未来都市の透明な自動車。

次世代のモビリティの設計

ビジョンを実現する。当社のトレンド ペーパーのダウンロードはこちらから。

トレンド ペーパーをダウンロードする
オプションを選択しない場合、項目をすべてご入力ください

次世代のモビリティを形成するのは、より安全で持続可能性と利便性に優れた移動手段です。 当社のビジョンは、車両アーキテクチャの物理面とワイヤレス接続の課題に対応できるエンジニアリング ソリューションを生み出すことであり、このビジョンの重要な要素となります。

限界のない世界を想像してみてください

コネクティビティは、コネクティッド カーという産業が持つ可能性を最大限に引き出す鍵となります。全電気式の完全自律型車両をクラウドやビッグ データ、分析技術と組み合わせることで、サービスとしてのモビリティ (MaaS) という画期的なビジネス モデルが実現し、都市部をはじめとする世界各国のさまざまな地域における大量輸送および個別輸送に変革がもたらされます。当社のトレンド ペーパーを読み、このビジョンが車両アーキテクチャにどのような影響を与え、業界の変革を実現するうえでコネクティビティのイノベーションがどのような役割を果たすのかをご覧ください。

23 億

2023 年までに、マイカーによる移動回数のうち年間 23 億回がサービスとしてのモビリティ (MaaS) プラットフォームに置き換えられるものと予想されます*

2030

2030 年までに、化石燃料を動力源とする車両の販売が多くの国で禁止されるものと予想されます**

10TB

業界専門家は、自律車両が 1 時間あたりに生成するデータ量は 10TB 程度にのぼると推測しています***

次世代のモビリティに対応したコネクティビティ

技術を牽引する要因は、パワートレインの電子化と自動化の 2 つです。これらの要因によって、最終的には新世代の全電気式完全自律型車両につながるものと予想されます。同時に、クラウドとビッグ データの技術を活用した新しいビジネス モデルが台頭し、自動車を所有する形態から新しいタイプの運輸会社が提供するモビリティ サービスへの変化が生まれます。

 

モビリティ サービスは高度なサービスと低コストという面で車両を所有する形態よりも優れており、個人と組織のどちらにもメリットをもたらします。コネクティッド カーのイノベーションは、業界にとって未来への進化を加速する原動力となります。

 

 

 

 

コネクタやアンテナの技術革新は、新しい車両アーキテクチャにとって重要な要素であり、このような変革を次の特徴を提供することで可能にします。

  • ハイパワー充電に対応するコネクティビティ 
  • ソフトウェア主導型アーキテクチャに対応するコネクティビティ
  • 全電気式の環境における信頼性の高いデータ接続
  • ワイヤレスのデータ接続

 

このトレンド ペーパーは、次世代のモビリティと車両アーキテクチャに対するその影響に関する TE のビジョンを説明したものです。TE の技術とポートフォリオによって、業界が抱えている重大なコネクティビティの課題にどのように対処できるのかをご覧ください。今後公開する 4 件のトレンド ペーパーでは、接続技術の課題や要件、そして候補となるソリューションについて詳細な見解を示します。
 

「電気とデータは、次世代型車両の原動力となります。」

このシリーズのその他のトレンド ペーパーをダウンロードしてご覧ください。

関連するトピック:

*Juniper Research 2018

**Center for Climate Protection 2018

***IBM 2018

 

MATE-AX、MATEnet、TE、および TE Connectivity は、TE Connectivity が所有またはライセンス供与する商標です。