データ センタは物理的なインフラと仮想的なインフラに進化してきました。多くの企業は、ハイブリッド クラウド、つまり、両方のタイプのデータ センタを組み合わせて運用しています。

要約

最も基本的なレベルのデータ センタは、組織の IT 運用と機器を集中管理します。データはさまざまなデバイスで保存され、管理され、配布されます。データ センタには、コンピューター システムと、テレコミュニケーション システムやストレージ システムなどの関連コンポーネントが格納されています。多くの場合、冗長電源システム、データ通信接続、環境制御、およびセキュリティ機器が含まれます。しかし、今日のデータ センタは基本的なものとはかけ離れています。大規模データ センタの多くは、小さな町と同じくらいの電力を使用し、企業の事業戦略にとって不可欠なコンポーネントとなっています。

今世紀においてデータは、前世紀の石油に匹敵する、成長と変化の原動力です。
The Economist 5/6/17

データ センタは物理的なインフラと仮想的なインフラに進化してきました。多くの企業は、ハイブリッド クラウド、つまり、両方のタイプのデータ センタを組み合わせて運用しています。データ センタの役割と構成は大きく変わりました。かつて、データ センタの構築は 25 年以上に及ぶ取り組みであり、電力/冷却効率は悪く、配線の柔軟性はなく、データ センタ内やデータ センタ間の移動性もありませんでした。現在注目されているのは、速度や性能、効率性です。1 つの規模ですべてに適合できるものではなく、さまざまなアーキテクチャや構成などがあります。

「ハイパースケール」は比較的新しい用語です。ハイパースケール データ センタまたはハイパースケール コンピューティングとは、分散コンピューティング環境で必要とされる施設とプロビジョニングを指します。この変化の原動力は、数台のサーバから数千台まで、システムを迅速に拡張できることです。このようなコンピューティングは通常、ビッグ データとクラウド コンピューティングに重点を置く企業に実装されています。ハイパースケール データ センタ企業は、標準化と柔軟性をうまく両立させています。彼らは、より安価なインフラを購入し、更新サイクルを短期化し、管理者がイノベーションに集中できるようにアプリケーションや自動化ソフトウェアで性能と障害を

管理することを目指します。

 

ソフトウェアは運用効率を高めるうえで大きな役割を果たします。Facebook、Amazon、Google、Microsoft などのリーダー企業が、ハイパースケールの動向の定義と進化を推進しています。Facebook では、24,000 台のサーバに対して管理者は 1 人です。1 人の管理者が 300 ~ 700 台のサーバを担当していた従来の企業と比べてみてください (出典: Wikibon.org Hyperscale invades the enterprise datacenter 5/14)。

ハイパースケール データ センタの進化

しかし、ハイパースケール コンピューティングはアメリカだけの現象ではなく、世界中の主要企業によるグローバルな動きです。中国では、Baidu、Alibaba、Tencent を指す BAT が良く知られています。これらのブランド名はアメリカやヨーロッパでは聞きなれない名前かもしれませんが、アジア全域で大きなイノベーションを推進しています。Baidu は中国のインターネット検索ツールであり、主として検索市場の大半をコントロールしています。E コマース ツールである Alibaba は、購入者と販売者をオンラインで仲介し、Web サイトの広範なネットワークを通じて 2 者の間での商品の販売を促進しています。Tencent は、世界最大かつ最も成功しているインターネット企業の一つであり、ソーシャル ネットワーク アプリケーションからマルチプレーヤ オンライン ゲームまで、幅広いサービスを提供しています。このように、世界中の企業がハイパースケール コンピューティングのイノベーションに影響を与え、これを推進しています。

 

技術的な観点から見ると、ハイパースケール データ センタを推進する主な要因は、アプリケーション性能に対する要件の増大、運用経費と資本の削減に対するニーズの高まり、そして増え続ける技術投資です。ハイパースケール企業に限らず、多くの企業が、ビジネス要件の急増に合わせてインフラを迅速に拡張できるように、部分的または完全なソリューションとしてクラウドを実装しています。これはハイパースケールに限らず、企業やサービス プロバイダから政府機関まで、さまざまなタイプの組織がこれらの新しい技術を取り入れています。

