Kevin Brown
Kevin Brown
TE で働く人々こそが、競合から抜きん出ている理由です。当社が持つ経験の深さと世界的スケールは、業界でも比類なきものです。

Kevin Brown は、アプライアンス事業部門でシニア グローバル アカウント マネージャを務めています。 Kevin が TE に入社したのは 2001 年のことで、米海軍の士官として 5 年間の原子力潜水艦任務を終えた後でした。 Kevin のキャリアは自動車部門から始まり、TE の衛星無線、GPS、携帯電話アンテナ製品をサポートする業務を行っていました。また、世界的な自動車メーカーが OnStar® 車両診断システムと XM Satellite Radio で業界をリードするようになると、新しい車両用途の開発に取り組む業務に配属されました。彼はカスタマー サポートとしての役割を果たしながら、この世界的な自動車メーカーがミシガン州ウォーレンに設置している技術センターに出入りしていました。そしてこの業務こそが、このような技術的なバックグラウンドを活用できる場となったのです。 現在 Kevin は、TE のフィールド エンジニアとアカウント マネージャのチームを管理する立場にあります。このチームは、業界をリードするアプライアンス OEM を対象として、設計センターと製造施設をサポートする業務を行っています。Kevin とチームのメンバーに課せられた任務は、端子、コネクタ、センサ、チューブ、リレーの各製品に重点を置きながら、最良のカスタマー サービスや高い製品品質、そして革新的な設計を提供することです。

1

現在の最大のトレンドはどのようなものでしょうか?

アプライアンス業界は、アジアの製造元が増加したことで競争が激しくなっています。そのため、欧米の各ブランドには大きなプレッシャーがかかっている状況であり、顧客からのコスト削減要求も高まっています。また、消費者がアプライアンスに求める機能と利点もますます増加しています。最新の製品には新しい機能が搭載されることになりますが、そのためにはさらなる相互接続が必要です。

2

気に入っている TE の製品はありますか?

アプライアンスの新しいセンサ製品ラインに携わるのは本当にやりがいのある業務です。新しい製品セグメントに参入し、市場を開拓および理解して、新たな売上をもたらす機会を TE に与えてくれます。当社のお客様は、センシング技術を必要とする機能と次々と追加していますが、技術的な課題に対処できるソリューションを見つけるお手伝いができることには本当にやりがいを感じます。

3

今日の自分に影響を与えた人物は誰ですか?

米海軍の William Burke 提督です。彼は私が U.S.S.Toledo 潜水艦 (SSN-769) に配属されていたときの司令官でした。提督はリーダーとしての振る舞い方と、優れた判断を行うための確固たるプロセスを教えてくれました。これは、潜水艦に乗務するうえで不可欠な要素です。彼が特に強調していた点が、準備とトレーニング、間違いから学ぶこと、そして同じ間違いを繰り返さないようにすることの大切さです。

4

これまでに受けた教育やトレーニングは、優れたカスタマー エクスペリエンスを提供するうえでどのように役立っていますか?

エンジニアリングとビジネスの経験を組み合わせることで、常に技術的な問題の解決と費用対効果の両立を実現し、お客様にさらなる価値を提供できるようになるものと考えています。TE には、お客様を中心として考え、仲間意識を良い方向に働かせる文化があります。私たちの職務には困難も伴いますが、お客様にとってプラスになるように業務を遂行しているのであり、そのプロセスを通じてお互いをサポートしているのです。

5

プロジェクトから学んだ教訓は、将来の業績に影響を与えるためにどのように活用していますか?

お客様をサポートする全般的なプロセスは、どのような業界であってもそれほど違いはありません。誰もが、順調に進まなかったプロジェクトからも、優れた実績を残したプロジェクトからも教訓を得ているはずです。どのような問題が発生するのか予測することはできませんが、これまでの経験に基づき、チーム全体と協調して業務を進められるような質問を投げかけることで、リスクを最小限に抑える方法を考え、これまでに得た教訓を新しいプロジェクトに応用することはできます。 

5

米海軍の士官として原子力潜水艦での任務を 5 年間にわたり遂行

2001

Kevin が TE に入社した年

TE には、お客様を中心として考え、仲間意識を良い方向に働かせる文化があります。
Kevin Brown,
グローバル アカウント マネージャ
Kevin Brown
Kevin Brown
TE で働く人々こそが、競合から抜きん出ている理由です。当社が持つ経験の深さと世界的スケールは、業界でも比類なきものです。

