明るい工場

用途

Industry 4.0 センサ

TE Connectivity (TE) では、過酷な環境および低電流消費対応パッケージの産業用センサを製造しています。Industry 4.0 の成長を実現するさまざまな測定タイプが用意されています。

センサで実現するスマート ファクトリ

センサにより、測定特性を読み取って不具合を予測し、レベルを監視して効率を高め、スマート ファクトリを作り出すことができます。過酷な環境条件における正確な測定値により、センサの利用範囲はさまざまな種類の機器やプロセスに及んでいます。複数のデジタル出力信号の小型センサから無線センサ技術まで、TE では、Industry 4.0 と産業界のモノのインターネット (IIoT ) を実現するさまざまなソリューションを取り揃えています。

IIoT センサ ベクトル
オレンジ色罫線

監視のトレンド

長期間にわたりセンサの出力信号を監視すると、機器障害の本質を把握することができます。振動耐性から温度上昇まで、特性の変化に伴う性能低下や部品交換の必要性が予測できるようになり、壊滅的な打撃やダウンタイムや膨大なコストを回避できます。フィルタもメンテナンスの一領域です。たとえば、差動圧力センサでフィルタ全体の圧力を監視すると、油圧フィルタや空気圧フィルタのメンテナンス時期を予測することができます。

産業向け状況監視や予知保全用途では、長期的な、信頼性の高い、安定した高精度の性能を確保するために、振動規格のパラメータが重要であるとされています。これらのパラメータには、広い周波数応答、測定分解能、低ドリフト、動作温度などがあります。

ホワイト ペーパーのダウンロード「状況監視: 振動センサ技術の比較」" をダウンロードして、これらのパラメータを IIoT 用途の差動振動センサのタイプに適用する方法をご覧ください。

  1. IoT センサ市場調査

TE Connectivity (TE) では、IoT 設計に関連するさまざまなトピックについて、エンジニアを対象とした調査を行いました。その結果、主にコンシューマ向け IoT、インダストリアル IoT、自動車向け IoT に強い関心を持つ約 180 名の上級エンジニアから回答が寄せられました。この調査から、IoT の用途および設計方法に関する詳細、さらに分野を超えて存在する共通の課題が明らかになりました。

  • コストのかかるダウンタイムの削減: 「加速度計が装置のメンテナンスを変える」ウェビナー

オレンジ色罫線

生産ラインの稼働を維持

特定の製造業務では、製品を構築するための設備と原材料が必要です。センサにより、原材料が在庫されていることを確認できます。材料不足は生産のダウンタイムにつながり、サプライ チェーンにまでロスが及ぶ可能性があります。全体的なレベルから気泡検知まで、センサによって設備の使用準備が整っていることを確認できます。

多くの場合、工場にある資源は液体状態で保存されています。これらの液体は本質的に腐食性であり、特別な取り扱いと管理が必要です。センサが液体と接触する場合は、適合性をもつ材料で製造する必要があります。液面レベルを監視する化学薬品の製造工場でもサプライヤでも、水中圧力トランスデューサで貯蔵タンクの静水位を測定することができます。データをクラウドに伝送すると、製造工場やサプライヤは、中断することなく生産を続けられるように納品スケジュールを組むことができます。

オレンジ色罫線

センサによる効率

建物制御におけるコストと排出の削減は、依然として多くのスマート ファクトリの優先課題です。スマート ホームと同様に、センサは圧力、温度、湿度に関するデータを提供して、工場全体または工場の機器の HVAC と冷蔵システムの効率を高めます。制御に埋め込まれた小型デジタル センサからプロセスに組み込まれたワイヤレス センサまで、TE は、ビルディング オートメーション用途向けのさまざまなセンサ技術とオプションを取り揃えています。

  1. デジタル温度センサ - TSYS (英語)

デジタル化されたつながる世界におけるデジタル温度センサの重要な役割についてご覧ください。

sensing technology icon

シンプルで信頼性に優れたセンシング技術

digital output icon

デジタル出力オプション

ASIC Compensation icon

ASIC 補償

オレンジ色罫線

最適化

センサを取り入れることにより、従来型の工場がスマート ファクトリへと進化しています。ダイアル式のゲージをセンサと入れ替えることにより、より正確な測定値だけでなく、過酷な領域のデータ収集が可能になります。センサから得られるデータにより、データを中央ポイントで収集し、フィードバックに基づいてシステムを最適化することによって、Industry 4.0 のプロセス自動化が実現します。また、機器の状態を理解するため、センサにディスプレイを搭載することもできます。

  1. M5800 圧力トランスデューサのビデオ (英語)

低コストでプロセスに正確な制御を提供する、M5800 デジタル ディスプレイ圧力トランスデューサの高精度測定についてご覧ください。

ディスプレイ付き M5800 圧力トランスデューサ

プロセスを通じて、作業性が悪い空間において圧力測定値の読み取りが難しいと、運用効率が損なわれます。TE の M5800 デジタル ディスプレイ トランスデューサは、要求が厳しい過酷な用途で、圧力値の読み取りを視覚化して表示します。310° 回転式のディスプレイにより表示が見やすく、オンデマンドで調整できます。

オレンジ色罫線

より安全なデータ ストレージ

データのセキュリティは、依然として Industry 4.0 およびモノのインターネット (IoT) 関連の最優先事項です。センサはデータを提供しますが、ゲートウェイとクラウドを通じてそのデータを伝送するには、より注意が必要です。

安全性に優れたデータ ストレージ エンクロージャには、物理的改ざんを検知してシステムとそのデータを保護する、信頼できる効果的な手段が必要です。TE Connectivity (TE) の改ざん検知センサは、物理データの保護に高度なセキュリティ ソリューションを提供します。

TE Connectivity (TE) の改ざん検知センサ (TDS) は、小型の高度セキュリティ エンクロージャの物理的改ざんを検知するための、スペース効率の高いフォーム ファクタの高度なセキュリティ ソリューションです。当社の改ざん検知技術の詳細については、ページ右側のフォームに必要事項を入力して、当社 TDS 製品の専門家までご相談ください。

オレンジ色罫線
IoT インフォグラフィック

お問い合わせ

お客様のセンサ用途についてのご相談は、お気軽にお問い合わせください。