データ センタの成長に関する主要な情報源の一つである Cisco Global Cloud Index は、2020 年までに世界全体のデータ センタのトラフィックが 3.3 倍に増加すると予測しています。これは、2020 年までの世界全体のデータ センタのトラフィックで 1 年あたり 15.3 ゼタバイト (ZB) に相当し、2015 年の 1 年あたり 4.7 ZB から増加しています。2020 年にはそのうち 92 % がクラウドから発生します。ハイパースケール データ センタの数は、2015 年末の 259 から 2020 年には 485 に増加します。これは、2020 年までに設置される全データ センタ サーバの 47 % に相当します。サプライヤと企業顧客のどちらも、より高性能を求め高まる需要に適切に対応するためには、ハイパースケールの動向をめぐるアーキテクチャの移行を理解することが重要です。

成長を数値化する
成長を数値化する

データ センタは、ネットワーク/スイッチング、コンピューティング/サーバ、ストレージという主要な構成ブロックにおけるアーキテクチャの移行により進化し続けています。これらの要素を個別に見ていきましょう。

 

1) サーバ技術は急速に変化しています。ハイパースケール企業はその重要性と影響力を増しています。性能要件が高まるにつれて、速度は重要な原動力となります。業界は 8 Gbps ですが、企業は現在、16 から 25 Gbps、さらに 32 Gbps を目指しています。業界は高速化するために既存のコネクタを改良する必要がありますが、今こそユニバーサル/フレキシブル コネクタを開発する時です。実際、Intel は先日、新しいプロセッサ Purley を発表しました。これは、高速信号用にケーブル接続できる初のプロセッサです。FPGA (フィールド プログラマブル ゲート アレイ) 技術は、安全性と性能を確保するために多くのサーバで使用されており、サーバへの外部 I/O は 10 G と 25 G から 50 G に進化しています。最後に熱的制約もラック アーキテクチャを変化させる推進力です。

 

2) ストレージも進化しています。プロトコルは収束しつつあり、性能を高めるため PCIe の使用が広がっています。PCIe スイッチングは、より多くのドライブへのアクセスを可能にしますが、一般により多くの内部/外部ケーブルを必要とします。フラッシュは、高密度パッケージングと性能を向上させるために、より一般的になりつつあります。このような柔軟性と性能の向上に対する需要の高まりを考慮し、これに応えるため、当社は革新的な相互接続ソリューションを提供していきます。外部ケーブル接続には、より低背 (Mini-SAS HD より薄型) のプラグ コネクタが必要です。そして最後に、ホット プラグの保守性を確保するには、ドロワ システムに一定の接続電力が必要です。

アーキテクチャの移行

3) スイッチのトレンドは、業界が 25 G (NRZ) から 112 G (PAM-4) に移行するのに伴い、進化しています。スイッチのチップもサイズが大きくなりつつあり、いずれ対応するソケットが必要になります。ハイパースケールの需要が 200 G/400 G アップリンクを推進しています。損失が抑えられる高性能接続を必要とする大型スイッチへのトレンドは、直交およびケーブル バックプレーン アーキテクチャによって満たされようとしています。また、別の性能を向上させるアーキテクチャとして実装されているのが、内部ケーブルを使用して I/O のフロント パネルに直接接続する方法です。ラック内での通信は、25 G および 56 G (おそらく 112 G) の銅線ダイレクト アタッチ ケーブル (DAC) を使用して実現できます。


4) シリコン アーキテクチャおよび集積回路: 多くのクラウド企業は、GPU (グラフィックス プロセッシング ユニット) などのさまざまなシリコン アーキテクチャを利用しています。GPU は SIMD (Single Instruction Multiple Data) 処理の計算速度を高速化できます。大手プロバイダである NVidia は、彼らのソリューションがコストを 60 % 削減しながら速度を 5 倍に高速化すると主張しています。

 

金融取引、音声およびデータ専門分析などの高度な計算用途では、FPGA が優れたソリューションとなる場合があります。FPGA は非常に特殊な作業負荷要件を満たすように製造後にプログラムすることができます。FPGA を構成するゲート配列は特定のアルゴリズムを実行するようにプログラムできます。

アーキテクチャの移行

TE は、速度と効率の向上をサポートするための豊富な製品ポートフォリオをご用意しています。さらに、当社はマーケット リーダーと連携して、以下の重要なコンポーネントで業界をリードするイノベーションを開発しています。

 

Sliver 2.0 コネクタ (SFF-TA-1002)

