モデル 19 熱収縮ベルト ヒーター

使いやすく効率的な熱収縮

モデル 19 ベルト ヒータは、幅広い熱収縮製品の取り付けに適した汎用プロセス ヒータです。Raychem チューブ、自動車用スプライス、リング端子および FASTON 端子のどちらの取り付けにも適した設計で、メンテナンスとダウンタイムを最小限に抑えた連続的な動作を実現します。個々の加工対象物は 2 組のタイミング ベルトで固定され、赤外線加熱ゾーンを通過します。次に、加工対象物は冷却ゾーンを通り、最後に収集ビンに集められます。CE 認可済みのシステムは、閉ループ制御方式でモータ速度と加熱素子のどちらにも優れたプロセス制御を実現します。また、高いレベルのプロセス セキュリティによって承認されていないパラメータの変更を防止する、その他の制御機能も搭載されています。

178 mm

最大チューブ長さ 178 mm

5 フィート

1 分あたり最大 5 フィート

700°C

最高外気温 700°C

特長

  • 閉ループ式温度およびベルト速度制御
  • 最高/最低素子温度アラーム バンド
  • 温度・ベルト速度制御のロックアウトにより、未承認の調整を防止
  • 素子温度が低すぎる場合、またはいずれかのアラームが作動している場合は、ゲートをロックアウトして製品の装填を回避
  1. モデル 19 ベルト ヒータ (英語)

モデル 19 ベルト ヒータのデモンストレーションをご覧ください。モデル 19 ベルト ヒータは、最新世代の汎用プロセス ヒータです。幅広い熱収縮製品の取り付けに適しています。

診断および安全性

緊急停止スイッチおよびアラーム
  • ヒーター故障アラーム
  • 駆動回路障害アラーム
  • 緊急停止スイッチ
  • 冷却回路

用途

チューブ、端子、およびスプライス
  • Raychem 熱収縮チューブ
  • リング端子
  • FASTON 端子
  • 自動車用スプライス
  1. シングル ウォール設置 (英語)

シングル ウォール設置

  • 二層構造取り付け (英語)

  • 熱収縮チューブ保護 (英語版)