.4
  • 高さ 29.16
  • 53.34
  • 長さ 40.64
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • 保護等級 IP68
  • UL 難燃性グレード UL-94 標準による 20 mm 燃焼試験
  • 認証/規格 SAE J2030
  • 実装方法
  • パッケージ数量 125
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
  • サービス可能 はい
CAT-H396-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ 電線対電線
  • 防水性 はい
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 ハウジング内に統合
  • 極数 6
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • グレー
  • ケーブル出口角度 180°
  • 嵌合ピンの直径 .99
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • 保護等級 IP67
  • UL 難燃性グレード UL 94V-1
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
CAT-D487-W416 自動車用コネクタ ロックおよびTPA  1
  • アクセサリのタイプ TPA (端子位置保証)
  • 接続タイプ 電線対基板
  • 極数 2
  • オレンジ
  • 材質 PA GF
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • UL 難燃性グレード UL 94-HB
  • 実装方法 パッケージ
  • サービス可能 はい
CAT-AM7-FRB69 その他の有線ボックス  1
  • コンポーネント タイプ ヒューズ ホルダ
  • ヒューズのタイプ ミニ ATM ヒューズ
  • リレーのタイプ 280 プラグイン
  • 防水性 はい
  • ヒューズ数 (最大) 2
  • リレー数 (最大) 0
  • 極数 4
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 二次ロック いいえ
  • 端子の定格電流 (最大) 20
  • ピッチ 7.8
  • 動作温度 (最大) 125
  • 使用温度範囲 -40 – 125
  • 保護等級 IP67
CAT-D485-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ コンポーネント対ワイヤ
  • 防水性 はい
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 オーバーモールド
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 ワイヤ&ケーブル
  • 列間スペーシング 7.11
  • ストレイン リリーフ アクセサリで追加
  • 極数 2
  • 列数 1
  • ブランク キャビティ位置 0
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 動作電圧 250
  • グレー
  • コネクタ コード A
  • ケーブル出口角度 180°
  • ボディの材質 PA GF
  • 嵌合ピンの直径 1
  • 端子の定格電流 (最大) 7.5
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • 取り付けの特徴 あり
  • 有極 はい
  • 端子位置保証 はい
  • ピッチ 4
  • 高さ 35.56
  • 55.12
  • 長さ 43.69
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • 保護等級 IP 68
  • UL 難燃性グレード UL-94 標準による 20 mm 燃焼試験
  • 認証/規格 SAE J2030
  • 実装方法
  • パッケージ数量 200
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
  • サービス可能 はい
CAT-D487-H342 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ヘッダ  1
  • 接続タイプ 電線対デバイス
  • 防水性 はい
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • シールド処理済み いいえ
  • ハイブリッド ヘッダ いいえ
  • 極数 2
  • 列数 1
  • セクション数 2
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 定格電圧 (最大) 12
  • 定格電圧 (最大) 250
  • 動作電圧 250
  • グレー
  • コネクタ コード A
  • ピン径 1
  • 界面めっき スズ (Sn)
  • 結線方法 スルー ホール - はんだ付け
  • PCB マウント リテンション タイプ はんだテール
  • PCB マウント リテンション あり
  • パネル マウント機能 あり
  • PCB マウント アラインメント あり
  • 取り付け方向 垂直/180°
  • 取り付け穴 あり
  • ロック インタフェース あり
  • ピッチ 4.34
  • 35.3
  • 長さ 30.75
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 使用温度 (最大) 100
  • 保護等級 IP68
  • UL 難燃性グレード なし
  • パッケージ数量 200
  • パッケージのタイプ ボックス
CAT-D485-W416 自動車用コネクタ ロックおよびTPA  1
  • アクセサリのタイプ TPA (端子位置保証)
  • 接続タイプ 電線対基板
  • 極数 2
  • オレンジ
  • 材質 PBT GF
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 実装方法
  • サービス可能 はい
CAT-D486-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ 電線対電線
  • 防水性 はい
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 ハウジング内に統合
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 ワイヤ&ケーブル
  • ストレイン リリーフ アクセサリで追加
  • 極数 2
  • 列数 1
  • ブランク キャビティ位置 0
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 動作電圧 250
  • グレー
  • ケーブル出口角度 180°
  • ボディの材質 PA GF
  • 嵌合ピンの直径 2.39
  • 端子の定格電流 (最大) 25
  • コネクタ取り付けのタイプ Bulkhead
  • 取り付けの特徴 なし
  • 有極 はい
  • 端子位置保証 はい
  • ピッチ 6.71
  • 高さ 18.06
  • 18.59
  • 長さ 34.65
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • 保護等級 IP 68
  • UL 難燃性グレード UL-94 標準による 20 mm 燃焼試験
  • 認証/規格 SAE J2030
  • 実装方法
  • パッケージ数量 1200
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
  • サービス可能 はい
ストーリー
Nikola Motor Company の Nikola One
Nikola Motor Company の Nikola One
長距離輸送用トラックの堅牢な世界に、ハイテクの世界をプラスするという難題は、単独では解決不可能でした。問題解決能力があり、現場経験が豊富なサプライヤが、我々には必要でした。

