TE 丸端子 / Y端子

信頼性の高い電気接続用の丸端子 / Y端子

TEは、幅広いサイズで製造されたさまざまな種類の丸端子とY端子を提供しています。丸端子 (マルタン、丸型端子、リング端子とも呼ばれます) は、配線をスタッドまたはねじ接続部に接合する電気端子です。一方の側には閉じた圧着バレルまたは開いた圧着バレルが付いており、ここでワイヤと電気的に接続します。もう一方の側はリング状のトングで、この部分のリングを接続部に通してボルトまたはねじで機器に固定します。Y端子 (Y型端子やスペード端子とも呼ばれます) は、ねじまたはスタッドに接続された単一のワイヤを接合または切り離します。その形状はフォークに似ており、電気接続部への接続または切り離しを簡単に行うことができます。Y端子は、接続の脱着時にねじやボルトを完全に外す必要がなく、少し緩めるだけでよいため、電気ワイヤをすばやく接続するのに便利です。

当社では、幅広いサイズと種類の丸端子を製造しています。 当社の丸端子の製品ラインナップには、絶縁リング、非絶縁リング、オープン リング、クローズ リング、バレル、ビニル リング、ナイロン リング、熱収縮リング、高耐熱性リングが含まれています。リング ラグの適切なサイズを決定するには、まずリングに接続するワイヤ ゲージとスタッド サイズを知る必要があります。もう 1 つの留意事項は、丸端子が使用される環境要因を理解することです。これにより、どのような種類の絶縁が必要となるかがわかります。丸端子は、リング トング端子や熱収縮端子とも呼ばれています。

 

最後の留意事項は、適切な圧着工具を使用することの重要性です。工具と端子は組み合わせて機能するように入念に設計されており、強力な電気的性能と機械的性能が得られるようにワイヤを圧着します。手動による圧着や大量生産用の自動圧着装置など、ニーズに合った適切な圧着技術と工具を選択してください。丸端子は通常、接地目的に使用されます。

 

当社のラグ端子は、カスタマイズ可能な特性、複数のスタッド穴、ライトアングル、オフセット リング、角型トングのオプションを備えています。当社の丸端子 (熱収縮端子と呼ばれることもあります) は、運輸業界や自動車業界でコンタクタや機械リレーをエンジンなどの回路に接続するためによく使用されています。スタッドとリング形状の組み合わせはねじ留めで接続でき、不用意に外れるリスクが小さいため、リング トング端子は広く普及しています。

当社のY端子の製品ラインナップには、スプリング スペード端子、スペグ端子が含まれています。ード トング端子、スペード フランジ トン 電気コネクタとして広く使用されているY端子 (Y型端子スペード コネクタとも呼ばれます) は、独特なフォーク型の形状をしており、スペースが限られている場合にも簡単に取り付けることができます。特徴がさまざまに異なるY端子の中から適切なものを選ぶには、まずY端子をどこでどのように使用するかを明確にすることをお勧めします。絶縁Y端子を評価する際は、どの種類の端子が目的の用途やゲージ サイズ (これらが最も重要な基準です) に最適であるかを検討してください。ゲージ サイズとスタッド サイズは、使用する配線のタイプによって決まります。Y端子は業界標準の色分けがなされており、目的の用途に最適なワイヤを決定するのに役立ちます。当社のY端子は、カスタマイズ可能な特性と複数のスタッド穴オプションを備えており、メス型コネクタとオス型コネクタの両方のタイプがあります。当社のY端子は、自動車、農業機械、船舶の電気接続に使用されています。