この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • 製品タイプ  端子

  • コネクタ タイプ  電線対基板

  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先  ワイヤ&ケーブル

電気的特性

  • 動作電圧 (VAC) 600

  • 試験電流 (A) 13

端子の特徴

  • 端子形状  丸形

  • 端子のタイプ  ソケット, ピン

  • 端子のベース材質  ブラス, 銅合金

  • 端子嵌合面のめっき仕様  ニッケル, 貴金属, 金, 金/ニッケルを選択, 錫

  • 端子嵌合面のめっき厚 (µin) 15, 30

  • 端子嵌合面のめっき材質の仕上げ  光沢

  • 端子結線部めっき材質  ニッケルに錫めっき, 金, 金フラッシュめっき, 錫

  • 端子の下地めっきの材料  ニッケル

  • バレル タイプ  オープン バレル

  • 端子サイズ  16

  • 端子結線エリアの仕上げめっき  マット, 光沢

結線の特徴

  • ワイヤ/ケーブル サイズ (AWG) 18 – 14, 18 – 16, 24 – 20, 26 – 20, 26 – 24, 30 – 26

  • ワイヤ/ケーブル サイズ (mm²) .05 – .15, .12 – .2, .12 – .5, .13 – .2, .2 – .6, .75 – 1.5, .8 – 1.31, .8 – 1.4, .8 – 2

  • 結線タイプ  はんだ, はんだタブ, クリンプ

機械的アタッチメント

寸法

  • 嵌合ピンの直径 (mm) 1.57

  • 嵌合ピンの直径 (in) .062, .066

  • 許容絶縁被覆範囲 (mm) .36 – .76, .89 – 1.4, 1.02 – 1.52, 1.02 – 2.03, 1.52 – 3.05, 2 – 2.5, 2.03 – 2.54, 2.79 – 3.81

  • 許容絶縁被覆範囲 (in) .014 – .03, .035 – .055, .04 – .06, .04 – .08, .06 – .12, .079 – .1, .08 – .1, .11 – .15

使用条件

  • 使用温度範囲 (°F) -67 – 221

動作/用途

  • 回路用途 (パワー/シグナル)  Signal

  • マルチ クリンプ用  はい

識別マーキング

  • カラー コード  紫, 茶, 青, 黄

業界スタンダード

  • UL ファイル番号  E28476

  • UL 難燃性グレード  UL 94V-0

  • 認証/規格  CSA, IEC, UL

実装の特徴

  • 実装方法  カートン, バラ端子, ボックス, ボックスおよびカートン

  • パッケージ数量  1000, 200

その他

  • コメント  これらの端子は、すべてのコネクタ ハウジングの MultiMate 端子位置で使用できます。, クリンプ バレルを含めた絶縁クリンプ全体の直径が 3.18 mm (.125) を超えてはなりません。, リーディング ピン (標準よりも 1.8mm 長い), 引抜工具 No. 305183, 挿入工具 No. 91002-1 (絶縁直径1.78 [.07] 以下用)、No. 200893-2 (絶縁直径最大 .09 [2.29] 用) 引抜工具 No. 305183。, 端子は、Metrimate、シリーズ 1 (配置23-24)、シリーズ 4 (配置23-13M、23-16M、23-22M)、および VDE コネクタ専用。, 金めっき端子は、錫または銀めっき端子と嵌合しないでください。

  • ワイヤ/ケーブルのタイプ  ディスクリート ワイヤ

  • 用途  CPC コネクタ, G シリーズ コネクタ, M シリーズ コネクタ, VDE コネクタ

  • ワイヤ タイプ  より線, 標準ワイヤ

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。