軽さとシールド効果を併せ持つ
複合エンクロージャ

要約

複合材料は、航空宇宙および防衛市場における画期的な技術であり、自動車、コンシューマ、医療の各業界で普及が進んでいます。強化ポリマ複合材は、金属が持つ強さとエンジニアリング ポリマが持つ耐腐食性や重量およびコスト面の利点を両立することを目的とした材質です。複合材料は構造用途に対応してきた材質ですが、電気システムおよびアビオニクス システムへの普及は遅れていました。ここでは、エンクロージャおよび EMI シールド用複合材料の大量生産が進歩することで、TE などの企業が電気システムの大きな利点を提供できるようになる理由について説明します。 『Aerospace Engineering』(2014 年 1 月号) からの引用

軽さとシールド効果を併せ持つ
複合エンクロージャ

要約

複合材料は、航空宇宙および防衛市場における画期的な技術であり、自動車、コンシューマ、医療の各業界で普及が進んでいます。強化ポリマ複合材は、金属が持つ強さとエンジニアリング ポリマが持つ耐腐食性や重量およびコスト面の利点を両立することを目的とした材質です。複合材料は構造用途に対応してきた材質ですが、電気システムおよびアビオニクス システムへの普及は遅れていました。ここでは、エンクロージャおよび EMI シールド用複合材料の大量生産が進歩することで、TE などの企業が電気システムの大きな利点を提供できるようになる理由について説明します。 『Aerospace Engineering』(2014 年 1 月号) からの引用