製品
ストーリー
街路照明のケース スタディ

ケース スタディ

街路照明のケース スタディ

LED 照明器具は、スイッチング動作から落雷までさまざまな原因によって発生するスパイク電圧に影響を受けやすく、あるドイツの都市にとっては、街路照明を LED 照明器具へアップグレードする上で頭の痛い課題でした。

街路灯を LED 照明器具にアップグレードしようという動きは、あるドイツの都市にとって頭の痛い課題でした。あるドイツの自治体が 28,000 もの街路灯照明器具を LED に切り替えることを計画したとき、LED 照明器具は、スイッチング動作から落雷までさまざまな原因によって発生するスパイク電圧の影響を受けやすいことが知られていました。したがって、LED 照明器具をいかにして保護するかがこの改修計画の要でした。各街路灯のポールの基部にあるヒューズ ボックスにサージアレスタを設置する必要がありました。

課題

ヒューズ ボックスの交換は、ボックス内部の部品を配線し、照明器具のケーブルを接続しなければならないため、時間がかかります。自治体は、迅速かつ確実に取り付け可能な製品を求めてサージアレスタ メーカに相談を持ちかけ、目的に合った製品を探しました。しかし、メーカから販売されている部品は、照明ポール内部の過酷な環境に耐えられるようには設計されていませんでした。

さらに、自治体が求めているサージアレスタは、迅速かつ効率的に設置できる必要がありました。つまり、設置位置は地面に近く、照明器具の外部でなければなりませんでした。このような課題に対処するため、自治体は、他の部品に関して 10 年以上の納入実績がある TE Connectivity (TE) の力を借りることにしました。TE に課されたのは、サージアレスタを容易に設置でき、なおかつ自治体の要求を満たすソリューションを開発することでした。

28000

LED 照明器具に切り換えられた街路照明

40 万人

LED 照明器具への切り替えによる恩恵を受ける住民の数

4 kV

LED 電源で対応可能な最大スパイク電圧

ソリューション

TE Connectivity (TE) のエンジニアは、ヒューズ ボックスの内部にサージ アレスタを取り付けるという前提の基に、保護と取り付け・メンテナンスの容易さとを兼ね備えた革新的なコンセプトを開発しました。

街路照明のポール内部における過酷な条件に対応するため特別に設計されたヒューズ ボックスは、以下を可能にします。

  • ケーブル ネットワークと照明器具間の接続
  • ヒューズにより、器機を電気的に保護
  • 照明ポール内部のような狭い場所でも、簡単で信頼性の高いネットワーク ケーブル取り付けを可能に
街路照明器具
EKM-2050 EKM-2051

TE とドイツの自治体との協力は、さらに続きました。照明器具を予備配線して専用プラグを取り付け、さらにヒューズ ボックスを予備配線してリセプタクルを取り付けることによって、据え付けをさらに簡単にするための検討を重ねました。

街路照明用途では、効率的かつ高性能なネットワークを維持するうえで、サージ プロテクションと信頼性が重要になります。

成果

TE は、お客様のニーズに的確に応える製品を提供しました。このソリューションによって、サージアレスタ付きのヒューズ ボックスの取り付けが簡単になり、自治体がそれまで購入していた標準製品と比べ、取り付け時間が大幅に短縮されました。

材料科学および設計の分野において 60 年以上の実績を持つ TE は、お客様の幅広い要件を満たし、お客様固有のニーズに対応する革新的なカスタム ソリューションを開発します。

関連資料
街路照明のケース スタディ

ケース スタディ

街路照明のケース スタディ

LED 照明器具は、スイッチング動作から落雷までさまざまな原因によって発生するスパイク電圧に影響を受けやすく、あるドイツの都市にとっては、街路照明を LED 照明器具へアップグレードする上で頭の痛い課題でした。

街路灯を LED 照明器具にアップグレードしようという動きは、あるドイツの都市にとって頭の痛い課題でした。あるドイツの自治体が 28,000 もの街路灯照明器具を LED に切り替えることを計画したとき、LED 照明器具は、スイッチング動作から落雷までさまざまな原因によって発生するスパイク電圧の影響を受けやすいことが知られていました。したがって、LED 照明器具をいかにして保護するかがこの改修計画の要でした。各街路灯のポールの基部にあるヒューズ ボックスにサージアレスタを設置する必要がありました。

課題

ヒューズ ボックスの交換は、ボックス内部の部品を配線し、照明器具のケーブルを接続しなければならないため、時間がかかります。自治体は、迅速かつ確実に取り付け可能な製品を求めてサージアレスタ メーカに相談を持ちかけ、目的に合った製品を探しました。しかし、メーカから販売されている部品は、照明ポール内部の過酷な環境に耐えられるようには設計されていませんでした。

さらに、自治体が求めているサージアレスタは、迅速かつ効率的に設置できる必要がありました。つまり、設置位置は地面に近く、照明器具の外部でなければなりませんでした。このような課題に対処するため、自治体は、他の部品に関して 10 年以上の納入実績がある TE Connectivity (TE) の力を借りることにしました。TE に課されたのは、サージアレスタを容易に設置でき、なおかつ自治体の要求を満たすソリューションを開発することでした。

28000

LED 照明器具に切り換えられた街路照明

40 万人

LED 照明器具への切り替えによる恩恵を受ける住民の数

4 kV

LED 電源で対応可能な最大スパイク電圧

ソリューション

TE Connectivity (TE) のエンジニアは、ヒューズ ボックスの内部にサージ アレスタを取り付けるという前提の基に、保護と取り付け・メンテナンスの容易さとを兼ね備えた革新的なコンセプトを開発しました。

街路照明のポール内部における過酷な条件に対応するため特別に設計されたヒューズ ボックスは、以下を可能にします。

  • ケーブル ネットワークと照明器具間の接続
  • ヒューズにより、器機を電気的に保護
  • 照明ポール内部のような狭い場所でも、簡単で信頼性の高いネットワーク ケーブル取り付けを可能に
街路照明器具
EKM-2050 EKM-2051

TE とドイツの自治体との協力は、さらに続きました。照明器具を予備配線して専用プラグを取り付け、さらにヒューズ ボックスを予備配線してリセプタクルを取り付けることによって、据え付けをさらに簡単にするための検討を重ねました。

街路照明用途では、効率的かつ高性能なネットワークを維持するうえで、サージ プロテクションと信頼性が重要になります。

成果

TE は、お客様のニーズに的確に応える製品を提供しました。このソリューションによって、サージアレスタ付きのヒューズ ボックスの取り付けが簡単になり、自治体がそれまで購入していた標準製品と比べ、取り付け時間が大幅に短縮されました。

材料科学および設計の分野において 60 年以上の実績を持つ TE は、お客様の幅広い要件を満たし、お客様固有のニーズに対応する革新的なカスタム ソリューションを開発します。