当社の Sliver 2.0 内部 I/O コネクタは、その高性能、高密度、柔軟性、そして堅牢性により、フラッシュ ストレージ コネクタの業界規格 SFF-TA-1002 の名が付けられています。このモジュラ設計とシステム標準化が、コスト削減の機会をもたらします。これらのマルチレーン スーパー スリム コネクタはプロトコルに依存せず、最大定格は 112 G PAM-4 (56 G NRZ) です。これらのコネクタは PCIe Gen 3/4 (8 G、16 G)、SAS-3/4 (6 G、12 G、24 G)、イーサネット プロトコル (1 レーンあたり 10 G、25 G)、InfiniBand (28 G) の現行プロトコルの性能要件をすべて満たし、IEEE および OIF 56 Gbps、PCIe Gen 5、SAS 5.0 規格で求められる性能も満たすことが予想されます。これらは Gen-Z、OCP、COBO および EDSFF を含む複数の業界規格向けに選ばれています。

 

QSFP-DD と OSFP

TE は規格の開発に積極的に取り組んでおり、アップリンク性能の向上を推進する 2 つの新しいインタフェース OSFP および QSFP-DD 向けのコネクタ、ケージ、DAC の開発を支援しています。OSFP は熱特性を強化した 8 レーン 400 G インタフェースであり、その独自の熱性能により、TOR スイッチからコヒーレント DCI リンクまで、幅広いユース ケースで使用できます。QSFP-DD は、QSFP+ モジュールと QSFP28 モジュールとの下位互換性を提供してデータ センタ内のデータ速度アップグレードのリスクを軽減するという点で革新的です。

 

STRADA Whisper DPO およびケーブル接続

データ センタ業界のトレンドが従来のバックプレーンから移行するのに伴い、TE は STRADA Whisper コネクタのポートフォリオを拡張し、速度 112 G に対応するダイレクト プラグ直交 (DPO) およびケーブル接続ソリューションを含めました。当社の STRADA Whisper DPO コネクタの堅牢な機械設計は、DPO の機械的な課題を軽減させるのに役立ち、ミッドプレーンを排除できることでコスト面とエアフローの面で利点があり、さらに、実績のある STRADA Whisper コネクタ設計と同じ嵌合インタフェースと電気特性を持つという利点も加わります。当社の STRADA Whisper ケーブル コネクタは、性能を高め、配線距離が長くても通信損失を抑えることができます。

 

ソケット P / LGA 3647

Intel の最新の CPU プロセッサの次世代設計に対応するように設計された、受賞歴のある LGA 3647 ソケットは、反りの問題を軽減し、大型プロセッサ向けの優れたコプラナリティと接続信頼性を提供する革新的な 2 ピース設計を初めて導入した製品です。

 

OCP 電力ケーブル アセンブリ製品

当社の Open Compute Project (OCP) バス バー コネクタおよびケーブル アセンブリ製品は、OCP 分散アーキテクチャに対応するよう設計されたプラグアンドプレイ式の電力ソリューションを提供し、シンプルなシステム設計のための標準化プラットフォームを実現します。これらは、Open Rack V1 仕様に完全に準拠し、Open Rack V2 仕様と前方互換性があります。

 

仮想現実
インターコネクト
Sliver

これらの製品は、高性能要件に対する長年の研究と専門知識の成果です。当社は業界に関する幅広い知識を持ち、主要な規格委員会に参加してその開発に貢献してきました。設計工学、グローバルな製造能力、材料科学の専門知識、信号の完全性分析において培われた当社の歴史は、当社とのパートナーシップがもたらす価値に大きく貢献します。TE では、当社が務めるコンサルタントの役割は、革新的でカスタマイズされたソリューションを通じてお客様に価値を提供する信頼できるアドバイザとなることであると考えています。

データ センタの移行を理解する

結局のところ、世界は急速に変化しています。企業とサプライヤは機敏さを求められ、ビジネス モデルとアーキテクチャの移行について見直す必要があります。すなわちそれは、ビジネスのあり方を捉え直すことです。データの世界と、速度と性能に対するニーズは、配信チャネル、運用、サービス、カストマー ケアからすべてを根本的に変えつつあります。ハイパースケールを求めるニーズに応え、最高のイノベータや技術サプライヤとパートナーシップを組むことは、貴社のビジネスの将来を再定義するうえで重要なステップです。TE とのパートナーシップをぜひご検討ください。

