Creganna Medical 近位カテーテル アセンブリ ハイポチューブ金属シャフト

PTCA カテーテルの実績ある技術

金属シャフトおよびハイポチューブ コンポーネントは、低侵襲アクセスおよびデリバリ デバイスで使用されるカテーテル シャフトに欠かせない技術です。カテーテル金属シャフトの業界で最も重要なパートナーの 1 つとして、当社のイノベーション、臨床性能、製品品質にご期待ください。

>80%

世界中の冠状動脈ステントと PTCA カテーテルの 80% 以上には Creganna Medical のハイポチューブ技術が使われています。Creganna Medical は
TE Connectivity グループです。

当社が重視する点は何でしょう。それは、医療用デバイス企業をサポートして心血管インターベンションを受ける患者の結果をよくすることです。TE Connectivity グループの Creganna Medical は、金属シャフトおよびハイポチューブの専用拠点を年中無休で稼働させ、世界中の冠状動脈ステントと PTCA カテーテルの 80% 以上にソリューションを提供しています。ハイポチューブ設計と遠位移行ソリューションの専門知識に、材料科学と先進レーザー加工における当社の経験が加わることで、重要な設計決定をすべてサポートできます。

1億5千

世界中の 1 億 5,000 万人の患者が当社の金属シャフトおよびハイポチューブ技術を利用したカテーテルによって治療されています。

200+

40 もの国にわたる 200 以上のお客様に金属シャフトおよびハイポチューブ技術を提供しています。

DES

市場で販売させる薬剤溶出ステントの大量生産はすべて Creganna Medical の金属シャフト技術によってサポートされています。Creganna Medical は
TE Connectivity グループです。

ハイポチューブとは

いつ使用するか?

ハイポチューブは、マイクロ加工された機能が側面に備わった長い金属チューブです。低侵襲カテーテルの重要なコンポーネントであり、バルーンやステントと組み合わせて閉塞を起こした動脈を広げるために使用されます。カテーテルのバルーン部はハイポチューブの遠位端に接続されます。体内に挿入されたハイポチューブは、複雑に蛇行する長い血管経路に沿って閉塞を起こした動脈の方向にバルーンを押し込みます。その際、ハイポチューブは、ねじれに抵抗しつつ、体組織を通過する機能 (プッシュ、トラック、トルクとして知られる属性) を維持する必要があります。

ハイポチューブ技術はどこで使われているのか?

低侵襲デバイスに対するアクセスとデリバリを実現
  • バルーンおよび自己拡張型ステント デリバリ システム - PTCA および PTA
  • 特殊カテーテル - CTO、アテローム切除、血栓摘出
  • 塞栓防止およびフィルタ デバイス
  • 血管内イメージング デバイス
  • 神経血管コイル デリバリ – <1 F のシャフト径
  • 先進の内視鏡ステアリング デバイス
Creganna Medical のハイポチューブ

優れたハイポチューブ シャフト設計

製品用途に対する性能要件の理解から始めましょう。

設計上の重要な考慮事項

金属シャフトおよびハイポチューブ
  • 移行 – レーザー スパイラル切断、スカイブ機能、心線溶接などの加工技術と機能によって製品性能を最適化するカスタム設計された移行。
  • 追従性 – PTFE コーティングやディスクリート ポリマ オーバージャケットなどの追従性を最大限に高める多種多様なコーティング技術。
  • プッシュおよびトルク – これらの重要な性能特性の最適化によって一貫性と信頼性の高い治療部位の位置を確保。これらの特徴を最適化する最高の設計についての助言を提供します。
  • 耐キンク性能 – 体組織内を導くハイポチューブ シャフトの機能全体の中核として、設計についての助言と耐キンク性能を最適化する Creganna Medical PoleVault ハイポチューブ製品の両方を提供。
  • 圧縮抵抗 – 正確なデバイス配置確保のためにデバイス配置中に長手方向の圧縮に対する抵抗が必要なハイポチューブ デバイス シャフトに最適のシャフト設計をサポート。プロトタイプ開発の前に要件を具体的に定義する必要があります。たとえば、1,000 mm のシャフトに 4 ポンドの力が加わる場合の圧縮は 1% 未満でなければならないなどです。
  • 柔軟性 – 多くのハイポチューブ シャフトは、複雑な体組織や蛇行経路を通過しなければなりません。柔軟性要件は曲げ半径で指定することができます。たとえば、シャフトは 30 mm の直径で曲がらなければならないなどです。当社は、最適なシャフト柔軟性と柔軟性バイアスを実現する各種のソリューション、技術、エキスパートの指導を提供します。

ハイポチューブ設計の課題: 供給デバイスの最適なハイポチューブ シャフトの設計には、上記すべての性能特性の絶妙なバランスが必要です。1 つの特性が最高の性能を実現すると他の特性が直接の影響を受けることはよくあります。当社は経験と専門知識を提供し、これらの重要な設計決定をサポートします。

