AD-3050 シール試験装置

すばやく簡単なスプライス サンプリング

AD-3050 シール試験装置は、手動式空気圧デバイスです。同時に最大 8 基の装置でシールド スプライスを試験できる、便利な「インプロセス」サンプリング技法としての使用を目的としています。さまざまなコネクタの漏出試験を可能にするこの工具は、スプライスの保護に Raychem 製品が使われる場合の取り付け条件の予備選択として、すばやく簡単なサンプリング技法として使用されます。AD-3050 シール試験の結果と浸水試験の結果の間には、良好な相関関係が見られています。

特長

  • 複数の試験装置
  • 簡単な試験サンプルの脱着
  • シーリングの完全性をすばやく判定
  • CE 認可済み
  • コネクタ シール試験ポート
  • タイマは 8 ~120 秒に調節可能
  1. 熱収縮チューブ・シーリング (英語版)

熱収縮チューブ・シーリング

  • 熱収縮チューブ保護 (英語版)

仕様

特長 詳細
空気圧供給

最大 600 kPa/6 bar、フィルタ処理供給

最大試験圧力 200 kPa/2 bar

(試験圧力代表値 50 kPa/0.5 bar)

寸法

550 X 350 X 215 mm (21.7 X 13.8 X 8.5 インチ)

(外箱を除く)

総合システム ノイズ 気密試験の微小ノイズのみ
シール試験の装置サイクル時間 代表値 1 分
重量 4 kg (外箱を除く)

用途

スプライス試験
  • 密閉スプライス
  • インライン スプライス
  • スタブ スプライス
使いやすい製品によって、電気スプライスのシーリング・保護から、厳しい環境下の流体管理システムに対する機械的保護まで、幅広い自動車用途にコスト効率に優れた実績あるソリューションを提供します。
適用工具のドキュメント,
Raychem 熱収縮チューブ製品