ハイ パフォーマンス インターコネクト (HPI)

汎用性を重視した設計

ハイ パフォーマンス インターコネクトは、汎用性を確保するため垂直および水平 (ライト アングル) のコネクタ取り付けに対応しています。また、角形ペグ技術を採用しているため、業界内で流通している多くの同様の製品に嵌合できます。1 列および 2 列のポスト ヘッダにはさまざまな色が揃っており、システムを色によって識別できます。1 列コネクタは 2 ~ 16 極で、2 列コネクタは 10/20/30/40 極バージョンを取り揃えています。電線対基板 HPI コネクタ システムには、1.0 mm、1.5 mm、2.0 mm、2.5 mm、3.96 mm のピッチ幅をご用意しています。

新しい 1.0 mm ロッキング HPI コネクタ

当社の 1.0mm ピッチ ロッキング HPI ソリューションは、信頼性が高くて安全な電線対基板信号または低電力接続を必要とする薄型用途の要件に対応します。ロック機能がプラグ アセンブリとリセプタクルとの嵌合接続を強化し、クリック音と触感で嵌合を確認できます。このロックによって偶発的な抜去のリスクが軽減されます。

 

  • 最大 1A の電力
  • 過酷な環境での用途における腐食からの保護に役立つ金めっきオプションをご用意

製品の特長

ハイ パフォーマンス インターコネクト (HPI)
  • 高性能と高い信頼性
  • 角型ペグ スタイルにより、競合他社の製品とも相互に交換可能
  • ヘッダ + COSI (CRIMP-ON/SNAP-IN) コネクタ
  • 極性付き
  • 嵌合時にクリック音が鳴るポジティブ ラッチ機構
  • システムを色分けできるようにさまざまな色をご用意
  • AWG 30-24

2-16

1 列コネクタのポジションの範囲

10-40

2 列コネクタのポジションの範囲

ライト アングル
ハウジングは PCB と平行に嵌合
垂直
ハウジングは PCB と垂直に嵌合
スルー ホール (DIP)
あらかじめ穿孔された PCB のドリル穴に PCB タインを挿入してボード底面にはんだ付けすることで PCB に取り付け。
サーフェス マウント (SMT)
PCB の上部に PCB タインをはんだ付けするはんだ付けプロセスによって PCB に取り付け。
角型結線ポスト
この設計は業界標準であり、TE の製品を他の業界標準製品と交換可能です。
極性付きコネクタ
PCB ヘッダとケーブル側リセプタクル ハウジングが正しく嵌合します。

よくある質問

Q: どのようなゲージ ワイヤを利用できますか?
A: TE の HPI 製品は 22 ~32 AWG のディスクリート ワイヤに対応しています。AWG 番号が大きいほどディスクリート ワイヤの直径は小さくなることに注意してください。たとえば、32 AWG は 22 AWG より直径が小さいため、電流容量も低くなる可能性があります。

 

Q: HPI コネクタは信号または低電力をデバイス全体に伝達しますか?
A: HPI 製品は、多くの業界のさまざまな用途で信号または低電力の伝達に使用できるシンプルな相互接続ソリューションです。

 

ハイ パフォーマンス インターコネクト (HPI) の詳細を読む