スプリング フィンガ – モバイルの内部コネクタ

モバイルの内部コネクタ

シールド フィンガ、グラウンディング スプリング、ユニバーサル グラウンド コンタクト、クリップとも呼ばれるスプリング フィンガ端子は、あらゆる産業分野のどのようなタイプの小型プリント基板用途でも使用できます。アンテナ給電、低電圧電気接続用途をはじめ、スピーカ、モータ、マイクロホンなどの振動を伴う部品から発生する EMI ノイズや静電気を防止するアースとしても使用できます。お客様のあらゆるニーズにお応えできるよう、当社では幅広いスタイル、高さ、材料を取り揃え、スプリング フィンガ端子製品の拡張を続けています。

新製品: 超小型スプリング フィンガ

  • 市場で最も小さい設置面積により PCB の貴重なスペースを有効利用 
  • 閉ループ コンタクト設計により、PCB への確実な接続、優れた垂直抗力、大きな電流容量 (1.5A) を実現
  • 堅牢な側壁によって過剰な圧縮を最小限に抑制
  • スプリング フィンガの側壁内部にコンタクトのチップを固定することにより、専用の浮き上がり防止設計でアセンブリの効率を改善し、アセンブリの際に作業者の手袋にコンタクトが引っかかる事態を防止
  • ピックアンドプレイス領域は自動アセンブリ プロセスに対応
超小型スプリング フィンガ

製品の特長

スプリング フィンガ端子の仕様
  • デバイスと PCB の間でアースとして使用
  • モータ、スピーカ、マイクロホンなど、デバイス内部で振動の発生源となる可能性のあるあらゆる部品にシールドを提供
  • あらゆるタイプのデバイスで、費用対効果の高いアンテナ給電ソリューションを提供
  • PCB 上での省スペースを実現
  • 単純なスタック用途において一次 PCB と二次 PCB 間を接続するために使用
  • 0.4 mm から最大 7 mm の高さで提供
  • 標準的な装置を使用したはんだ付けとピック アンド プレースに対応

よくある質問

Q: プリロード スプリング フィンガを使用する理由は何ですか?
A: プリロード スプリング フィンガを使用すると、小さな圧縮量で同じ量の力が得られ、偏向が小さい安定した電気接触を維持できます。これらの特徴は、高さに制限のある用途に役立ちます。

 

Q: 目的の用途に最適なスプリング フィンガのスタイルはどれですか?
A: スプリング フィンガは通常、ボードに最後に取り付ける部品の 1 つです。どのタイプを使用するかはボードに残された高さとスペースによって異なりますが、通常は設計上のニーズに基づいて決定します。

 

スプリング フィンガー端子に関する他の FAQ を見る

 

  1. スケーラブルなスプリング フィンガー端子 (英語)

当社のスプリング フィンガ (シールド フィンガ、アース フィンガ、汎用端子と呼ぶこともあります) の全貌。

  • 薄型ソリューション (英語)

これらの汎用端子は設置面積がすべて同じであるため、設計の変更が必要になった場合でも簡単に新しいサイズに交換できます。
Eric Himelright,
副社長、製品開発担当
スケーラブルなスプリング フィンガー端子