この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • パワー リレーのタイプ  標準

電気的特性

  • 端子の制限遮断電流 (A) 15, 20, 30

  • コイル磁気システム  単安定、DC

  • コイル電力定格のクラス (mW) 800 – 1000, 1000

  • コイル電力定格のクラス (VA) .5 – 1

  • コイル電力定格 DC (mW) 900, 1000

  • コイル抵抗 (Ω) 25, 81, 144, 155, 225, 324, 380, 576, 660, 2304, 2560, 12100

  • コイルの特殊な特徴  UL コイル絶縁クラス F

  • コイル定格電圧 (VDC) 5, 9, 12, 15, 18, 22, 24, 48, 110

  • 端子のスイッチング負荷 (最小)  1000mA @ 5V, 1A @ 5V

  • 端子のスイッチング電圧 (最大) (VAC) 277

  • 端子のスイッチング電圧 (最大) (VDC) 28, 30

  • 端子の定格電圧 (VAC) 277

  • 端子の定格電圧 (VDC) 9, 30

  • コンタクト/コイル間の絶縁初期耐圧 (Vrms) 2500

  • 端子の制限連続電流 (A) 15, 20, 30

  • コンタクト/コイル間の絶縁クリーページ  6.36 mm [ .25 in ]

  • 端子の制限投入電流 (A) 15, 20, 30

  • 絶縁の初期抵抗 (MΩ) 1000

  • 隣接する端子間の絶縁初期耐圧 (Vrms) 1500

  • 絶縁クリーページのクラス (mm) 3 – 5.5, 5.5 – 8

  • 端子の制限短時間電流 (A) 15, 20, 30

  • 開端子間の絶縁初期耐圧 (Vrms) 1500

  • コイル/端子クラス間の絶縁初期耐圧 (V) 1500 – 2500

ボディの特徴

  • 重量 (g) 26, 33

  • 重量 (oz) .918, 1.164

  • 絶縁体の特殊な特徴  コンタクト/コイル間の 6000V 初期サージ耐電圧

端子の特徴

  • 接点配置  1 フォーム A (NO), 1 フォーム B (NC), 1 フォーム C (CO)

  • 端子電流のクラス (A) 10 – 20, 16, 20 – 30

  • Contact Current Rating (Max) (A) 15, 20, 30

  • 端子の材質  AgCdO, AgSnOInO

  • 極の端子数  1

  • 端子のタイプ  PCB-THT, クイック コネクト

機械的アタッチメント

  • リレーの取り付けのタイプ  パネル マウント, フランジ マウント, プリント基板

寸法

  • 幅のクラス (メカニカル) (mm) 25 – 30

  • 長さ  32.5 mm [ 1.281 in ]

  • 絶縁クリアランスのクラス (mm) 2.5 – 4

  • 幅 (mm) 27.4

  • 幅 (in) 1.079, 1.08

  • コンタクト/コイル間の絶縁クリアランス  3.18 mm [ .125 in ]

  • 高さのクラス (メカニカル) (mm) 20 – 25, 25 – 30

  • 高さ (mm) 20.4, 27.9

  • 高さ (in) .803, .805, 1.098

  • 長さのクラス (メカニカル) (mm) 30 – 35

使用条件

  • 保護の環境カテゴリ  RT0, RTI, RTII, RTIII

  • 環境気温のクラス (°C) 70 – 85

  • 環境気温 (最大) (°C) 85

  • 環境気温 (最大) (°F) -40, 185

実装の特徴

  • 実装方法  Package, Tray, バンドル, ボックスおよびトレイ

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。