TE のデータ センタ ソリューションの詳細

データ センタは物理的なインフラと仮想的なインフラに進化してきました。多くの企業は、ハイブリッド クラウド、つまり、両方のタイプのデータ センタを組み合わせて運用しています。

要約

最も基本的なレベルのデータ センタは、組織の IT 運用と機器を集中管理します。データはさまざまなデバイスで保存され、管理され、配布されます。データ センタには、コンピューター システムと、テレコミュニケーション システムやストレージ システムなどの関連コンポーネントが格納されています。多くの場合、冗長電源システム、データ通信接続、環境制御、およびセキュリティ機器が含まれます。しかし、今日のデータ センタは基本的なものとはかけ離れています。大規模データ センタの多くは、小さな町と同じくらいの電力を使用し、企業の事業戦略にとって不可欠なコンポーネントとなっています。

今世紀においてデータは、前世紀の石油に匹敵する、成長と変化の原動力です。
The Economist 5/6/17

データ センタは物理的なインフラと仮想的なインフラに進化してきました。多くの企業は、ハイブリッド クラウド、つまり、両方のタイプのデータ センタを組み合わせて運用しています。データ センタの役割と構成は大きく変わりました。かつて、データ センタの構築は 25 年以上に及ぶ取り組みであり、電力/冷却効率は悪く、配線の柔軟性はなく、データ センタ内やデータ センタ間の移動性もありませんでした。現在注目されているのは、速度や性能、効率性です。1 つの規模ですべてに適合できるものではなく、さまざまなアーキテクチャや構成などがあります。

「ハイパースケール」は比較的新しい用語です。ハイパースケール データ センタまたはハイパースケール コンピューティングとは、分散コンピューティング環境で必要とされる施設とプロビジョニングを指します。この変化の原動力は、数台のサーバから数千台まで、システムを迅速に拡張できることです。このようなコンピューティングは通常、ビッグ データとクラウド コンピューティングに重点を置く企業に実装されています。ハイパースケール データ センタ企業は、標準化と柔軟性をうまく両立させています。彼らは、より安価なインフラを購入し、更新サイクルを短期化し、管理者がイノベーションに集中できるようにアプリケーションや自動化ソフトウェアで性能と障害を

管理することを目指します。

 

ソフトウェアは運用効率を高めるうえで大きな役割を果たします。Facebook、Amazon、Google、Microsoft などのリーダー企業が、ハイパースケールの動向の定義と進化を推進しています。Facebook では、24,000 台のサーバに対して管理者は 1 人です。1 人の管理者が 300 ~ 700 台のサーバを担当していた従来の企業と比べてみてください (出典: Wikibon.org Hyperscale invades the enterprise datacenter 5/14)。

ハイパースケール データ センタの進化

しかし、ハイパースケール コンピューティングはアメリカだけの現象ではなく、世界中の主要企業によるグローバルな動きです。中国では、Baidu、Alibaba、Tencent を指す BAT が良く知られています。これらのブランド名はアメリカやヨーロッパでは聞きなれない名前かもしれませんが、アジア全域で大きなイノベーションを推進しています。Baidu は中国のインターネット検索ツールであり、主として検索市場の大半をコントロールしています。E コマース ツールである Alibaba は、購入者と販売者をオンラインで仲介し、Web サイトの広範なネットワークを通じて 2 者の間での商品の販売を促進しています。Tencent は、世界最大かつ最も成功しているインターネット企業の一つであり、ソーシャル ネットワーク アプリケーションからマルチプレーヤ オンライン ゲームまで、幅広いサービスを提供しています。このように、世界中の企業がハイパースケール コンピューティングのイノベーションに影響を与え、これを推進しています。

 

技術的な観点から見ると、ハイパースケール データ センタを推進する主な要因は、アプリケーション性能に対する要件の増大、運用経費と資本の削減に対するニーズの高まり、そして増え続ける技術投資です。ハイパースケール企業に限らず、多くの企業が、ビジネス要件の急増に合わせてインフラを迅速に拡張できるように、部分的または完全なソリューションとしてクラウドを実装しています。これはハイパースケールに限らず、企業やサービス プロバイダから政府機関まで、さまざまなタイプの組織がこれらの新しい技術を取り入れています。

