自動倉庫

自動倉庫

自動倉庫機器は、倉庫、物流センター、フルフィルメント センターの業務を最適化するために使用されています。これらの機器は、在庫の保管、ピッキング、移動などの主要なタスクの自動化を部分的または完全にサポートできます。

はじめに

Industry 4.0 とセンサおよびスマート技術の急速な発展、さらには e コマースや食品配達市場の成長により、自動倉庫は著しい成長を遂げています。施設内での物資の運搬、整理、配送を自動化することで、生産性や商品の発送を大幅に最適化することができます。無人搬送車 (AGV)自律移動ロボット (AMR) は、定型的な物資配送などの内部運搬タスクに使用されるロボットです。AGV は有線またはストリップで誘導する必要があります。それに対して AMR は、スマート ナビゲーションを搭載したより柔軟性の高いロボットです。自動倉庫システム (ASRS) は、ロボットが物資保管の処理、物資の配置や在庫ローテーションに関するスマートな決定、ピックアップや出荷準備などの業務全体を行うシステムです。ただし、ほとんどの倉庫では、(少なくとも予見可能な近未来においては) 常にロボットと人間が共同で作業し、フォークリフトは依然として倉庫の主要な機器として活躍しています。

 

TE は、基板接続およびリレー製品の広範なポートフォリオと電動化バッテリー充電ステーション電気制御ユニット (ECU) および配線向けのソリューションを通じて、フォークリフトAGVAMRASRS のさまざまなトレンドや開発を実現しています。AMP、DEUTSCH、KILOVAC、SCHRACK、Potter & Brumfield (P&B)、KISSLING、Corcom、ENTRELEC、Intercontec などの既知のブランドから、業界をリードするモータおよびバッテリー接続ソリューション、コンタクタ、車両配線の堅牢な接続ソリューションを提供しています。当社は、長年にわたってスモール フォーム ファクタの高速接続に取り組んできた経験を基に、お客様が小型化のトレンドや増大するデータ要件に遅れを取らないよう支援します。お客様は、現場で取り付け可能な当社のコネクタ ソリューションを利用して施工の柔軟性を高め、計画コストや物流コストを削減できます。当社にはグローバルな製造拠点、物流、およびサポート ネットワークがあり、グローバルにビジネスを展開している企業は世界各地で当社から物資を調達できます。さらに、当社のフィールド アプリケーション エキスパートから製品選択、アーキテクチャの評価、倉庫機器の機能やコストの最適化についてサポートを受けることも可能です。

モータ コントローラ (インバータやドライブと呼ばれることもあります) は、自動倉庫用機器に搭載されたモータの駆動や制御を行います。 モータの効率化と品質管理を可能にするには、モータとインバータを高速かつ信頼性の高い方法で接続する必要があります。工場ベースのあらゆる電動化と同様に、フォークリフト、AGV/AMR、ASRS などの自動倉庫機器においても、衝撃および振動性能とシーリングが重要な要因になります。以下に示す当社の電動化向け製品は、高品質で信頼性の高い接続をスモール フォーム ファクタで提供するために特別に設計されています。

-

フォークリフト、AGV、AMR、ASRS シャトルに適した最新のリチウムイオン バッテリーは、バッテリー セル、セル管理システム (CMS)、およびバッテリーマネージメントシステム (BMS) で構成されています。 CMS は、セルの監視や充電電流の平衡化を担当します。BMS は、バッテリーの状態 (例: 電流センサによる充電状態の表示) と健全性 (例: 温度測定による監視) を監視し、充電と再充電を最適化して、負荷と充電器の接続/切断を行います。自動倉庫では、運転車両の信頼性がきわめて重要であり、車両は高い振動に耐える必要があります。バッテリー コネクタはシステム内の最も脆弱な部分のひとつであり、生産の停止を避けるには堅牢で質の高い接続が欠かせません。さらに、バッテリーの小型化はシステムの小型化を意味しており、接続はその小型化を可能にする必要があります。以下に、当社のバッテリーマネージメント向け製品を示します。これらの高品質な製品は、激しい振動が発生する過酷な環境で機能するよう設計されています。

-

バッテリーを搭載している機器は必ず充電する必要があります。 自動倉庫ではスピードが鍵であり、倉庫で働く各種ロボットが充電のために数時間も動作を停止してはなりません。したがって、倉庫の充電電流は 40 ~ 300 A と高くなる傾向があります。 

-

フォークリフト、AMR/AGV、ASRS では、多数のコントローラ、センサ、アクチュエータ、ヒューマン マシン インタフェース (HMI) の間を配線する必要があります。 フォークリフトのハーネス アーキテクチャは自動車によく似ており、電圧および電流レベルは商用車と同等です。そのため、ハーネスの複雑さと環境条件も似ています。AGV と AMR では、一部のセンサやアクチュエータ デバイスが工場ユース ケースを起源としているため、車両型と工場型の混合的な配線アプローチが使用されています。これらすべてのシステム (センサ、コントローラ、アクチュエータ、HMI) を連携して機能させるには、それらの間の接続が堅牢で、高い振動負荷に耐えられる必要があります。センサとアクチュエータについては、サプライヤ間の相互運用性と、ほこり・液体・振動からの高度な保護が重要です。以下に、当社の ECU および車両配線向け製品を示します。これらの製品は自動化の要件と過酷な環境を念頭に置いて設計されており、デバイスに組み込みやすいようにプッシュ/プル技術、シングルペア イーサネット (SPE)、複数のコネクタ取り付けオプション (パネル取り付けや基板取り付けなど) に対応する信頼性の高い現場取り付け可能なソリューションを提供します。

-