DIP スイッチ、SIP スイッチ

コンピュータ、周辺機器の構成を最適化

TE では、表面実装型 DIP スイッチとスルーホール型 DIP スイッチの多彩なポートフォリオをご提供しています。アクチュエータのスタイルとサイズも豊富に取り揃え、幅広い用途に対応します。TE がご提供する DIP スイッチは 1 極~ 12 極の極数展開で、スタッカブル スイッチの追加にも対応できます。DIP スイッチほど普及していませんが、SIP スイッチでは、共通のピンで複数の抵抗器と RAM チップを実装できます。

DIP (デュアル インライン パッケージ) スイッチは、一連の小さなスイッチで構成されている手動電子パッケージです。 角形ケースと、平行な 2 列構成の接続端子を備えています。一般的な DIP スイッチの特徴としては、テープ/リール パッケージング/刻印マーク/CE・CSA 認定/UL 認定/防塵性/防水性/耐候性が挙げられます。

 

DIP スイッチには、ノーマル オープン (NO)、ノーマル クローズ (NC)、スリー ステージ切り替え型があります。DIP スイッチの種類には、凸状または凹状のスライドが付いたスライド アクチュエータ、凸型または凹型のロッカが付いたロッカ スイッチ、「キー」を押下して作動させるサイド作動レバー型のピアノ スイッチがあります。DIP スイッチは通常、マザーボード/拡張カード/補助カード上に設けられ、多くの場合、コンピューターや周辺機器 (基板、モデムなど) の設定を維持するために使われます。

 

SIP (シングル インライン パッケージ) スイッチは、1 列構成の接続ピンを備えたコンピューター チップ パッケージです。通常、SIP スイッチのボディはセラミック製またはプラスチック製で、リード数は 4 ~ 64 本です。SIP スイッチには、コンフォーマル コーティング/コーティングなし/成形タイプの 3 種類があります。SIP スイッチは、DIP プロセスまたは表面実装デバイス プロセスのいずれかを使用する形で、小型基板に RAM チップを集約配置します。

 

ボードには、システムまたはシステム拡張ボードのソケットに接続する、1 列構成のピン リードが設けられています。小型 SIP スイッチは通常、抵抗アレイやダイオードなど、等価の部品を平行アレイ状に配置したデバイスです。大型 SIP スイッチは通常、タイマーやオシレータなどのハイブリッド回路です。