データ センタの成長に関する主要な情報源の一つである Cisco Global Cloud Index は、2020 年までに世界全体のデータ センタのトラフィックが 3.3 倍に増加すると予測しています。これは、2020 年までの世界全体のデータ センタのトラフィックで 1 年あたり 15.3 ゼタバイト (ZB) に相当し、2015 年の 1 年あたり 4.7 ZB から増加しています。2020 年にはそのうち 92 % がクラウドから発生します。ハイパースケール データ センタの数は、2015 年末の 259 から 2020 年には 485 に増加します。これは、2020 年までに設置される全データ センタ サーバの 47 % に相当します。サプライヤと企業顧客のどちらも、より高性能を求め高まる需要に適切に対応するためには、ハイパースケールの動向をめぐるアーキテクチャの移行を理解することが重要です。

成長を数値化する
成長を数値化する

データ センタは、ネットワーク/スイッチング、コンピューティング/サーバ、ストレージという主要な構成ブロックにおけるアーキテクチャの移行により進化し続けています。これらの要素を個別に見ていきましょう。

 

1) サーバ技術は急速に変化しています。ハイパースケール企業はその重要性と影響力を増しています。性能要件が高まるにつれて、速度は重要な原動力となります。業界は 8 Gbps ですが、企業は現在、16 から 25 Gbps、さらに 32 Gbps を目指しています。業界は高速化するために既存のコネクタを改良する必要がありますが、今こそユニバーサル/フレキシブル コネクタを開発する時です。実際、Intel は先日、新しいプロセッサ Purley を発表しました。これは、高速信号用にケーブル接続できる初のプロセッサです。FPGA (フィールド プログラマブル ゲート アレイ) 技術は、安全性と性能を確保するために多くのサーバで使用されており、サーバへの外部 I/O は 10 G と 25 G から 50 G に進化しています。最後に熱的制約もラック アーキテクチャを変化させる推進力です。

 

2) ストレージも進化しています。プロトコルは収束しつつあり、性能を高めるため PCIe の使用が広がっています。PCIe スイッチングは、より多くのドライブへのアクセスを可能にしますが、一般により多くの内部/外部ケーブルを必要とします。フラッシュは、高密度パッケージングと性能を向上させるために、より一般的になりつつあります。このような柔軟性と性能の向上に対する需要の高まりを考慮し、これに応えるため、当社は革新的な相互接続ソリューションを提供していきます。外部ケーブル接続には、より低背 (Mini-SAS HD より薄型) のプラグ コネクタが必要です。そして最後に、ホット プラグの保守性を確保するには、ドロワ システムに一定の接続電力が必要です。

アーキテクチャの移行

3) スイッチのトレンドは、業界が 25 G (NRZ) から 112 G (PAM-4) に移行するのに伴い、進化しています。スイッチのチップもサイズが大きくなりつつあり、いずれ対応するソケットが必要になります。ハイパースケールの需要が 200 G/400 G アップリンクを推進しています。損失が抑えられる高性能接続を必要とする大型スイッチへのトレンドは、直交およびケーブル バックプレーン アーキテクチャによって満たされようとしています。また、別の性能を向上させるアーキテクチャとして実装されているのが、内部ケーブルを使用して I/O のフロント パネルに直接接続する方法です。ラック内での通信は、25 G および 56 G (おそらく 112 G) の銅線ダイレクト アタッチ ケーブル (DAC) を使用して実現できます。


4) シリコン アーキテクチャおよび集積回路: 多くのクラウド企業は、GPU (グラフィックス プロセッシング ユニット) などのさまざまなシリコン アーキテクチャを利用しています。GPU は SIMD (Single Instruction Multiple Data) 処理の計算速度を高速化できます。大手プロバイダである NVidia は、彼らのソリューションがコストを 60 % 削減しながら速度を 5 倍に高速化すると主張しています。

 

金融取引、音声およびデータ専門分析などの高度な計算用途では、FPGA が優れたソリューションとなる場合があります。FPGA は非常に特殊な作業負荷要件を満たすように製造後にプログラムすることができます。FPGA を構成するゲート配列は特定のアルゴリズムを実行するようにプログラムできます。

アーキテクチャの移行

TE は、速度と効率の向上をサポートするための豊富な製品ポートフォリオをご用意しています。さらに、当社はマーケット リーダーと連携して、以下の重要なコンポーネントで業界をリードするイノベーションを開発しています。

 

Sliver 2.0 コネクタ (SFF-TA-1002)