お客様名: Nikola Motor Company  

フォーカス: 輸送業界を変革する

ソリューション: ゼロエミッション性能を実現する、水素電気トラック

所在地: アリゾナ州フェニックス (米国)

ウェブサイトhttps://www.nikolamotor.com 

LinkedInhttps://www.linkedin.com/company/nikola-motor-company

 

 

 

 

 

 

 

設計上の課題
•低価格の高電圧コネクタ ソリューション
•充電、高速データ伝送に対応するソリューション
•技術革新、設計、納入のスピードアップ

Nikola 社では、ゼロエミッションの未来を実現して輸送業界を変革することを目指しています。この気が遠くなるような目標を達成するため、同社はクラス 8 の水素燃料電池トラックの開発を進めており、2022 年の市場投入を目指しています。技術パートナーの協力を得て、Nikola 社は 2019 年 4 月に開催されたイベント Nikola World において、機能をフル装備した同社のトラックが、長距離輸送の世界をよりクリーンにする、効率性に優れたアプローチであることを証明して見せました。


ゼロエミッションの水素燃料電池トラック — Nikola One および Nikola Two  への電力供給に欠かせない技術を創出するにあたってエンジニアリング チームは、最大 1,000 馬力、トルク 2,711.64 Nm (2,000 ft-lbs)、積載量約 50 トン (110,000 ポンド)、完全充電までの所要時間 15 分、さらに性能データのリアルタイム表示に対応可能なパワートレインを開発するという、極めてユニークな要件を満たすことになりました。Nikola 社では、高電圧の電力接続、高速充電ソリューション、高速データ伝送といった問題を解決するためには、高電圧接続に関する専門知識、特にコネクタ、ケーブル、センサ、その他のコンポーネントを統合して、設計の性能や安全性、信頼性を最適化する力量を持った技術パートナーの必要性を、ごく早い段階から認識していました。

Nikola Motor Company、Trevor Milton (CEO)
「Nikola 社の気骨溢れる社風と、Trevor Milton CEO (上の写真) のリーダーシップには、深く感銘を受けました。設計を始めとして何事につけても、世界を変えようとする意気が感じられます」。

Nikola 社 Chief Technology Officer (CTO) の Dane Davis は、「長距離輸送用トラックの堅牢な世界に、ハイテクの世界をプラスするという難題は、単独では解決不可能でした。問題解決能力があり、現場経験が豊富なサプライヤが必要でした。我々は長期的パートナーシップを求めていました。当社の技術的なニーズと厳密なタイムラインに対応できるだけの、迅速な技術革新力と柔軟性を備え、継続的な協力関係を築いて、知識と助言を提供してくれるようなサプライヤが必要でした。問題発生時には、解決のためにいつでも駆けつけ、現場で専門知識を発揮してくれるサプライヤが理想です」。


環境への影響が文字通り「ゼロエミッション」のトラックを提供することに加え、Nikola 社では、トラック業界が抱える重大な問題の解決を目指していました。Nikola 社で Head of Electrical and Control Systems を務める Varoujan Sarkissian 氏によれば、「現在、トラック業界における最大の問題は、長距離トラック運転手の確保です。米国では現在、運転手が 10 万人以上不足しています。これらの車両に搭載されている技術は、より優れた利便性をトラック運転手に提供できる可能性を秘めています」。


こうした技術には、バック ミラーへのビデオ カメラ映像表示機能のほか、ルート設定や走行距離/仮眠/出費の状況を追跡するプログラムを搭載したデジタル ディスプレイなどが挙げられます。運転手を支援するトラックの設計を通じて、Nikola 社は輸送会社の業務効率化を可能にしようとしています。たとえば、トラックのデータ アーキテクチャは、より自律的な機能をサポートしており、規制によって許可されるようになった段階で、すぐにでも利用できるよう設計されています。業界がこれら機能の利用に踏み切った時点で、輸送会社は高速データ接続を利用して車両の隊列走行を実現したり、メンテナンス/修理の時期や所有コストを予測できるようになり、保有車両全体の管理を省力化できるほか、路上での安全性も向上します。また、運転手のミスや疲労による問題の低減にも役立ちます。

