この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

このユニットはフルブリッジ出力段で構成されており、-40 ~ +90ºC の動作温度範囲を備えています。 わずかな量の内部ガス減衰により、卓越した耐衝撃性を実現します。

特長

  • ピエゾ抵抗 MEMS センサ
  • ±50 g ~ ±2,000 g のダイナミック レンジ
  • DC 2 ~ 10 V で励起
  • ±50 mV 未満のゼロ オフセット値
  • -40 ~ +90ºC の温度範囲

FAQ

よくある質問 (FAQ)

加速度計とは何ですか?

加速度計は、デバイスまたはシステムの加速度や振動を測定します。物理的には、加速度計は単にフレームに接続されたスプリングのおもりと考えることができます。フレームが動いたときに、引き伸ばされたスプリングが質量を動かせるほど十分なエネルギを発するまで、質量は静止したままです。

 

ピエゾ電気 (PE) 式、ピエゾ抵抗 (PR) 式、静電容量 (VC) 式加速度計の違いは何ですか?
「ピエゾ (piezo)」の語源はギリシャ語で、「圧力を加える (piezein)」という意味です。加速度計の場合、これは原料の基本特性を指しています。伸びたり縮んだりすると、ピエゾ電気 (PE) 材料は電荷を出力し、ピエゾ抵抗 (PR) 材料は抵抗に変化が表れます。静電容量 (VC) センサは最も基本的な加速度計で、2 枚の平行なコンデンサ プレート間を移動する慣性質量の静電容量の変化から加速度を算出します。これらは、今日使用されているほぼすべての加速度計の動作原理です。

 

ピエゾ抵抗加速度計で使われる「減衰」という用語について説明してください。
2 枚の移動する大きなプレートの間にわずかなギャップが生じると、空気が変位し、この変位によって質量の動きが遅くなります。これを「動きの減衰」と呼びます。ギャップが正しく調整されていないと、ピエゾ抵抗加速度計は著しい減衰過少または減衰過多のどちらかの状態になります。減衰過多の問題は、センサから得られる有益な帯域幅の損失です。減衰過少のデバイスでは、活発なピーク応答時に近づくと、加速度計が信号のひずみや損傷を生じる傾向があります。たとえば、Q 値 10 のデバイスは、共振時にゲインが 10 倍になることを意味します。たま、1 g の加速度入力は、慣性質量を 10 g に励起します。

 

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • 加速度計タイプ  MEMS DC

  • センサのタイプ  DC 応答プラグ & プレイ加速度計

構成の特徴

  • 電気接続  一体型ケーブル

電気的特性

  • フル スケール電圧出力 (VDC) ±.1

  • 駆動電圧 (VDC) 2 – 10

  • ゼロ加速度出力 (mV) ±50

信号特性

  • 周波数応答 (Hz) 0-1400 ~ 0-7000

ボディの特徴

  • 軸数  1

  • 重量  .5 g [ .017 oz ]

  • 材質  セラミック

機械的アタッチメント

  • 取り付けのタイプ  接着剤

使用条件

  • 使用温度  -40 – 90 °C [ -40 – 194 °F ]

その他

  • 加速レンジ (±) (g) 50, 200, 500, 2000

  • 総加速レンジ (±) (g) 50 – 2000

  • 感度  .15 mV/g, .4 mV/g, .9 mV/g, 2 mV/g

  • 感度レンジ  .15 ~ 2 mV/g

  • 非線形性 (%FSO) ±1

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。