TE 新製品: HIRSCHMANN MOBILITY リモート チューナー モジュール

リモート チューナー モジュール

新世代の無線の提供開始

TE Connectivity は、車載無線技術の次の進化の段階として、HIRSCHMANN MOBILITY リモート チューナー モジュール (RTM) を提供します。

September 04, 2018

TE Connectivity は、車載無線技術の次の進化の段階として、HIRSCHMANN MOBILITY リモート チューナー モジュール (RTM) を提供します。RTM では、車両の後部の 1 か所に無線機能を集中化します。これにより、アンテナ システム全体のアーキテクチャを大幅に簡素化し、自動車メーカのヘッド ユニット (HU) のバリエーションの数を最小限に抑えることができます。

 

RTM は、たとえば AM/FM 用のエントリーレベル モデルや AM/FM および DAB 用のハンエンド リモート チューナーとして、さまざまな設計に使用できます。さらに、地域ごとのバリエーションを準備中です。車両のアンテナの近くに RTM を直接配置すると、受信の質が向上し、アンテナ増幅器は必要ありません。RTM は、すべてのオーディオおよびデータ フローがやり取りされるデジタル A2B インタフェースを介してヘッド ユニットに接続されます。

 

「自動車メーカの観点から言うと、新しい通信技術は複雑な世界への扉を開くことになります。お客様が求めているものを、新しい機能によって車両に継続的に統合する必要があるからです。この数年間に、そのことはエレクトロニクス部品の重要度と、それに伴うインフォテエインメント システムの複雑さおよびコストを大幅に高める要因となりました。その比類のないコンセプトの下で、当社のリモート チューナー モジュールはこのジレンマを解決し、システム コストを持続的に削減することに貢献しています。」と、TE Connectivity のワイヤレス部門担当副社長兼事業部長である Thomas Falz は述べています。

 

新しいシステム アーキテクチャによるコスト削減:
無線をヘッド ユニットから車両の後部に移動することにより、多くのメリットが生まれます (図を参照)。新しいシステム アーキテクチャによって、同軸ケーブルと接続の数を減らすことができ、アンテナ増幅器がほとんど、あるいはまったく不要になるため、アセンブリ コストをさらに削減できます。API を単純化して、開発コストをさらに節約できます。 

 

バリエーションへの対応を簡素化:

無線機能をヘッド ユニットからアンテナに移動することにより、さらに多くのメリットがもたらされます。無線機能をヘッド ユニットに置くと、自動車メーカの HU のバリエーションの数が増えます (欧州では DAB、米国では HD のように)。無線機能がヘッド ユニットになければ、それに従ってバリエーションへの対応は簡素化されます。その一方で、熱、スペース、電磁放射などの従来からの HU の課題を、以前よりもさらに容易に解決できます。アンテナの近くに RTM を配置すると、車両内のアナログ HF 信号の伝送が低減し、受信の質が向上します。 

 

HIRSCHMANN MOBILITY リモート チューナー モジュールの技術的な特長:

  • サポートされている無線サービス: AM、FM、DAB、DRM、HD 無線
  • オーディオ、データ、およびファームウェア更新用の A2B デジタル インタフェース
  • ハイエンド バリエーションには、最大 6 つの別々のチューナー、プログラム可能なファンタム電源 
  • 統合アンテナ診断

TE について

TE Connectivity社は、最先端の技術と製造において世界をリードする年間売上140億米ドルのグローバル企業です。より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、75年以上に渡り過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。8,000名を超える設計エンジニアを含む約80,000名の従業員を擁するTE Connectivity社は、世界約140カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。詳細はwww.te.com や各種SNS (LinkedIn, Facebook, Twitter)をご覧ください。

詳細を表示