1410968-3 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT2 7RW RTM DC DF CT 1410968-3
active
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 144
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410971-3 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 7RW H-LFT RTM 1410971-3
active
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 56
  • 列数 7
  • 列数 8
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410147-2 高速バックプレーン コネクタ
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 .8 DC DF CT 7 ROW 1410147-2
active
ANSI/VITA 41.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 105
  • 列数 7
  • 列数 15
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410190-3 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 7RW DC SE CT RT2 1410190-3
active
ANSI/VITA 46.0 SOSA
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 112
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410147-1 高速バックプレーン コネクタ
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 7RW DC DF CT 1410147-1
active
ANSI/VITA 41.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 105
  • 列数 7
  • 列数 15
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410188-3 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 7RW DC DF F-RGT 1410188-3
active
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 112
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410964-1 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 .8" BP FULL CNT 1410964-1
active
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 135
  • 列数 9
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410140-2 高速バックプレーン コネクタ
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 .8" BP FULL CNT 1410140-2
active
ANSI/VITA 41.0 ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 嵌合構成および抜去構成 Make First/Break Last
  • 極数 144
  • 列数 9
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410135-1 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 .8" BP FULL CNT 1410135-1
active
ANSI/VITA 41.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 135
  • 列数 9
  • 列数 15
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410975-4 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT2 7RW DC RTM CT 1410975-4
active
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 112
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410189-3 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 7RW H-LFT,ET2 1410189-3
active
ANSI/VITA 46.0 SOSA
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • 防水性 いいえ
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 信号配置 差動信号およびシングル エンド
  • バックプレーン モジュールのタイプ 左半分
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • シグナル極数 4
  • 嵌合構成および抜去構成 Make First/Break Last
  • パワー極数 6
  • 極数 56
  • 列数 7
  • 列数 8
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • カード スロットの中心線 20.3
  • アース ポジション数 11
  • 列ごとのペア数 2
  • Operating Voltage 50
  • Operating Voltage 50
  • データ レート ≤12
  • 列ごとの差動ペア数 2
  • 差動インピーダンス 100
  • 端子のベース材質 ブラス、りん青銅
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 端子嵌合面の長さ 1.41
  • 端子レイアウト マトリックス
  • プリント基板に対する結線方法 スルーホール - 圧入
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410142-2 高速バックプレーン コネクタ
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 .8" BP FULL RGH 1410142-2
active
ANSI/VITA 41.0 ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 144
  • 列数 9
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410975-3 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT2 7RW DC RTM CT 1410975-3
active
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 112
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410186-1 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 .8" BP H-LFT 1410186-1
active
ANSI/VITA 46.0 SOSA
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 72
  • 列数 9
  • 列数 8
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410142-1 高速バックプレーン コネクタ
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 .8" BP FULL RGH 1410142-1
active
ANSI/VITA 41.0 ANSI/VITA 46.0 SOSA
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 144
  • 列数 9
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410189-4 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 7RW H-LFT,ET2 1410189-4
active
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • 防水性 いいえ
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 信号配置 差動信号およびシングル エンド
  • バックプレーン モジュールのタイプ
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • シグナル極数 4
  • 嵌合構成および抜去構成 Make First/Break Last
  • パワー極数 6
  • 極数 56
  • 列数 7
  • 列数 8
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • カード スロットの中心線 20.3
  • アース ポジション数 11
  • 列ごとのペア数 2
  • Operating Voltage 50
  • Operating Voltage 50
  • データ レート ≤12
  • 列ごとの差動ペア数 2
  • 差動インピーダンス 100
  • 端子のベース材質 ブラス、りん青銅
  • PCB 端子結線面のめっき材料
  • 端子の下地めっきの材料 ニッケル
  • PCB 端子結線面のめっき材料の仕上げ マット
  • PCB 端子結線面のめっき材料の厚さ .5
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 端子嵌合面の長さ 1.41
  • 端子レイアウト マトリックス
  • プリント基板に対する結線方法 スルーホール - 圧入
  • PCB マウント リテンション タイプ アクション/コンプライアント テール
  • PCB マウント リテンション あり
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • 耐久性定格 500
1410140-1 高速バックプレーン コネクタ
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 .8" BP FULL CNT 1410140-1
active
ANSI/VITA 41.0 ANSI/VITA 46.0 SOSA
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 144
  • 列数 9
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
  • コメント J6 の物理的なポジションが使用されていない場合、または FO コネクタなど、MULTIGIG RT 以外のコネクタがこのポジションに装荷されている場合、コネクタ J5 ではコネクタ J6 を使用します。
1410187-4 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 7RW DC DF CT 1410187-4
active
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 112
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410187-3 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 7RW DC DF CT 1410187-3
active
ANSI/VITA 46.0 SOSA
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 112
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410135-2 高速バックプレーン コネクタ  1
PRODUCT
  1. コネクタ
  2. 高速バックプレーン コネクタ
  1. MULTIGIG RT T2 .8" BP FULL CNT 1410135-2
active
ANSI/VITA 41.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 135
  • 列数 9
  • 列数 15
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル