産業機械用センサ

産業用センサ

産業機械用センサ

産業機械用途の過酷な環境の中で使われる TE Connectivity (TE) のセンサについてご覧ください。

今日の工場がますますインダストリアル IoT (IIoT) フレンドリな設備へと進化する中で、産業機械に使われているセンサが効率性と生産性を向上させるという点に関心が集まっています。 TE Connectivity の (TE) 圧力・位置・温度・速度・振動センサは、工場に設置された機械の中でさまざまに重要な役割を果たしています。これらのセンサが備える機能によって、工場は予知保全、設備監視、機械・プロセス オートメーションなどのベスト プラクティスを利用して、ダウンタイムの削減と製造利益性の向上を確認することができます。また、TE のセンサは、機械を正確に測定・監視しながら、高温や汚染環境などの過酷な環境条件に対応できるように設計されています。     

orange divider

TE では、産業機械用途においてさまざまな圧力ニーズを監視する圧力検知オプションを各種取り揃えています。TE の Microfused 製品ラインに属する IIoT 対応工場向け M5600 ワイヤレス圧力トランスデューサは、ステンレス鋼とポリカーボネート ハウジングに収納され、過酷な産業環境に耐えるように設計されています。アナログまたはデジタル出力を備えた油圧監視用 M3200 圧力トランスデューサは、液体または気体圧力の測定に適しています。また、産業機械内の汚染水・蒸気・弱腐食性流体など、測定の難しい媒体にも使用できます。

アナログおよびデジタル トランスデューサ - そのメリット

ホワイト ペーパー

アナログ トランスデューサとデジタル トランスデューサは、その技術、インタフェース、出力信号においてまったく異なります。また、その操作を説明・指定するために使われる用語も異なります。ホワイト ペーパーをダウンロードして詳細をご覧ください。

orange divider

縫製機器や採掘装置における測定などの多くの産業機械用途において、位置センサは重要な役割を果たしています。これらのタイプのセンサは、産業機械内部のツールの動作を制御する高精度の測定機能を備えています。特に TE の AMR 位置センサ技術は、精度が最優先される過酷な産業環境の中で、センシング素子の使用を可能にします。また、ストリング ポットとも呼ばれるケーブル作動式位置センサは、わずか 1.5 インチから最大 1,700 インチのストローク レンジにわたって線形位置測定が必要とされる、産業機械用途において使用されます。これらの用途には、ファクトリ オートメーション機器とリフト機器を含めることができます。線形可変差動変圧器 (LVDT) は、高精度の信頼性が求められるさまざまな産業用途に対応する確かな線形測定ソリューションです。    

  1. KMXP シリーズ AMR 位置センサのウェビナーのビデオ

磁気抵抗センサ技術、KMXP シリーズの特徴と利点、このセンサが役立つ用途や業界について説明します。

orange divider

産業機械における温度検知は、機械の状態を確認するうえで必要不可欠です。TE のステータ巻線センサは、主にモータ用途において、一貫性のある正確な産業機械の温度監視を実現します。この継続的な監視により、生産時のダウンタイムから工場設備を保護することができます。また、TE の RTD 温度センサは、射出成形装置などの機械内部のベアリングの接触点における温度変化に対する精度と感度を向上させるように設計されています。TE では、高温プロセス測定用の非接触式熱電対列温度センサも製造しています。

orange divider

産業機械用途でメンテナンスが必要であることを示す主な指標となるのは、異常な振動です。増強された振動が「直ちに保守が必要である」という警告となり、予定外のダウンタイムの可能性を軽減することもあります。TE では、過酷な環境で機械の状態を監視する加速度計センサを製造しています。一般的な産業用途の過酷な条件に耐えるように製造された当社の加速度計製品は、さまざまなレベルの振動測定に対応する精度を備え、機械の性能を検証します。

orange divider