車両の画像とアンテナ信号

V2X (Vehicle-to-Everything) - 他の車両や周囲との通信

自動車コネクティビティの重要な段階のひとつに、V2X (Vehicle-to-Everything) 技術があります。当社では、この技術を高度道路交通システムに組み込む革新的な方法と取り組んでいます。

ホワイト ペーパーをダウンロードする
オプションを選択しない場合、項目をすべてご入力ください

V2X

他の車両や周囲との通信

車両アーキテクチャという観点から、V2X (Vehicle-to-Everything) 技術はよく追加のセンサ ユニットと考えられています。それは、リアルタイムの見通し外 (Non-Line-Of-Sight) 通信機能を備えた、「曲がり角の向こうを見る」最新の先進運転者支援システム (ADAS) と自律運転機能を実現します。
 

車両アーキテクチャの中に V2X システムを導入するための高度なアプローチがいくつかあります。このホワイト ペーパーでは、次の 2 つの方法について検討します。

  • 完全独立型 V2X 制御ユニット、複雑な V2X スタックとアプリケーションの統合
  • 分散 V2X システム、V2X アプリケーションをリモート TCU で操作し、V2X ラジオをアンテナに近接させる

 

5.9 GHz
V2X 通信に使用されるこの周波数帯域機能には、特殊なアンテナ構想が必要です。
360° 視認性
は、高性能 V2X アンテナ システムを使って達成されます。

ホワイトペーパーのダウンロード

このホワイト ペーパーでは、V2X 機器の最適な設置場所を検討します。また、V2X 対応アンテナおよび補償器、カスタムの車載ネットワーク インタフェース搭載 V2X 制御ユニットに対応する TE のソリューションをご紹介します。特に、TE の HIRSCHMANN MOBILITY 製品群が DSRC 規格および C-V2X 規格のどちらにも適合すること、さらにお客様の個別の要件に対応した当社独自の単一ソース システム ソリューションの開発について説明します。

このシリーズのその他のトレンド ペーパーをダウンロードしてご覧ください。