Kevin Brown は、アプライアンス事業部門でシニア グローバル アカウント マネージャを務めています。 Kevin が TE に入社したのは 2001 年のことで、米海軍の士官として 5 年間の原子力潜水艦任務を終えた後でした。 Kevin のキャリアは自動車部門から始まり、TE の衛星無線、GPS、携帯電話アンテナ製品をサポートする業務を行っていました。また、世界的な自動車メーカーが OnStar® 車両診断システムと XM Satellite Radio で業界をリードするようになると、新しい車両用途の開発に取り組む業務に配属されました。彼はカスタマー サポートとしての役割を果たしながら、この世界的な自動車メーカーがミシガン州ウォーレンに設置している技術センターに出入りしていました。そしてこの業務こそが、このような技術的なバックグラウンドを活用できる場となったのです。 現在 Kevin は、TE のフィールド エンジニアとアカウント マネージャのチームを管理する立場にあります。このチームは、業界をリードするアプライアンス OEM を対象として、設計センターと製造施設をサポートする業務を行っています。Kevin とチームのメンバーに課せられた任務は、端子、コネクタ、センサ、チューブ、リレーの各製品に重点を置きながら、最良のカスタマー サービスや高い製品品質、そして革新的な設計を提供することです。

1

現在の最大のトレンドはどのようなものでしょうか?

アプライアンス業界は、アジアの製造元が増加したことで競争が激しくなっています。そのため、欧米の各ブランドには大きなプレッシャーがかかっている状況であり、顧客からのコスト削減要求も高まっています。また、消費者がアプライアンスに求める機能と利点もますます増加しています。最新の製品には新しい機能が搭載されることになりますが、そのためにはさらなる相互接続が必要です。

2

気に入っている TE の製品はありますか?

アプライアンスの新しいセンサ製品ラインに携わるのは本当にやりがいのある業務です。新しい製品セグメントに参入し、市場を開拓および理解して、新たな売上をもたらす機会を TE に与えてくれます。当社のお客様は、センシング技術を必要とする機能と次々と追加していますが、技術的な課題に対処できるソリューションを見つけるお手伝いができることには本当にやりがいを感じます。

3

今日の自分に影響を与えた人物は誰ですか?

米海軍の William Burke 提督です。彼は私が U.S.S.Toledo 潜水艦 (SSN-769) に配属されていたときの司令官でした。提督はリーダーとしての振る舞い方と、優れた判断を行うための確固たるプロセスを教えてくれました。これは、潜水艦に乗務するうえで不可欠な要素です。彼が特に強調していた点が、準備とトレーニング、間違いから学ぶこと、そして同じ間違いを繰り返さないようにすることの大切さです。

4

これまでに受けた教育やトレーニングは、優れたカスタマー エクスペリエンスを提供するうえでどのように役立っていますか?

エンジニアリングとビジネスの経験を組み合わせることで、常に技術的な問題の解決と費用対効果の両立を実現し、お客様にさらなる価値を提供できるようになるものと考えています。TE には、お客様を中心として考え、仲間意識を良い方向に働かせる文化があります。私たちの職務には困難も伴いますが、お客様にとってプラスになるように業務を遂行しているのであり、そのプロセスを通じてお互いをサポートしているのです。

5

プロジェクトから学んだ教訓は、将来の業績に影響を与えるためにどのように活用していますか?

お客様をサポートする全般的なプロセスは、どのような業界であってもそれほど違いはありません。誰もが、順調に進まなかったプロジェクトからも、優れた実績を残したプロジェクトからも教訓を得ているはずです。どのような問題が発生するのか予測することはできませんが、これまでの経験に基づき、チーム全体と協調して業務を進められるような質問を投げかけることで、リスクを最小限に抑える方法を考え、これまでに得た教訓を新しいプロジェクトに応用することはできます。 

5

米海軍の士官として原子力潜水艦での任務を 5 年間にわたり遂行

2001

Kevin が TE に入社した年

TE には、お客様を中心として考え、仲間意識を良い方向に働かせる文化があります。
Kevin Brown,
グローバル アカウント マネージャ