Christian Manko
Christian Manko
電気エンジニア兼 MBA ホルダーとしては、お客様と密接に協力すること、新しい技術を市場に送り出すことに楽しさを覚えます。

2017 年 8 月に TE に入社して以来、Christian Manko はトラック、バス、オフロード車業界向けの新しいデータ コネクティビティ製品の開発に尽力しています。 TE に入社する前の数年間、Christian はトラック業界に身を置き、先進運転者支援システムのエンジニアリング部門でプロジェクトを管理していました。そこでの主な業務は、トラックの安全性と効率を向上させることでした。その職務経験とエンジニアリングおよびビジネスに関する学歴により、Christian は TE の産業および商業輸送事業部門の信頼されるエキスパートになりました。彼は車両のインフォテインメントおよびテレマティックス システムに精通しています。データ コネクティビティ システムを構成する要素はもちろん、それらすべてがどのように協調して働くかも理解しています。 

1

TE に入社しようと思った理由は何ですか?

私はお客様と密接に協力する機会を求めていました。2016 年に MBA を取得した後、これまで学校で学んできたことを生かしてチャレンジする時期が来たと感じました。エンジニアリングは私のバックグラウンドですが、ビジネス スキルも使用したいと思っていました。今日、私はプロダクト マネージャとして、会社の多くの職能の範囲で働くようになりました。今はエンジニアリングの仕事だけでなくビジネス対ビジネスの仕事にも関わっており、それを楽しんでいます。TE は世界的リーダーであり、非常にダイナミックな会社なので、自分の可能性を最大限に発揮できる機会が豊富にあります。

2

現時点でお客様にとって最大の課題とは何でしょうか?

私のお客様は 3 つの大きな課題に直面しています。1 つ目は、より安全な車両を開発しなければならないことです。たとえば、トラックの場合は、衝突時に運転手を守るだけでなく、道路上の他の車や歩行者を含むすべての人の安全性も高める必要があります。生産性を向上させることも課題の 1 つです。オンハイウェイ車両のお客様は、交通渋滞を緩和し、効率を向上させたいと望んでいます。農場のコンバインや収穫機といったオフハイウェイ車両のお客様は、より一層の効率化と無駄の排除に関心を寄せています。3 つ目の課題は、車両の総所有コストを低減することです。多くのお客様は、予防診断や遠隔診断によって総所有コストの低減に取り組んでいます。お客様が直面しているこれらすべての課題には、高速なデータと信頼性の高いコネクティビティ製品が必要であり、これは TE が得意とする領域です。

3

今から 10 ~ 20 年後に、トラック、バス、オフロード車の業界はどのようになっていると想像しますか?

今後 10 年以内に、自動運転可能な車両がハイウェイを走ることを期待しています。まだ運転手なしとまではいきませんが、運転手は必要なときだけ車両の運転に介入します。20 年経つと、運転手不要で完全に自律的に走行する車両が登場する可能性があります。ハブ間を結ぶ車両など、ある特定の状況においては、完全自律車両は意外に早く実現されるのではと期待しています。オフハイウェイにおいても、今後 10 ~ 20 年のうちに自律車両が使用される可能性があります。たとえば、作物の収穫は自律車両によって行われます。自律性を持たせる範囲は、最初はこの技術によって扱われる小さいプロセスのみに限られるでしょう。時間が経つにつれて自律プロセスは拡大し、最終的に運転手なしの車両によって運転全体が処理されるようになると思います。自律車両の早期の実現を妨げる要因の 1 つは、この技術に伴うコストです。自律技術によってもたらされる利点がコストを上回る必要があります。

4

最も楽しいと思う業務は何ですか?それはなぜですか?

新しい革新的な製品を開発することです。電気エンジニア兼 MBA ホルダーとしては、お客様と密接に協力すること、新しい技術を市場に送り出すことに楽しさを覚えます。また、あらゆる種類の商用車両のお客様と仕事ができるのも楽しいものです。私が担当するお客様は、ある特定の会社一社だけ、あるいは 1 つの決まった業界だけということはありません。トラック輸送、建設、採掘、農業、その他の重工業のお客様と向き合い、課題の解決策を探し求めています。また、職務上、社内・社外を問わずいろいろな人と出会い、仕事を共にする機会にも恵まれています。そのおかげで、仕事が非常に面白く、やりがいのあるものとなっています。すべてのピースをつなぎ合わせて解決策を導き出すこと、お客様に並外れた体験を提供すること - そういうことに喜びを感じます。

 

5

何があなたの刺激になっていますか?

