Jim Connors
Jim Connors
主要なプラットフォームの変革が新しいテクノロジーの原動力となり、新たな機会につながると考えています。今後数年間にわたって備えるべきものを受け入れることが重要です。

Appliances 事業部 Field Engineering 部門 の Director である Jim Connors は、お客様と協力し合い、製品および用途のソリューションを提供します。 カストマー エクスペリエンス全般を向上するため、Appliances 事業部および TE の他の事業部全域にわたるチームワークの重要性を強調しています。1980 年代には、AMP Incorporated の顧客向けにミリタリ製品を設計するエレクトロニクス実装エンジニアでした。1999 年に AMP は TE に買収されましたが、両社の共同プロジェクトを担当していた彼は、TE の企業文化、イノベーションとその膨大な専門知識に魅了されました。TE における 28 年以上の実績を携えた現在では、チームの焦点をお客様に定め、社内外にカストマー サポートを提供することによって、Appliances 事業部を先導しています。その方針について、「カストマー エクスペリエンスの重視に取り組むことは、お客様の声を組織の全面に取り入れる機会となります」と述べています。

1

最も楽しいと思う業務は何ですか?

お客様とのやりとり、用途の課題に挑戦すること、お客様をはじめ TE のさまざまな部門のチーム メンバと協力し合って革新的なソリューションを見い出すことです。主要なアプライアンス OEM に 10 年以上携わってきた結果、エンジニアリング、購買、工場とそのオペレーションに精通するようになりました。チャレンジであると同時に、とても貴重な学習体験となりました。

2

現在の役割における管理方針と、その基盤となる経営戦略を教えてください。

成功の鍵は、チームワークです。Appliances 事業部の使命は、製品ラインと専門知識のコンピテンシー領域全体からソリューションを探し出し、フィールド セールスの技術チームに包括的なサポートを提供することです。戦略は、次期の設計プラットフォームに主眼を置くことです。市場、産業分野、当社のお客様が必要としているソリューションを確保することが重要です。

3

どのようなコンセプトやアイディアに刺激されますか?

TE の製品ラインナップに最近追加されたセンサ製品は、とても興味深い展開です。現在、アプライアンスの用途の多くは、何らかの形でセンサを使用しており、相互接続ソリューションが必要とされています。また、コネクテッド ホーム分野のアプライアンスは進化し続けているので、お客様に対する価値を生み出す新しいソリューションの発見に意欲を燃やしています。

4

お客様との信頼関係を構築する際に重視すべきことは何ですか?

これまで、TE の企業文化はお客様の満足度に貢献してきました。現在、カストマー エクスペリエンスの向上が新たに注目されており、企業全域にわたってこれを次のレベルに高めようとしています。今日、市場を活性化しているのは「スピードの必要性」です。消費者向けのイノベーションをいち早く市場にもたらすことに大きな利点があることは明らかです。

5

今後 1、2 年のアプライアンス市場の状況についてどのようにお考えですか?

未来が見えるようになってきたと思います。それを明確にするのは、お客様の固定化、複数のプラットフォームで利用できる製品の重視、短い設計サイクル、新しいプラットフォームとリフレッシュ品発売の増強です。今後も新しいプラットフォームの機会にエネルギ効率の焦点を定め、当社の「スマート アプライアンス」事業に力を注いでいきます。

消費者向けのイノベーションをいち早く市場にもたらすことが、勝利に結びつきます。
Jim Connors,
Field Engineering 部門 Director
Jim Connors
Jim Connors
主要なプラットフォームの変革が新しいテクノロジーの原動力となり、新たな機会につながると考えています。今後数年間にわたって備えるべきものを受け入れることが重要です。

Appliances 事業部 Field Engineering 部門 の Director である Jim Connors は、お客様と協力し合い、製品および用途のソリューションを提供します。 カストマー エクスペリエンス全般を向上するため、Appliances 事業部および TE の他の事業部全域にわたるチームワークの重要性を強調しています。1980 年代には、AMP Incorporated の顧客向けにミリタリ製品を設計するエレクトロニクス実装エンジニアでした。1999 年に AMP は TE に買収されましたが、両社の共同プロジェクトを担当していた彼は、TE の企業文化、イノベーションとその膨大な専門知識に魅了されました。TE における 28 年以上の実績を携えた現在では、チームの焦点をお客様に定め、社内外にカストマー サポートを提供することによって、Appliances 事業部を先導しています。その方針について、「カストマー エクスペリエンスの重視に取り組むことは、お客様の声を組織の全面に取り入れる機会となります」と述べています。

1

最も楽しいと思う業務は何ですか?

お客様とのやりとり、用途の課題に挑戦すること、お客様をはじめ TE のさまざまな部門のチーム メンバと協力し合って革新的なソリューションを見い出すことです。主要なアプライアンス OEM に 10 年以上携わってきた結果、エンジニアリング、購買、工場とそのオペレーションに精通するようになりました。チャレンジであると同時に、とても貴重な学習体験となりました。

2

現在の役割における管理方針と、その基盤となる経営戦略を教えてください。

成功の鍵は、チームワークです。Appliances 事業部の使命は、製品ラインと専門知識のコンピテンシー領域全体からソリューションを探し出し、フィールド セールスの技術チームに包括的なサポートを提供することです。戦略は、次期の設計プラットフォームに主眼を置くことです。市場、産業分野、当社のお客様が必要としているソリューションを確保することが重要です。

3

どのようなコンセプトやアイディアに刺激されますか?

TE の製品ラインナップに最近追加されたセンサ製品は、とても興味深い展開です。現在、アプライアンスの用途の多くは、何らかの形でセンサを使用しており、相互接続ソリューションが必要とされています。また、コネクテッド ホーム分野のアプライアンスは進化し続けているので、お客様に対する価値を生み出す新しいソリューションの発見に意欲を燃やしています。

4

お客様との信頼関係を構築する際に重視すべきことは何ですか?

これまで、TE の企業文化はお客様の満足度に貢献してきました。現在、カストマー エクスペリエンスの向上が新たに注目されており、企業全域にわたってこれを次のレベルに高めようとしています。今日、市場を活性化しているのは「スピードの必要性」です。消費者向けのイノベーションをいち早く市場にもたらすことに大きな利点があることは明らかです。

5

今後 1、2 年のアプライアンス市場の状況についてどのようにお考えですか?

未来が見えるようになってきたと思います。それを明確にするのは、お客様の固定化、複数のプラットフォームで利用できる製品の重視、短い設計サイクル、新しいプラットフォームとリフレッシュ品発売の増強です。今後も新しいプラットフォームの機会にエネルギ効率の焦点を定め、当社の「スマート アプライアンス」事業に力を注いでいきます。

消費者向けのイノベーションをいち早く市場にもたらすことが、勝利に結びつきます。
Jim Connors,
Field Engineering 部門 Director