  1. Nikola 社の水素燃料式電気トラックが、いかに技術革新を実現したかをご紹介します

常識の打破は、沢山の疑問を投げかけることから始まります。Nikola 社が高電圧センサについて考え始めたとき、TE ならびに当社の DEUTSCH シリーズに着目しました。

パートナーシップによるソリューション
•高電圧コネクタ/ケーブル アセンブリ製品
•製品、助力、革新的ソリューションを迅速に提供
•技術/設計に関する専門知識

水素燃料電池トラックの電力供給技術を開発する一方で、Nikola 社は、必要なパフォーマンスを十分に提供できている企業が非常に少ない事実に気付きました。特に、市場投入までの厳密なスケジュールに、製造スピードが追いついていないケースが多かったのです。TE の幅広い製品ラインナップと豊富な専門知識に支えられて、Nikola 社はごく早い段階で、エンジニアリング上の難問に取り組む企業を支援するチャンスが到来したことに気付きました。


Nikola 社 Head of Battery Systems の Tony Heaton 氏の説明によれば、「当社では他の有力 OEM 企業よりも少ないリソースで開発サイクルを回しているため、TE やサプライヤ各社の協力を得て迅速に製品提供を行う一方で、直近のところでは Nikola World などのイベントを経て、着実に進歩を重ねてきました。Nikola World への出展車両にはかなりの数の TE 製品が使われており、製品完成のスピードアップに貢献しています」。

Nikola 社チーム。
Nikola 社チーム。同社製造工場内にて。

製品や試作機の完成を早めることに加え、Nikola 社では自動車/商用輸送車/ハイブリッド車/センサーのためのコネクティビティを専門とするエンジニアと協力して、TE が持つ専門知識を存分に活用することにも成功しました。Nikola 社と TE のチームが緊密に連携して、トラックの走行に必要となる高電圧用のコネクタ/ケーブル アセンブリ製品/ワイヤ ハーネスの設計・組立のほか、車両の高速データ接続やセンシング性能を最適化するためのソリューション開発を手がけました。


TE はこのパートナー関係を通じて、より小型のバッテリー ケーブル向けの 30 A/60 A コネクタや 300 A 以上に対応する HVP 1100 コネクタなど、高電圧コネクタの試作品とサンプルを供給しました。TE をエンジニアリング チームに迎え入れることによって、Nikola 社では、バッテリー システムや水素燃料を動力源とするパワートレインの性能の最適化に必要とされる最適なコネクタとケーブル サイズを選択できるようになりました。たとえば、コネクタを抜去すると電流を確実に停止させる、高電圧インターロック (HVIL) が組み込まれた高電圧コネクタは、TE のエンジニアの助言を受けて選択されました。HVIL は、抜去状態で端子間に破壊的なアーク放電が発生することを防ぐ上で、非常に重要です。他の重要な回路との間で電磁干渉が発生しないよう、コネクタはすべてシールドと絶縁インサートによって、完全にシールドされています。バッテリー充電システムのため、ケーブル内には高電圧インターロック ラインが配置されており、ケーブルが切断され、電流が遮断されても、運転手や整備技師、第一応答者の安全を確保します。高電圧 (HV) ケーブル/コネクタは、最大で交流 600 V、直流 1,000 V に対応します。HVP ケーブル アセンブリ製品は、バッテリーとモータ、またはその他の装置の間を流れる 200 A までの電流に対応します。運転手や整備担当者が通電状態のケーブルに偶然触れることのないよう、高電圧ケーブルの銅より線の周囲と、編組シールドおよびアルミ箔シールド上には、シリコンで二重絶縁が施されています。


様々なシステムとディスプレイの間で大量のデータを伝送する、信頼性の高い手段を提供するためにも、TE の高速相互接続ソリューションが必要となりました。運転手の利便性と動作の効率化を最適化する上で、これらソリューションは重要な役割を果たしています。たとえば、TE チームは Nikola 社による IP6k9k USB Type C コネクタ設計をサポートしました。このコネクタは、車両のインフォテインメント ハードウェアを最適化して、トラックだけでなく Nikola 社の全車種でこの技術を利用できるようにするものです。


