TE NEWS: 超小型デジタル圧力・温度センサーMS5839-02BAを発表

塩素に晒される過酷な環境で、
比類ない正確さと高い性能を実現

公開

2020/03/05

メディアからの問い合わせ

タイコエレクトロニクスジャパン
センサーソリューション 関口 慎悟
TEL: 044-844-8127 

メール:sekiguchi.shingo@te.com

厳しい媒体環境下での使用に耐える超小型デジタル圧力・温度センサー

MS5839-02BA

2020年3月5日 – ダイバーズウォッチやダイビング機材などのコンシューマー製品では、小型化、高性能および正確さがセンサーにとって重要な特性です。このため、高性能かつ高精度のセンサーへの需要は高まっています。こうした需要の増大に応えるため、接続およびセンサーの分野で世界をリードする TE Connectivity(NYSE:TEL) の日本法人タイコ エレクトロニクス ジャパン合同会社(本社:神奈川県川崎市)は本日、超小型で耐塩素性を備えたデジタル圧力・温度センサーMS5839-02BAを発表しました。

 

MS5839は、塩素と塩水に晒される用途に最適な超小型(3.3 x 3.3 x 2.75 mm)デジタル高度計です。さらに、堅牢なゲル充填型設計により、過酷な環境での動作が可能で、正確で信頼性の高いデジタル測定を実現します。

 

TE Connectivityセンサー事業部のプロダクトマネージャーのXérviar Esebamen博士は次のように述べています。「TE では、お客様のご要望に応えることを最優先に考えています。MS5839は、厳しい媒体耐性と超小型サイズを 必要とする機器の製造メーカーにとって、次世代アプリケーションの設計における素晴らしい選択肢となっています。当社は、相互接続がますます進む世界において、安全性、生産性、効率性および持続可能性という目標を達成できるよう設計・開発の方を支援するというコミットメントを掲げていますが、本製品によりそのコミットメントをさらに確固たるものにできるでしょう。」

 

このMEMSベースのセンサーは、高度な耐水性、耐塩素性、防水性能、低消費電力およびデジタル相互接続性を、超小型で薄型のパッケージで提供します。ボードレベルの設計により、圧力(±0.5 mbar)および温度(±2ºC)のいずれにも優れた検知精度があり、シャロー ダイブコンピュータ、ダイバーズウォッチ、ダイビング機材などのコンシューマー製品向け用途に非常に適しています。

 

センサー技術におけるTE Connectivityの専門性についての詳細情報は、 www.te.com/sensorsでご覧ください。
 

TE について

TE Connectivityは、様々な産業において世界を牽引する年間売上130憶米ドルのインダストリアル・テクノロジーリーダーです。より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、広範囲の分野にまたがり、過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。8,000名を超える設計エンジニアを含む約80,000名の従業員を擁するTE Connectivityは、世界約150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivityの日本法人です。

詳細を表示