この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

概要

当社の Raychem MWTM 中肉熱収縮チューブは、RoHS および REACH 規制に準拠しており、海洋用途向けに承認されています。

当社の Raychem MWTM 中肉熱収縮チューブは、低電圧ケーブルの外装シースや芯線絶縁の電気的・物理的特性と、堅牢性・取り付けやすさという特長を兼ね備えています。 これは、低電圧電力ケーブルのジョイントおよび結線の絶縁・保護・シーリングや、その他のケーブル付属品および電気接続部の用途に幅広く利用されています。この中肉熱収縮チューブは、ハロゲンフリーで紫外線安定性が高い Raychem 熱収縮ポリマでできています。このチューブを加熱すると、本来の直径まで収縮し、さまざまなサイズのケーブルやケーブル付属品に密着します。また、チューブ内側のシール材により、極端に不規則な形状であっても確実な防湿性をもたらします。ホットメルト シール材がコーティングされていないバージョンもあります。このチューブは過酷な気候条件や汚染された環境において長期間信頼性が維持されることが現場で実証されており、通常の条件下で保管した場合、保管寿命に制限はありません。

グレーのバー

主な特長

  • 低電圧用途に適した、優れた電気的特性と機械的強度を提供  
  • 中肉の架橋ポリオレフィン、紫外線安定性、耐候性
  • ハロゲンおよびシリコンフリー材料、非腐食性、非毒性、鉛・アルミニウム非含有
  • ホットメルト接着剤によるインライン コーティング、コーティングなしのバージョンもあり
  • 黒、3:1 の収縮率
  • 無限の保管寿命
グレーのバー
グレーのバー
  1. エネルギ用途向けの熱収縮技術 (英語)

TE の Raychem 熱収縮技術をお客様の電力システムに正しく取り入れる方法について説明します。

グレーのバー

FAQ

よくある質問 (FAQ)

Q: TE の Raychem MWTM 中肉熱収縮チューブはどのような用途に使用できますか?

A: この Raychem 中肉熱収縮チューブは汎用的な熱収縮チューブであり、通常は低電圧端末材キットにおいて芯線保護材として使用されます。このチューブは RoHS および REACH 規制に準拠しており、海洋用途向けに承認されています。JCN ケーブルのジャケット修復用として RUS 認証を取得しています。コーティングなしの MWTM チューブ (-U または -A/U) はケーブル再被覆専用です。

 

Q: この中肉熱収縮チューブはどのような種類のケーブルに使用できますか?       
A:
この中肉熱収縮チューブは収縮率が高いため、幅広い直径のケーブルの低・中・高電圧電気ジョイント、スプライス、結線に使用できます。

 

Q: この中肉熱収縮チューブの素材は何ですか?        

A: この中肉熱収縮チューブは Raychem 熱収縮材でできています。この特別に配合された中肉の架橋ポリオレフィンは、加熱すると本来の押し出し成形直径まで収縮します。

熱収縮材を構成するポリマ材料には高エネルギの電子線が照射されており、これによって隣接する分子の永続的な架橋 (分子間結合) が形成されます。架橋によって熱収縮材の融解特性が失われ、結晶融点を超える温度まで加熱しても融解しなくなります。この温度を超えると熱収縮が広がり、そのとき形成された形状は、温度が再び結晶融点以下に下がってもそのまま維持されます。

TE の Raychem 熱収縮チューブを適切に取り付けると、長期にわたってその性能が維持され、グリッドのコネクティビティと信頼性の向上に数十年間寄与します。

 

Q: TE の Raychem 中肉熱収縮チューブは TE の設置トレーニング スケジュールに含まれていますか?

