DEF センサ

DEF センサ

TE Connectivity (TE) は、流体を測定するための独自の技術を提供します。当社の音叉技術を効率的なソフトウェア アルゴリズムと組み合わせて、粘度、密度、比誘電率の正確な測定を可能にします。専用の用途として、オイル (エンジン、液圧、トランスミッション) や流体のモニタなどがあります。当社の尿素品質センサは超音波技術 (UST) により、ディーゼル排気流体 (DEF) を分析して尿素水の濃度を測定し、選択的触媒還元 (SCR) システムへの液体の誤充填を防止する機能を提供します。液面検知のために、当社の信頼性の高いリード スイッチ技術と温度測定を組み合わせています。

製品の特長:

TE の流体特性センサの主な機能
  • 単一のデバイスから多数の特性を測定するカスタマイズ可能なセンサ
  • 複合レベル センサ、温度センサ、フィルタ、DEF ドローおよびリターン ヒーター。カラー、バヨネットまたは SAE ロック リング ヘッダ
  • 各種サイズに対応
  • 高い信頼性
  • DEF フィードおよびリターン接続をヘッダに組み込み可能
  • リード スイッチ技術
  • 品質センサが一体化されたさまざまな構成が可能
  1. 安全で環境に優しくスマートなコネクテッド カー (英語)

お客様と協力して、排ガスの抑制に TE がどのように取り組んでいるかを Marcus Schulte がご説明します。その一例は、ディーゼル エンジンによる温室効果ガス発生量を削減する浄化システムの品質と尿素濃度を測定するために開発されたセンサです。