DEUTSCH 83723 シリーズ III 丸型コネクタ

引き継がれる信頼性

70 年以上にわたり、DEUTSCH 電子コンポーネントの製品ラインナップは、民間航空宇宙およびミリタリ航空宇宙、石油およびガス技術、ヘビーデューティ交通機関といった最も過酷な環境で使用される技術において、信頼できるコネクティビティの設計を可能にしてきました。こうした製品の中に、既存製品シリーズである DEUTSCH 丸型コネクタ 81511、26482 シリーズ II、83723 シリーズ III があります。

DEUTSCH の物語の始まりは 1950 年代です。 当時、米国海軍と米国空軍は、戦闘機で使用される電子コンポーネントの製品規格を開発しようと競い合っていました。

 

この競り合いで開発された仕様が、多種多様なミリタリ用途だけでなく、民間航空宇宙技術や工場・オフショア生産設備での使用に適した新しいタイプのコネクタの出現につながりました。この時期に開発された 3 つの製品は、時の試練に耐える価値があることが証明されています。その製品とは、TE Connectivity (TE) の既存製品シリーズである DEUTSCH 丸型コネクタ 8151126482 シリーズ 2、および 83723 シリーズ 3 です


これらのコネクタは、技術が進化しても、堅牢で信頼性の高いコネクティビティを一貫して提供しています。長年にわたり、エンジニアはこれらのコネクタを使用することで、失敗できない用途での高性能の動作効率と改善を実現してきました。こうした用途で最も重要な要件は、ミッション クリティカルな用途に影響を与える可能性のある予期しない中断、不要な遅延、許容できない問題やシャットダウンを防止することです。

  1. ネットワーク接続された航空機 (英語)

より高速でスマートな接続性に対応するネットワーク接続された航空機の設計。今日の航空機は、より効率的で安全な飛行のために、これまで以上にネットワーク接続が強化されています。ますます複雑になる航空機システムを管理するため、パイロットと地上職員は迅速により多くの情報が必要になります。これらの要求に対応するため、TE Connectivity (TE) では過酷な環境において信頼性の高い性能を発揮する技術を開発し、現代の飛行機の旅をより速く、より効率的で、より快適なものにしています。

当初から、DEUTSCH の名前は信頼性と密接に関連していました。 DEUTSCH レガシー コネクタは、極端な湿度、温度、天候、腐食、振動に耐えるよう設計されています。これを達成するために、TE のエンジニアは、環境耐性のあるシールで防湿性能を備えたソリューションを設計しました。これは意図しない抜去を防止すると同時に、信頼性の高い接続を確立・交換できる効果的な方法にもなっています。


これらのコネクタは、信頼性に加えて汎用性も念頭に置いて製造されています。この点が、類似の標準製品と異なるところです。約 30,000 の部品で構成可能で、さまざまなシェル サイズ、シェル形状、コネクタ形状、めっきオプション、オスとメス、端子サイズ、およびインサート配置で利用できます。


26482 シリーズ II と 83723 シリーズ III コネクタの標準的な端子の範囲は 2 〜 61 ですが、81511 コネクタではインサート配置と端子配置を選択できるため、端子を 2 〜 155 の範囲で拡大できます。

DEUTSCH 81511 コネクタ

レガシー コネクタが初めて使用されたのと同様に、このソリューションが米国海軍によって最初に開発されたのは約 50 年前です。今日、このコネクタは、古い航空機が確実に動作する状態を維持するための改造や保守に不可欠です。DEUTSCH 81511 コネクタ は通常、電子通信で使用されます。飛行機での電子通信には、パイロットから着陸装置への通信、パイロットから弾薬への通信、パイロットとエンジンとの関係、および航空機全体の通信システムが含まれます。

DEUTSCH 81511 コネクタ
DEUTSCH 81511 コネクタ
DEUTSCH レガシー コネクタ。過酷な環境で高い信頼性を発揮するように設計されています。
DEUTSCH レガシー コネクタ。過酷な環境で高い信頼性を発揮するように設計されています。

DEUTSCH 26482 シリーズ II コネクタ

米国空軍によって開発された DEUTSCH 26482 シリーズ II コネクタは、依然として需要が高く、防衛航空機の一部の重要な領域や、地上車両システム、地上軍をサポートする支援システムなど、多くの防衛プラットフォームに設計されています。これには、現地で生活する兵士が一般的に使用する通信プラットフォームや携帯基地なども含まれます。26482 シリーズ II コネクタは、この種のシステムが基地をパワーアップするために必要とする膨大な量の電力を確実に提供します。これらの重要なシステムによって稼働する携帯基地は、26482 シリーズ II コネクタを利用することで、特に照明、食品サービス、充電製品、および発電機のシステムで、飛行中に信頼性の高いコネクティビティを実現しています。

DEUTSCH 26482 シリーズ II コネクタ
DEUTSCH 26482 シリーズ II コネクタ
DEUTSCH 83723 シリーズ III コネクタ
DEUTSCH 83723 シリーズ III コネクタ

DEUTSCH 83723 シリーズ III コネクタ

26482 シリーズ II と同様に、DEUTSCH 83723 シリーズ III コネクタ (米国海軍によって最初に開発されました) は、当初の目的とは異なる多くの技術で使用されています。現在、83723 シリーズ III コネクタは、ミリタリ用途の航空機やシステムだけでなく、大型の民間航空機のブレーキ システムなどの民間航空機技術でも使用されています。83723 シリーズ III コネクタにより、パイロットと航空機の機能間の通信が容易になります。また、地上支援システムやレーダー システムなど、他の重要なシステムでもよく使用されます。

TE の DEUTSCH レガシー コネクタの各種用途

重大な接続の課題を解決

DEUTSCH レガシー コネクタの製品ラインナップは、失敗できない用途での重大な接続問題を解決することで有名です。これらの実証済みで信頼性の高い製品は、ミッション クリティカルな用途に堅牢なソリューションを提供します。そのため、こうした古い軍用規格のソリューションが現在も使用されています。ミリタリ航空機、ミサイル、地上車両、ソルジャ システムの設計者は、新しい技術を使用することができません。過酷な環境での極端な使用におけるコンポーネントの頑健性と堅牢性を証明するには数十年かかるためです。そのため、実証済みの TE の DEUTSCH レガシー コネクタは現在、最先端の航空宇宙設備や生産設備でも最適な製品として使用されています。DEUTSCH の製品ラインナップをご覧ください。お客様の設計に最適なレガシー丸型コネクタが必ず見つかります。