バッテリー用の高電圧サービス ディスコネクトを設計するにあたって、TE と Nikola 社は一次サプライヤとも協力して、試作コンセプト開発、設計が及ぼす影響の吟味、設計上の難問に関する試行錯誤とソリューションの模索を行いました。TE の Industrial & Commercial Transportation 部門 Chief Technology Officer、Joe Bolewitz は、こう述べています。「マニュアル サービス ディスコネクト (MSD) について言うなら、ヒューズ技術は現状、Nikola 社のトラックに求められる信頼性と堅牢性のレベルには至っていません。当時は該当する製品こそなかったものの、同社が必要とするインタフェースを探り出し、高電圧・高電流条件下における挙動を予測するための知識ならば、我々は十分に備えていました。このプロジェクトは、単純に製品を供給するだけではなく、目標実現のパートナー関係構築を目指すという意味合いも含んでいました」。

Nikola Two の内部。
Nikola Two の内部。高度な接続機能が搭載された運転室。
Nikola 社の電気・制御システム部門責任者、Varoujan Sarkissian の言葉より。
「これらの車両に搭載されている技術は、より優れた利便性をトラック運転手に提供できる可能性を秘めています」

TE の Senior Product Engineer、Dinesh Shah は、Nikola 社フェニックス工場での共同作業が成功のための鍵を握っていたと説明しています。「Nikola 社では、Nikola World 向けの完成車製造を間近に控え、時間的にかなり追い詰められていました。当社には、DEUTSCH コネクタを使ったハーネス構築や、自社製ハンド ツールを使った端子圧着、コネクタ キャビティへの収容に関するノウハウがあります。Nikola 社のエンジニアとの緊密な協力関係を通じて、彼らに不足していた知識を伝えたことによって、Nikola 社では完成までの所要時間を短縮し、約束した納期を守ることができました。緊密に連携できたこと、そして同社のニーズをより包括的に理解できたことで、設計目標の達成にあたって従来とは違った方策を考えるための手助けができるようになりました」。

 

Nikola 社では設計段階を終えて量産準備に入っており、TE は Nikola 社のコスト削減を支援するため、より安価な高電圧コネクタとケーブル アセンブリ製品の製造を進めています。高電圧 (HV) 製品の組み立てと製造には、かなりの時間と手間がかかります。作業員はケーブル被覆の除去、編組を扇状に展開、編組のトリミング、(工具を用いた圧着プレスによる) フェルール圧着、コンポーネント装着などを、手作業で行います。輸送業界を、より安全で、より生産的で、より持続可能なものにする、という一連のミッションは TE チームに、製造プロセスの自動化・改善の方法を探るというインスピレーションを与えました。

 

Nikola 社では、2022 年までに水素電気トラックを世に送り出すことを目標に据える一方、ゼロエミッション水素燃料電池トラックと水素充填ステーションのインフラを、輸送業界変革のための解決策として位置づけています。Bolewitz はさらに次のように述べています。「Nikola 社の気骨溢れる社風と、Trevor Milton CEO のリーダーシップには、深く感銘を受けました。設計を始めとして何事につけても、世界を変えようとする意気が感じられます。サプライ チェーンを通じて、彼らのエネルギーが何倍にも増幅されていくのが分かるでしょう。参加していて、実に素晴らしい活動だと感じました」。

Nikola One、Nikola Two、Nikola World は、Nikola Motor Company の商標です。

 
関連資料
Nikola Motor Company の Nikola One
Nikola Motor Company の Nikola One
長距離輸送用トラックの堅牢な世界に、ハイテクの世界をプラスするという難題は、単独では解決不可能でした。問題解決能力があり、現場経験が豊富なサプライヤが、我々には必要でした。

お客様名: Nikola Motor Company  

フォーカス: 輸送業界を変革する

ソリューション: ゼロエミッション性能を実現する、水素電気トラック

所在地: アリゾナ州フェニックス (米国)

ウェブサイトhttps://www.nikolamotor.com 

LinkedInhttps://www.linkedin.com/company/nikola-motor-company

 

 

 

 

 

 

 

設計上の課題
•低価格の高電圧コネクタ ソリューション
•充電、高速データ伝送に対応するソリューション
•技術革新、設計、納入のスピードアップ

Nikola 社では、ゼロエミッションの未来を実現して輸送業界を変革することを目指しています。この気が遠くなるような目標を達成するため、同社はクラス 8 の水素燃料電池トラックの開発を進めており、2022 年の市場投入を目指しています。技術パートナーの協力を得て、Nikola 社は 2019 年 4 月に開催されたイベント Nikola World において、機能をフル装備した同社のトラックが、長距離輸送の世界をよりクリーンにする、効率性に優れたアプローチであることを証明して見せました。