Creganna Medical チューブのラインナップ

最適なハイポチューブの実現には、高度なさまざまな技術的ソリューションが必要です。

  1. 遠位シャフト技術 - 金属シャフトの遠位端の移行や仕上げは金属シャフト設計全体で非常に重要です。全体的な臨床性能において重要な役割を果たすからです。遠位移行部の技術的特徴には、シンプルなバリなし切断から、より複雑なスパイラル、スカイブ、スロット、クリンプ、テーパ、フレアなどの設計があります。遠位移行部に追加できる他の機能には、心線、コイル、カスタム マイクロ加工コンポーネントなどがあり、柔軟性を向上させたり、遠位アセンブリへの移行をスムーズにしたりすることができます。
  2. 中間シャフト設計 - お客様との協力の下でデリバリ デバイスに最適な中間シャフト設計を開発できます。材料の選択、特性、設計上の代替案に関する重要な設計決定をサポートします。先進のレーザー加工技術によって金属シャフトを劇的に変え、柔軟性とトルク レスポンスを向上させることができます。大腿、とう骨、上腕の適切なマーカーも適用できます。当社は、シンプルな PTFE/FEP コーティングから、金属シャフトの強度と外部ポリマ ジャケットの柔軟性を兼ね備えたポリマ オーバージャケットまで、中間シャフトのコーティング ソリューションを各種提供しています。コーティング ソリューションの選択は、カテーテル シャフトの潤滑性と全体的なデバイス追従性に影響を与えます。
  3. 近位シャフト設計 - 近位シャフトの設計選択は、デリバリ デバイスやカテーテルの使いやすさ全体に影響を与えます。最も一般的かつシンプルなソリューションは、流体または薬剤の注入やガイドワイヤおよびシースの導入のためにカテーテル ルーメンまでの基本的なアクセスを容易にするルアーまたはハブを備えたものです。これらのコンポーネントは、適切なストレイン リリーフ機構と組み合わせてオーバーモールドして完成品金属カテーテル シャフト サブアセンブリを作成することができます。より高度な近位設計は、機械的、電子的、診断的な機構を統合した複雑なハンドルと配備機構があります。当社はこれらすべてを設計開発することができます。
材料 仕様 表面ソリューション

医療グレード ステンレス鋼 - 304、304L、177

 

PoleVault - 優れたキンク耐性

 

Javelin - 優れたプッシュ

 

外径 0.008" 以上

 

内径 0.005" 以上

 

お客様の指定

- UTS

- 降伏強度

- 伸長

ポリマ オーバージャケット、標準極薄 Pebax、ナイロン、ポリイミド、FEP、ポリエチレン

 

PTFE コーティング

 

マーカー バンド

- レーザー

- 印字

- ボンド ゾーンに化学エッチング粗面処理

- PTFE ID ライナ

移行ソリューション

コンポーネント 性能

バリなし

スカイブ

溶接ワイヤ

フレア

スロットおよびクリンプ

アース

Microwelded コンポーネント 

 

インサート溶接熱可塑性コンポーネント 

レーザー プロファイル カット形状によって以下を実現

- 柔軟性

- トルク

- 圧縮

 

顕微鏡

材料科学研究所の機能

当社の最先端材料研究所は先進の特性機器を備えており、経験豊かな冶金学者、高分子科学者、材料科学者によるチームで構成されています。研究活動の例としては、技術的に重要な材料の微細構造の調査、開発と改善があります。この仕事を通して高度なデリバリ デバイス ソリューションを実現する革新的な材料が開発されています。

材料科学サービス

また、研究所のスタッフは、社内エンジニアとお客様に材料のコンサルティングも提供しています。以下のような各種の材料科学サービスを提供できます:

  • カスタム材料ソリューション
  • 構造または不良の調査
  • 引張および圧縮
  • コラム強さ試験
  • 曲げ試験
  • キンク試験
  • 微小硬さ試験
  • トラックおよび 3 次元プッシュ試験

 

スパイラル切断ハイポチューブ
左: 切断洗浄済み切り口 // 右: スパイラル切断ハイポチューブ

技術リソースには次のものがあります: 金属組織設備、軽量光学顕微鏡、走査型電子顕微鏡スイート、各種機械試験器具、高度熱処理機能。

近位シャフト
Pro X、PoleVault、MICROFLEX。

革新的プラットホーム技術

金属シャフトおよびハイポチューブ設計のために

Pro X - 究極の近位シャフト。 

Pro X は、Rx カテーテルに究極の設計、サービス、コスト モデルを提供する近位シャフト サブアセンブリです。この高性能近位シャフトは最も低い総コストで卓越した設計機能を提供する製品で、高収率のロボット完全自動環境で製造されます。

 

PoleVault™ - 最も信頼性の高いハイポチューブ。

PoleVault™ は、最大 40% のキンク耐性のあるハイポチューブ ソリューションです。 PoleVault™ ハイポチューブは、カテーテル性能を最適化するように特別に設計されています。したがって、製品に対する医師の信頼性を高め、患者のリスクを低減し、カテーテルの収益を最大にします。 

 

MICROFLEX - 非常に柔軟なマイクロ金属チューブ >0.013”。

MICROFLEX マイクロ ハイポチューブはインターベンショナル神経放射線学を含む身体で最も小さな脈管構造の低侵襲処理用に特別に開発され、1 F 以下の寸法で用意されています。一体構造によって一貫したユーザ体験を医師に提供します。完全にカスタマイズ可能で無限の設計可能性があります。また、一体設計によってコンポーネントとアセンブリ コストを下げることによって最終製品マージンを最大化します。 

技術的アーカイブ

ダウンロードで入手可能 - 当社技術専門家によって書かれた一連のホワイトペーパーと業界出版物。ダウンロードしてハイポチューブ設計と開発の詳細をご覧ください。