自分自身がビジネスの中心にいるということです。この中心で、私の仕事は会社の成長につながり、さらには安全性や持続可能性が高く密につながった世界の実現に貢献しています。以前の職場では、歩行者や自転車に乗っている人を直接救うトラックのシステムに携わっていましたが、今はこのシステム全体のもっと小さな歯車に関わっています。TE での職務では、この微小な宇宙の中で自分の仕事が製品ラインナップの拡大や事業の成長に直接どのように影響し、それが会社の存続や同僚の仕事の確保にどのように役立っているかを知ることができます。

Christian Manko
Christian Manko
電気エンジニア兼 MBA ホルダーとしては、お客様と密接に協力すること、新しい技術を市場に送り出すことに楽しさを覚えます。

2017 年 8 月に TE に入社して以来、Christian Manko はトラック、バス、オフロード車業界向けの新しいデータ コネクティビティ製品の開発に尽力しています。 TE に入社する前の数年間、Christian はトラック業界に身を置き、先進運転者支援システムのエンジニアリング部門でプロジェクトを管理していました。そこでの主な業務は、トラックの安全性と効率を向上させることでした。その職務経験とエンジニアリングおよびビジネスに関する学歴により、Christian は TE の産業および商業輸送事業部門の信頼されるエキスパートになりました。彼は車両のインフォテインメントおよびテレマティックス システムに精通しています。データ コネクティビティ システムを構成する要素はもちろん、それらすべてがどのように協調して働くかも理解しています。 

1

TE に入社しようと思った理由は何ですか?

私はお客様と密接に協力する機会を求めていました。2016 年に MBA を取得した後、これまで学校で学んできたことを生かしてチャレンジする時期が来たと感じました。エンジニアリングは私のバックグラウンドですが、ビジネス スキルも使用したいと思っていました。今日、私はプロダクト マネージャとして、会社の多くの職能の範囲で働くようになりました。今はエンジニアリングの仕事だけでなくビジネス対ビジネスの仕事にも関わっており、それを楽しんでいます。TE は世界的リーダーであり、非常にダイナミックな会社なので、自分の可能性を最大限に発揮できる機会が豊富にあります。

2

現時点でお客様にとって最大の課題とは何でしょうか?

私のお客様は 3 つの大きな課題に直面しています。1 つ目は、より安全な車両を開発しなければならないことです。たとえば、トラックの場合は、衝突時に運転手を守るだけでなく、道路上の他の車や歩行者を含むすべての人の安全性も高める必要があります。生産性を向上させることも課題の 1 つです。オンハイウェイ車両のお客様は、交通渋滞を緩和し、効率を向上させたいと望んでいます。農場のコンバインや収穫機といったオフハイウェイ車両のお客様は、より一層の効率化と無駄の排除に関心を寄せています。3 つ目の課題は、車両の総所有コストを低減することです。多くのお客様は、予防診断や遠隔診断によって総所有コストの低減に取り組んでいます。お客様が直面しているこれらすべての課題には、高速なデータと信頼性の高いコネクティビティ製品が必要であり、これは TE が得意とする領域です。

3

今から 10 ~ 20 年後に、トラック、バス、オフロード車の業界はどのようになっていると想像しますか?

今後 10 年以内に、自動運転可能な車両がハイウェイを走ることを期待しています。まだ運転手なしとまではいきませんが、運転手は必要なときだけ車両の運転に介入します。20 年経つと、運転手不要で完全に自律的に走行する車両が登場する可能性があります。ハブ間を結ぶ車両など、ある特定の状況においては、完全自律車両は意外に早く実現されるのではと期待しています。オフハイウェイにおいても、今後 10 ~ 20 年のうちに自律車両が使用される可能性があります。たとえば、作物の収穫は自律車両によって行われます。自律性を持たせる範囲は、最初はこの技術によって扱われる小さいプロセスのみに限られるでしょう。時間が経つにつれて自律プロセスは拡大し、最終的に運転手なしの車両によって運転全体が処理されるようになると思います。自律車両の早期の実現を妨げる要因の 1 つは、この技術に伴うコストです。自律技術によってもたらされる利点がコストを上回る必要があります。

4

最も楽しいと思う業務は何ですか?それはなぜですか?

新しい革新的な製品を開発することです。電気エンジニア兼 MBA ホルダーとしては、お客様と密接に協力すること、新しい技術を市場に送り出すことに楽しさを覚えます。また、あらゆる種類の商用車両のお客様と仕事ができるのも楽しいものです。私が担当するお客様は、ある特定の会社一社だけ、あるいは 1 つの決まった業界だけということはありません。トラック輸送、建設、採掘、農業、その他の重工業のお客様と向き合い、課題の解決策を探し求めています。また、職務上、社内・社外を問わずいろいろな人と出会い、仕事を共にする機会にも恵まれています。そのおかげで、仕事が非常に面白く、やりがいのあるものとなっています。すべてのピースをつなぎ合わせて解決策を導き出すこと、お客様に並外れた体験を提供すること - そういうことに喜びを感じます。

 

5

何があなたの刺激になっていますか?

自分自身がビジネスの中心にいるということです。この中心で、私の仕事は会社の成長につながり、さらには安全性や持続可能性が高く密につながった世界の実現に貢献しています。以前の職場では、歩行者や自転車に乗っている人を直接救うトラックのシステムに携わっていましたが、今はこのシステム全体のもっと小さな歯車に関わっています。TE での職務では、この微小な宇宙の中で自分の仕事が製品ラインナップの拡大や事業の成長に直接どのように影響し、それが会社の存続や同僚の仕事の確保にどのように役立っているかを知ることができます。