この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

特長

  • ±0.2 ºC 公差 @ +25 ºC
  • カスタムの公差にも対応
  • 小型 BetaCURVE デバイスより小型
  • 急速な短い温度反応 (液体中 200 ミリ秒)
  • 温度範囲 -40ºC ~ +125ºC

適用事例

  • ローボリューム流量センサ (液体および気体)
  • 実験動物の研究
  • Peltier 温度追跡センサ
  • 浴室のシャワーの温度制御
  • DNA 研究センサ
  • 医療用カテーテル

FAQ

よくある質問

精度・互換性・ベータ公差・公差比較・安定性・ドリフト・湿気による故障などの NTC サーミスタの精度の詳細を知るにはどうすればよいですか?

特定の用途に最も適した温度プローブを設計する際は、重要なパラメータを巧みに調整しながら用途要件に対応させるという選択作業を続けることになります。最適な温度センサを選ぶことがこの作業の重要な要素です。詳細については、アプリケーションノートをダウンロードしてください。  NTC サーミスタ センサ性能

 

NTC サーミスタを設計する際に、試験に関する考慮事項は何がありますか?

サーミスタは熱に弱いデバイスで、あらゆる熱エネルギ源から影響を受けます。すなわち、気温・自己発熱・伝導された熱・熱放射・日射などの影響を受けます。試験を適切にセットアップするには、これらの影響を十分に制御して影響を定量化して最小限に抑えることが重要になります。詳細については、アプリケーションノートをダウンロードしてください。 NTC サーミスタ試験に関する考慮事項

 

温度センサはどのように流量測定用途で使用されていますか?

NTC サーミスタは、自己発熱による誤差防止のため、電力を最低限に抑えられる温度測定や温度制御の用途で最もよく使用されています。しかし、意図的に自己発熱させて気温よりも十分に高くしたサーミスタを流量検出器として使用することはできます。 詳細については、次の資料をダウンロードしてください。 空気流量測定用の NTC サーミスタ

 

センサが放射にさらされる用途では、どのような NTC サーミスタを指定すればよいでしょうか?

NTC サーミスタと放射に対する暴露に関連するよくある質問をご覧ください。  

放射線暴露環境での NTC 性能 | FAQ

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • モデル番号  GA2K7MCD1

  • センサのタイプ  NTC サーミスター

  • 公差ベータ値 (%) ±.5

ボディの特徴

  • ワイヤ接続  オープン エンド

寸法

  • ワイヤ長 (mm) 152

使用条件

  • 抵抗 (参照温度) (kΩ) 2

  • 公差抵抗 (%) ± .88

  • 周囲温度範囲 (°C) -40 – 125

  • 抵抗の参照温度 (°C) 25

  • 温度の精度 (°C) ±.2 (0 ~ 70)

動作/用途

  • ワイヤ/クラッディング接続  2 x 38 AWG ニッケル、ポリエステル絶縁、バイファイラ、.12 x .24 mm

実装の特徴

  • パッケージ  マイクロ エポキシ ディスクリート

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。