ゼロエミッションの水素燃料電池トラック — Nikola One および Nikola Two  への電力供給に欠かせない技術を創出するにあたってエンジニアリング チームは、最大 1,000 馬力、トルク 2,711.64 Nm (2,000 ft-lbs)、積載量約 50 トン (110,000 ポンド)、完全充電までの所要時間 15 分、さらに性能データのリアルタイム表示に対応可能なパワートレインを開発するという、極めてユニークな要件を満たすことになりました。Nikola 社では、高電圧の電力接続、高速充電ソリューション、高速データ伝送といった問題を解決するためには、高電圧接続に関する専門知識、特にコネクタ、ケーブル、センサ、その他のコンポーネントを統合して、設計の性能や安全性、信頼性を最適化する力量を持った技術パートナーの必要性を、ごく早い段階から認識していました。

Nikola Motor Company、Trevor Milton (CEO)
「Nikola 社の気骨溢れる社風と、Trevor Milton CEO (上の写真) のリーダーシップには、深く感銘を受けました。設計を始めとして何事につけても、世界を変えようとする意気が感じられます」。

Nikola 社 Chief Technology Officer (CTO) の Dane Davis は、「長距離輸送用トラックの堅牢な世界に、ハイテクの世界をプラスするという難題は、単独では解決不可能でした。問題解決能力があり、現場経験が豊富なサプライヤが必要でした。我々は長期的パートナーシップを求めていました。当社の技術的なニーズと厳密なタイムラインに対応できるだけの、迅速な技術革新力と柔軟性を備え、継続的な協力関係を築いて、知識と助言を提供してくれるようなサプライヤが必要でした。問題発生時には、解決のためにいつでも駆けつけ、現場で専門知識を発揮してくれるサプライヤが理想です」。


環境への影響が文字通り「ゼロエミッション」のトラックを提供することに加え、Nikola 社では、トラック業界が抱える重大な問題の解決を目指していました。Nikola 社で Head of Electrical and Control Systems を務める Varoujan Sarkissian 氏によれば、「現在、トラック業界における最大の問題は、長距離トラック運転手の確保です。米国では現在、運転手が 10 万人以上不足しています。これらの車両に搭載されている技術は、より優れた利便性をトラック運転手に提供できる可能性を秘めています」。


こうした技術には、バック ミラーへのビデオ カメラ映像表示機能のほか、ルート設定や走行距離/仮眠/出費の状況を追跡するプログラムを搭載したデジタル ディスプレイなどが挙げられます。運転手を支援するトラックの設計を通じて、Nikola 社は輸送会社の業務効率化を可能にしようとしています。たとえば、トラックのデータ アーキテクチャは、より自律的な機能をサポートしており、規制によって許可されるようになった段階で、すぐにでも利用できるよう設計されています。業界がこれら機能の利用に踏み切った時点で、輸送会社は高速データ接続を利用して車両の隊列走行を実現したり、メンテナンス/修理の時期や所有コストを予測できるようになり、保有車両全体の管理を省力化できるほか、路上での安全性も向上します。また、運転手のミスや疲労による問題の低減にも役立ちます。

  1. Nikola 社の水素燃料式電気トラックが、いかに技術革新を実現したかをご紹介します

常識の打破は、沢山の疑問を投げかけることから始まります。Nikola 社が高電圧センサについて考え始めたとき、TE ならびに当社の DEUTSCH シリーズに着目しました。

パートナーシップによるソリューション
•高電圧コネクタ/ケーブル アセンブリ製品
•製品、助力、革新的ソリューションを迅速に提供
•技術/設計に関する専門知識

水素燃料電池トラックの電力供給技術を開発する一方で、Nikola 社は、必要なパフォーマンスを十分に提供できている企業が非常に少ない事実に気付きました。特に、市場投入までの厳密なスケジュールに、製造スピードが追いついていないケースが多かったのです。TE の幅広い製品ラインナップと豊富な専門知識に支えられて、Nikola 社はごく早い段階で、エンジニアリング上の難問に取り組む企業を支援するチャンスが到来したことに気付きました。


Nikola 社 Head of Battery Systems の Tony Heaton 氏の説明によれば、「当社では他の有力 OEM 企業よりも少ないリソースで開発サイクルを回しているため、TE やサプライヤ各社の協力を得て迅速に製品提供を行う一方で、直近のところでは Nikola World などのイベントを経て、着実に進歩を重ねてきました。Nikola World への出展車両にはかなりの数の TE 製品が使われており、製品完成のスピードアップに貢献しています」。

