KMZ

磁気位置センサ

異方性磁気抵抗 (AMR) センサは、センサによって検出された磁場の角度の変化を測定する、高精度の非接触型デバイスです。TE Connectivity (TE) の磁気センサは、苛酷な環境で堅牢な非接触型位置測定を可能にします。たとえば、AMR 効果の独自の機能により、車両によって引き起こされた地磁場での小さな障害のトラフィック検知センサによる検出、および高精度線形エンコーダでのサブ マイクロメータ変位の測定が可能になります。また、空気圧シリンダでのエンド ポイント検知などの高度な検知にも、AMR 技術を使用できます。

AMR

異方性磁気抵抗

異方性磁気抵抗 (AMR) センサを使用すると、物理的な接触を介さずに、正確で信頼性の高いデータを取得できます。優れた再現性、迅速な応答時間、高いスイッチング周波数を備えています。

AMR 位置センサによる回転測定の描出
AMR 位置センサによる線形変位の描出
AMR 位置センサによる存在検出の描出
オレンジ色罫線

製品の特長

TE の磁気センサが備える各種機能
  • 卓越した再現性
  • 迅速な応答時間
  • 高いスイッチング周波数
  • 堅牢、低コスト、ロータリーおよび線形エンコーダ
  • 特許取得済みの温度非依存スイッチング磁場
  • 磁場方向に依存、実際の磁場強度にはほとんど非依存、温度およびエージングの作用を最小化
  • 漂遊磁界が均一化され、測定が高精度になるため、過酷な環境に最適
  • 1、2、2.5、および 5mm の極間隔。必要に応じて極間隔を使い分け
  1. KMXP シリーズ AMR 位置センサのウェビナーのビデオ

磁気抵抗センサ技術、KMXP シリーズの特徴と利点、このセンサが役立つ用途や業界について説明します。

オレンジ色罫線