当社の Sliver 2.0 内部 I/O コネクタは、その高性能、高密度、柔軟性、そして堅牢性により、フラッシュ ストレージ コネクタの業界規格 SFF-TA-1002 の名が付けられています。このモジュラ設計とシステム標準化が、コスト削減の機会をもたらします。これらのマルチレーン スーパー スリム コネクタはプロトコルに依存せず、最大定格は 112 G PAM-4 (56 G NRZ) です。これらのコネクタは PCIe Gen 3/4 (8 G、16 G)、SAS-3/4 (6 G、12 G、24 G)、イーサネット プロトコル (1 レーンあたり 10 G、25 G)、InfiniBand (28 G) の現行プロトコルの性能要件をすべて満たし、IEEE および OIF 56 Gbps、PCIe Gen 5、SAS 5.0 規格で求められる性能も満たすことが予想されます。これらは Gen-Z、OCP、COBO および EDSFF を含む複数の業界規格向けに選ばれています。

 

QSFP-DD と OSFP

TE は規格の開発に積極的に取り組んでおり、アップリンク性能の向上を推進する 2 つの新しいインタフェース OSFP および QSFP-DD 向けのコネクタ、ケージ、DAC の開発を支援しています。OSFP は熱特性を強化した 8 レーン 400 G インタフェースであり、その独自の熱性能により、TOR スイッチからコヒーレント DCI リンクまで、幅広いユース ケースで使用できます。QSFP-DD は、QSFP+ モジュールと QSFP28 モジュールとの下位互換性を提供してデータ センタ内のデータ速度アップグレードのリスクを軽減するという点で革新的です。

 

STRADA Whisper DPO およびケーブル接続

データ センタ業界のトレンドが従来のバックプレーンから移行するのに伴い、TE は STRADA Whisper コネクタのポートフォリオを拡張し、速度 112 G に対応するダイレクト プラグ直交 (DPO) およびケーブル接続ソリューションを含めました。当社の STRADA Whisper DPO コネクタの堅牢な機械設計は、DPO の機械的な課題を軽減させるのに役立ち、ミッドプレーンを排除できることでコスト面とエアフローの面で利点があり、さらに、実績のある STRADA Whisper コネクタ設計と同じ嵌合インタフェースと電気特性を持つという利点も加わります。当社の STRADA Whisper ケーブル コネクタは、性能を高め、配線距離が長くても通信損失を抑えることができます。

 

ソケット P / LGA 3647

Intel の最新の CPU プロセッサの次世代設計に対応するように設計された、受賞歴のある LGA 3647 ソケットは、反りの問題を軽減し、大型プロセッサ向けの優れたコプラナリティと接続信頼性を提供する革新的な 2 ピース設計を初めて導入した製品です。

 

OCP 電力ケーブル アセンブリ製品

当社の Open Compute Project (OCP) バス バー コネクタおよびケーブル アセンブリ製品は、OCP 分散アーキテクチャに対応するよう設計されたプラグアンドプレイ式の電力ソリューションを提供し、シンプルなシステム設計のための標準化プラットフォームを実現します。これらは、Open Rack V1 仕様に完全に準拠し、Open Rack V2 仕様と前方互換性があります。

 

仮想現実
インターコネクト
Sliver

これらの製品は、高性能要件に対する長年の研究と専門知識の成果です。当社は業界に関する幅広い知識を持ち、主要な規格委員会に参加してその開発に貢献してきました。設計工学、グローバルな製造能力、材料科学の専門知識、信号の完全性分析において培われた当社の歴史は、当社とのパートナーシップがもたらす価値に大きく貢献します。TE では、当社が務めるコンサルタントの役割は、革新的でカスタマイズされたソリューションを通じてお客様に価値を提供する信頼できるアドバイザとなることであると考えています。

データ センタの移行を理解する

結局のところ、世界は急速に変化しています。企業とサプライヤは機敏さを求められ、ビジネス モデルとアーキテクチャの移行について見直す必要があります。すなわちそれは、ビジネスのあり方を捉え直すことです。データの世界と、速度と性能に対するニーズは、配信チャネル、運用、サービス、カストマー ケアからすべてを根本的に変えつつあります。ハイパースケールを求めるニーズに応え、最高のイノベータや技術サプライヤとパートナーシップを組むことは、貴社のビジネスの将来を再定義するうえで重要なステップです。TE とのパートナーシップをぜひご検討ください。

TE のデータ センタ ソリューションの詳細