Nikola 社チーム。
Nikola 社チーム。同社製造工場内にて。

製品や試作機の完成を早めることに加え、Nikola 社では自動車/商用輸送車/ハイブリッド車/センサーのためのコネクティビティを専門とするエンジニアと協力して、TE が持つ専門知識を存分に活用することにも成功しました。Nikola 社と TE のチームが緊密に連携して、トラックの走行に必要となる高電圧用のコネクタ/ケーブル アセンブリ製品/ワイヤ ハーネスの設計・組立のほか、車両の高速データ接続やセンシング性能を最適化するためのソリューション開発を手がけました。


TE はこのパートナー関係を通じて、より小型のバッテリー ケーブル向けの 30 A/60 A コネクタや 300 A 以上に対応する HVP 1100 コネクタなど、高電圧コネクタの試作品とサンプルを供給しました。TE をエンジニアリング チームに迎え入れることによって、Nikola 社では、バッテリー システムや水素燃料を動力源とするパワートレインの性能の最適化に必要とされる最適なコネクタとケーブル サイズを選択できるようになりました。たとえば、コネクタを抜去すると電流を確実に停止させる、高電圧インターロック (HVIL) が組み込まれた高電圧コネクタは、TE のエンジニアの助言を受けて選択されました。HVIL は、抜去状態で端子間に破壊的なアーク放電が発生することを防ぐ上で、非常に重要です。他の重要な回路との間で電磁干渉が発生しないよう、コネクタはすべてシールドと絶縁インサートによって、完全にシールドされています。バッテリー充電システムのため、ケーブル内には高電圧インターロック ラインが配置されており、ケーブルが切断され、電流が遮断されても、運転手や整備技師、第一応答者の安全を確保します。高電圧 (HV) ケーブル/コネクタは、最大で交流 600 V、直流 1,000 V に対応します。HVP ケーブル アセンブリ製品は、バッテリーとモータ、またはその他の装置の間を流れる 200 A までの電流に対応します。運転手や整備担当者が通電状態のケーブルに偶然触れることのないよう、高電圧ケーブルの銅より線の周囲と、編組シールドおよびアルミ箔シールド上には、シリコンで二重絶縁が施されています。


様々なシステムとディスプレイの間で大量のデータを伝送する、信頼性の高い手段を提供するためにも、TE の高速相互接続ソリューションが必要となりました。運転手の利便性と動作の効率化を最適化する上で、これらソリューションは重要な役割を果たしています。たとえば、TE チームは Nikola 社による IP6k9k USB Type C コネクタ設計をサポートしました。このコネクタは、車両のインフォテインメント ハードウェアを最適化して、トラックだけでなく Nikola 社の全車種でこの技術を利用できるようにするものです。


バッテリー用の高電圧サービス ディスコネクトを設計するにあたって、TE と Nikola 社は一次サプライヤとも協力して、試作コンセプト開発、設計が及ぼす影響の吟味、設計上の難問に関する試行錯誤とソリューションの模索を行いました。TE の Industrial & Commercial Transportation 部門 Chief Technology Officer、Joe Bolewitz は、こう述べています。「マニュアル サービス ディスコネクト (MSD) について言うなら、ヒューズ技術は現状、Nikola 社のトラックに求められる信頼性と堅牢性のレベルには至っていません。当時は該当する製品こそなかったものの、同社が必要とするインタフェースを探り出し、高電圧・高電流条件下における挙動を予測するための知識ならば、我々は十分に備えていました。このプロジェクトは、単純に製品を供給するだけではなく、目標実現のパートナー関係構築を目指すという意味合いも含んでいました」。

Nikola Two の内部。
Nikola Two の内部。高度な接続機能が搭載された運転室。
Nikola 社の電気・制御システム部門責任者、Varoujan Sarkissian の言葉より。
「これらの車両に搭載されている技術は、より優れた利便性をトラック運転手に提供できる可能性を秘めています」

TE の Senior Product Engineer、Dinesh Shah は、Nikola 社フェニックス工場での共同作業が成功のための鍵を握っていたと説明しています。「Nikola 社では、Nikola World 向けの完成車製造を間近に控え、時間的にかなり追い詰められていました。当社には、DEUTSCH コネクタを使ったハーネス構築や、自社製ハンド ツールを使った端子圧着、コネクタ キャビティへの収容に関するノウハウがあります。Nikola 社のエンジニアとの緊密な協力関係を通じて、彼らに不足していた知識を伝えたことによって、Nikola 社では完成までの所要時間を短縮し、約束した納期を守ることができました。緊密に連携できたこと、そして同社のニーズをより包括的に理解できたことで、設計目標の達成にあたって従来とは違った方策を考えるための手助けができるようになりました」。

