車載データ ネットワーク

次世代車載データ ネットワーク向けの堅牢なコネクティビティ ソリューション

ホワイト ペーパーをダウンロードして、詳細をご覧ください。

ホワイト ペーパーのダウンロード
オプションを選択しない場合、項目をすべてご入力ください

高速コンピューティング クラスタを組み込んで センサ融合向けの信号処理をサポートする新しいアーキテクチャでは、車載データ高速通信に対する要求が厳しさを増しています。つまり、自動車メーカーは、アーキテクチャの定義と通信プロトコルの選択において物理チャネル特性の限界を考慮する必要があります。

車両アーキテクチャの断片化と統合

最新型の高級車では、複数の専用オペレーティング システムに基づき、最大で 100 個の電子制御ユニット (ECU) が搭載されます。これらは、単純な制御プログラムから、複雑でリアルタイムの多機能オペレーティング システムや組み込みプラットフォームまで広範に及びます。
 

先進運転支援システム (ADAS) は最終的には完全自動運転につながるものであり、このシステムの数と複雑さは増し続けています。その結果、従来の ECU ベースのアーキテクチャはその限界に達しています。したがって、自動車メーカーは、高度な複雑さとデータ スループットを管理するための新しい概念を開発する必要があります。機能を分野ごとにまとめ、ECU を統合することで、自動車メーカーはハーネスの重量を最適化し、接続の複雑さを軽減できます。これにより、構成部品数を減らし、全体的なコストを削減できます。

機能を分野ごとにまとめ、ECU を統合することで、ハーネスの重量を最適化し、接続の複雑さを軽減できます。

次世代車載データ ネットワーク向けの堅牢なコネクティビティ ソリューション

このホワイト ペーパーでは、新しいアーキテクチャアのアプローチがデータ通信リンクの要件に与える影響について説明しています。チップ実装の複雑さとチャネル性能制限の間のトレードオフの分析結果を提示し、確立された車両条件下で到達可能な最大データ速度を評価します。

 

また、新しい高速データ依存型安全性用途に必要な新しいコネクタ部品設計機能についても説明します。

このシリーズのその他のペーパーをダウンロードしてご覧ください。