ディスクリート NTC サーミスタ

NTC 温度センサ

TE Connectivity (TE) は、ディスクリート NTC (負の温度係数) サーミスタを設計製造する最先端の企業です。NTC には、ミニチュア サイズ、長期の高い安定性、高い精度・確度など、温度検知において多くの利点があります。当社の精密なディスクリート NTCサーミスタは、基本的なものから複雑なものまで多くの用途と環境条件の温度検知にソリューションを提供します。

NTC サーミスタの定義: セラミック材または金属材の抵抗特性を利用して温度を測定する温度センサ

製品の特長:

TE のディスクリート NTC サーミスタが提供する各種機能
  • 高精度と互換性
  • 実績のある長期の安定性と信頼性
  • 小型コンポーネント
  • 高速な応答時間
  • リード ワイヤ オプション
  • -80ºC ~ +300ºC の温度範囲で利用可能
  • カスタム プローブ アセンブリをご用意
オレンジ色罫線
orange bar

よくある質問 (FAQ)

Q: NTC の応答時間はどの程度ですか?

A: 応答時間は、サーミスタの温度が初期の温度差の 62% 変化するまでの時間として定義され、熱時定数で表されます。センサの体積が小さくなるほど、応答速度が速くなります。ディスクリート型センサの応答時間は、金属ハウジングの中に実装された同一のセンサより高速です。シリーズ I NTC サーミスタ センサの通常の応答時間は 15 秒です。

 

Q: 小型の NTC はありますか?

A: エポキシ被膜されたディスクリート型の通常のサイズは、最大外径 0.95 インチです。小型のガラス センサの場合、最大外径は 0.15 インチです。

 

Q: NTC センサの安定性はどの程度ですか?

A: センサの安定性定格は、センサ ファミリによって異なります。 エポキシ被膜の NTC は、密閉シール済みガラス NTC センサに比べて安定性が劣ります。

 

詳しくは、 NTC サーミスタ温度センサに関するよくある質問を (FAQ) ご覧ください。

  1. NTC 101 ウェビナー (英語)

NTC 101: 負温度係数 (NTC) センサの基本、技術の比較、用途など

適用事例

  • 医療: カテーテル、腎臓透析、患者監視
  • 航空宇宙 & 防衛: 衛星、ミサイル、宇宙機、航空機、大気監視
  • HVACR: 空気流量、モバイルまたはケース冷蔵庫、火災検知、ビル管理
  • アプライアンス: 衣類乾燥機、コーヒー メーカー、工業用オーブン、プールまたはスパ制御
  • 計器: 液体・大気・気体の検知、化学分析、計量監視
  • 自動車: キャビン温度調節、シート ヒーター、外気温監視
追加リソース
追加リソース