高電圧コンタクタ

高電圧コンタクタ: 安全な接続と取り外し

当社の自動車用コンタクタは、駆動用バッテリーの安全な取り外しと接続ができるように設計されています。当社のラインナップには、EVC 175、EVC 250、EVC 250-800 の各モデルがあります。当社の EVC 135 および EVC 500 コネクタは、高速かつ信頼性の高い電流スイッチングを実現します。当社のMini K-HV プリチャージ リレーは、DC 高電圧電源システムに、コスト効果、安全性、軽量性に優れたソリューションを実現します。当社の自動車用コンタクタはハイブリッド車や電気自動車、燃料電池自動車や充電システムに必要とされる厳しいスイッチング要求に適合しております。

よくある質問 (FAQ)

自動車用コンタクタ

Q: リレーとコンタクタの違いは何ですか。
A: 一般的にはどちらの用語も同じ物理的原則で機能する電気機械スイッチング素子を指しています。これらの電気機械スイッチング素子では、電気接点を機械的に操作する磁力を発生するためにコイルが使用されています。低出力から中出力のデバイスを扱うさまざまな業界では普通「リレー」と呼ばれ、高出力の領域では「コンタクタ」が一般的です。リレーに使われているヒンジ付きのアーマチュア設計とは対照的に、磁気「モータ」はコンタクタのコイル ボディの中心にあるプランジャーによって実現されます。

 

Q: 新世代のコンタクタはガスを充填する必要がありません。ガス充填のいらないコンタクタにはどのような利点がありますか?また、ガスを充填したコンタクタには破裂の可能性がありますか。
A: スイッチング接点の保護およびスイッチング アークの迅速な消弧を目的として、多くのコンタクタには加圧した不活性ガスが充填されています。通常は窒素または水素が使われますが、産業用途では SF6 (六フッ化硫黄) も使われています。その一方で、コンタクタの製品寿命を通じてガスを確実に保持しなければならず、加圧されたガスの充填にはその設計と製造過程に多大な労力が必要とされます。当然のことながら、コンタクタはハーメティック シールされなければなりません。また、過電流や短絡が発生した場合には、非常に強力なアーク放電によって接触チャンバ内部に過剰な気体圧力が生じ、遮断の危険もあります。TE の最新のコンタクタはガス充填のいらない設計で、ハーメティック シールの必要もありません。これらの設計は汚染に対しても環境的に保護されており、ガス交換および内外の圧力等化が可能であるため、極度のアーク放電においても遮断のリスクは実質的に解消されます。

 

高電圧自動車用コンタクタおよびリレーに関する他の FAQ を読む

  1. 高性能をより小さく、より安全に実現します。(英語)

当社の次世代コンタクタを紹介する概要ビデオ。TE の EVC 250 は、ハイブリッド車や電気自動車、燃料電池自動車、さらにはオンボードの充電システムで使用するコンパクトな高電圧コンタクタであり、加圧接触チャンバなしで動作します。