 

Nikola 社では設計段階を終えて量産準備に入っており、TE は Nikola 社のコスト削減を支援するため、より安価な高電圧コネクタとケーブル アセンブリ製品の製造を進めています。高電圧 (HV) 製品の組み立てと製造には、かなりの時間と手間がかかります。作業員はケーブル被覆の除去、編組を扇状に展開、編組のトリミング、(工具を用いた圧着プレスによる) フェルール圧着、コンポーネント装着などを、手作業で行います。輸送業界を、より安全で、より生産的で、より持続可能なものにする、という一連のミッションは TE チームに、製造プロセスの自動化・改善の方法を探るというインスピレーションを与えました。

 

Nikola 社では、2022 年までに水素電気トラックを世に送り出すことを目標に据える一方、ゼロエミッション水素燃料電池トラックと水素充填ステーションのインフラを、輸送業界変革のための解決策として位置づけています。Bolewitz はさらに次のように述べています。「Nikola 社の気骨溢れる社風と、Trevor Milton CEO のリーダーシップには、深く感銘を受けました。設計を始めとして何事につけても、世界を変えようとする意気が感じられます。サプライ チェーンを通じて、彼らのエネルギーが何倍にも増幅されていくのが分かるでしょう。参加していて、実に素晴らしい活動だと感じました」。