A: はい、この中肉熱収縮チューブはトレーニング プログラムに含まれています。詳細については、TE.com/trainingcenter をご覧ください。

仕様と特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • 材料システム  架橋ポリオレフィン

  • 電源ケーブル チューブおよびアクセサリの技術  熱収縮

  • 電源ケーブル チューブおよびアクセサリの製品タイプ  熱収縮チューブ

  • 接着剤コーティング  いいえ, はい

  • 電源ケーブル チューブおよびアクセサリの収縮率  > 2.5:1, > 3:1

  • 壁面のスタイル (接着剤を除く)  単一

  • コンポーネント設計  熱収縮

  • コーティング スタイル  インライン

ボディの特徴

  • 柔軟性  セミリジッド

  • 色 

寸法

  • 適用直径 (最大) (mm) 9, 14.5, 22.5, 31.5, 45, 57, 68, 77, 86, 104, 126, 144, 162, 220, 255

  • 適用直径 (最大) (in) .354, .57, .885, 1.24, 1.771, 2.244, 2.677, 3.031, 3.385, 4.094, 4.96, 5.669, 6.377, 8.661, 10.039

  • 適用直径 (最小) (mm) 3.5, 5.5, 9, 13, 18, 21, 24, 28, 32, 37, 46, 55, 66, 88, 149

  • 適用直径 (最小) (in) .137, .216, .354, .511, .708, .826, .944, 1.102, 1.259, 1.456, 1.811, 2.165, 2.598, 3.464, 5.866

  • 電源ケーブル チューブおよびアクセサリの収縮前の内径 (最小) (mm) 10, 16, 25, 35, 50, 63, 75, 85, 95, 115, 140, 160, 180, 245, 285

  • 電源ケーブル チューブおよびアクセサリの収縮後の内径 (最大) (mm) 3, 5, 8, 12, 16, 19, 22, 25, 29, 34, 42, 50, 60, 80, 135

  • 電源ケーブル チューブおよびアクセサリのカット長 (mm) 50, 60, 70, 75, 80, 100, 125, 130, 150, 200, 225, 230, 250, 300, 350, 400, 425, 450, 500, 525, 550, 600, 650, 700, 750, 800, 850, 900, 1000, 1200, 1300, 1400, 1500

  • 復元時の肉厚 (最大) (mm) 1, 1.4, 2, 2.4, 2.7, 2.8, 3.1, 3.2

  • 肉厚 

使用条件

  • 電源ケーブル チューブおよびアクセサリの燃焼性  非難燃性

  • 環境抵抗  変圧器油、炭化水素, 湿気、屋外暴露、雨、塩水、汚染水…

  • 耐薬品性  はい, 変圧器オイルおよび炭化水素 (両方とも、タイプ、条件および曝露時間に依存)

動作/用途

  • UV 安定性  はい

  • 機械抵抗  対機械的衝撃または損傷, 高伸長

  • 低煙排出量  はい

  • 非毒性かつ非腐食性の排出  はい

  • 海洋およびオフショアの認定造船  はい

  • 熱抵抗  低温に適用可能, 低温に適用可能、高温に適用可能、難燃性

  • 無公害  いいえ

  • 鉛、カドミウム、重金属なし  はい

業界スタンダード

  • 規格  IEC 60684-3-214、IEC 60684-3-246、IEC 60684-3-247、HD631.2

  • UL 定格  いいえ

  • CSA 認定済み  いいえ

製品在庫状況

  • 電源ケーブル チューブおよびアクセサリの在庫状況  ANZPAC, EMEA, アジア, アメリカ, ワールドワイド, 中国

実装の特徴

  • スプール長 (m) 10, 15, 150, 200, 25, 30, 300, 350, 40, 400, 50, 60, 70

  • スプール長 (ft) 100, 75

その他

  • 製品用途  LV ケーブルの修理、MV ケーブル ジャケットの修理、MV スプライスの再被覆、エルボー シーリング スリーブ, 絶縁、保護、密閉の電源ケーブル ジョイント

  • その他の利用可能な色  いいえ

参照番号

  • TE用番号 CAT-MWTM

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。