Nikola One、Nikola Two、Nikola World は、Nikola Motor Company の商標です。

 
CAT-D487-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ コンポーネント対ワイヤ
  • 防水性 いいえ
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 オーバーモールド
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 バス バー
  • 列間スペーシング 4.45
  • ストレイン リリーフ アクセサリで追加
  • 極数 2
  • 列数 1
  • ブランク キャビティ位置 0
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 動作電圧 250
  • グレー
  • コネクタ コード 2
  • ケーブル出口角度 180°
  • ボディの材質 PA GF
  • 嵌合ピンの直径 1
  • 端子の定格電流 (最大) 7.5
  • コネクタ取り付けのタイプ Bulkhead
  • 取り付けの特徴 なし
  • 有極 はい
  • 端子位置保証 はい
  • ピッチ 4.19
  • 高さ 40.56
  • 20.83
  • 長さ 32.21
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 Signal
  • 保護等級 IP 68
  • UL 難燃性グレード UL-94 標準による 20 mm 燃焼試験
  • 認証/規格 SAE J2030
  • 実装方法
  • パッケージ数量 450
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
  • サービス可能 はい
CAT-D48-ST273 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用端子  1
  • 防水性 いいえ
  • ワイヤ タイプ
  • シールのタイプ ファミリ シール
  • 圧着タイプ O クリンプ
  • 通常の定格電流 7.5
  • 端子およびスプライスのタイプ Pin
  • 嵌合ピンの直径 1
  • 界面めっき スズ (Sn)
  • 端子結線面のめっき材質 ニッケル (Ni)
  • 結線方法 はんだ
  • Wire Size 4
  • Wire Size .5
  • ワイヤ サイズ検索 4
  • ワイヤ サイズ検索 .5
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • パッケージ数量 1
  • 実装方法 パッケージ
  • 端子伝導性 0 ~ 24 A (低出力)
  • 顧客の指定問い合わせ先 いいえ
CAT-D799-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ 電線対電線
  • 防水性 はい
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 ハウジング内に統合
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 ワイヤ&ケーブル
  • 列間スペーシング 5.49
  • ストレイン リリーフ アクセサリで追加
  • 極数 24
  • 列数 4
  • ブランク キャビティ位置 0
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 動作電圧 250
  • コネクタ コード A
  • ケーブル出口角度 180°
  • ボディの材質 PPS GF
  • 嵌合ピンの直径 1
  • 端子の定格電流 (最大) 13
  • コネクタ取り付けのタイプ Bulkhead
  • 取り付けの特徴 なし
  • 有極 はい
  • 端子位置保証 いいえ
  • ピッチ 4.4
  • 高さ 29.16
  • 53.34
  • 長さ 40.64
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • 保護等級 IP68
  • UL 難燃性グレード UL-94 標準による 20 mm 燃焼試験
  • 認証/規格 SAE J2030
  • 実装方法
  • パッケージ数量 125
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
  • サービス可能 はい
CAT-H396-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ 電線対電線
  • 防水性 はい
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 ハウジング内に統合
  • 極数 6
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • グレー
  • ケーブル出口角度 180°
  • 嵌合ピンの直径 .99
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • 保護等級 IP67
  • UL 難燃性グレード UL 94V-1
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
CAT-D487-W416 自動車用コネクタ ロックおよびTPA  1
  • アクセサリのタイプ TPA (端子位置保証)
  • 接続タイプ 電線対基板
  • 極数 2
  • オレンジ
  • 材質 PA GF
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • UL 難燃性グレード UL 94-HB
  • 実装方法 パッケージ
  • サービス可能 はい
CAT-AM7-FRB69 その他の有線ボックス  1
  • コンポーネント タイプ ヒューズ ホルダ
  • ヒューズのタイプ ミニ ATM ヒューズ
  • リレーのタイプ 280 プラグイン
  • 防水性 はい
  • ヒューズ数 (最大) 2
  • リレー数 (最大) 0
  • 極数 4
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 二次ロック いいえ
  • 端子の定格電流 (最大) 20
  • ピッチ 7.8
  • 動作温度 (最大) 125
  • 使用温度範囲 -40 – 125
  • 保護等級 IP67
CAT-D485-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ コンポーネント対ワイヤ
  • 防水性 はい
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 オーバーモールド
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 ワイヤ&ケーブル
  • 列間スペーシング 7.11
  • ストレイン リリーフ アクセサリで追加
  • 極数 2
  • 列数 1
  • ブランク キャビティ位置 0
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 動作電圧 250
  • グレー
  • コネクタ コード A
  • ケーブル出口角度 180°
  • ボディの材質 PA GF
  • 嵌合ピンの直径 1
  • 端子の定格電流 (最大) 7.5
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • 取り付けの特徴 あり
  • 有極 はい
  • 端子位置保証 はい
  • ピッチ 4
  • 高さ 35.56
  • 55.12
  • 長さ 43.69
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • 保護等級 IP 68
  • UL 難燃性グレード UL-94 標準による 20 mm 燃焼試験
  • 認証/規格 SAE J2030
  • 実装方法
  • パッケージ数量 200
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
  • サービス可能 はい
CAT-D487-H342 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ヘッダ  1
  • 接続タイプ 電線対デバイス
  • 防水性 はい
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • シールド処理済み いいえ
  • ハイブリッド ヘッダ いいえ
  • 極数 2
  • 列数 1
  • セクション数 2
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 定格電圧 (最大) 12
  • 定格電圧 (最大) 250
  • 動作電圧 250
  • グレー
  • コネクタ コード A
  • ピン径 1
  • 界面めっき スズ (Sn)
  • 結線方法 スルー ホール - はんだ付け
  • PCB マウント リテンション タイプ はんだテール
  • PCB マウント リテンション あり
  • パネル マウント機能 あり
  • PCB マウント アラインメント あり
  • 取り付け方向 垂直/180°
  • 取り付け穴 あり
  • ロック インタフェース あり
  • ピッチ 4.34
  • 35.3
  • 長さ 30.75
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 使用温度 (最大) 100
  • 保護等級 IP68
  • UL 難燃性グレード なし
  • パッケージ数量 200
  • パッケージのタイプ ボックス
CAT-D485-W416 自動車用コネクタ ロックおよびTPA  1
  • アクセサリのタイプ TPA (端子位置保証)
  • 接続タイプ 電線対基板
  • 極数 2
  • オレンジ
  • 材質 PBT GF
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 実装方法
  • サービス可能 はい
CAT-D486-CH8172 自動車、トラック、バス、およびオフロード車用ハウジング  1
  • コネクタのスタイル オス端子用ハウジング
  • 接続タイプ 電線対電線
  • 防水性 はい
  • ハイブリッド コネクタ いいえ
  • 一次ロックの特徴 ハウジング内に統合
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 ワイヤ&ケーブル
  • ストレイン リリーフ アクセサリで追加
  • 極数 2
  • 列数 1
  • ブランク キャビティ位置 0
  • 公称電圧アーキテクチャ 12
  • 動作電圧 250
  • 動作電圧 250
  • グレー
  • ケーブル出口角度 180°
  • ボディの材質 PA GF
  • 嵌合ピンの直径 2.39
  • 端子の定格電流 (最大) 25
  • コネクタ取り付けのタイプ Bulkhead
  • 取り付けの特徴 なし
  • 有極 はい
  • 端子位置保証 はい
  • ピッチ 6.71
  • 高さ 18.06
  • 18.59
  • 長さ 34.65
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • 保護等級 IP 68
  • UL 難燃性グレード UL-94 標準による 20 mm 燃焼試験
  • 認証/規格 SAE J2030
  • 実装方法
  • パッケージ数量 1200
  • コネクタ位置保証機構(CPA) いいえ
  • サービス可能 はい